小惑星2018MB7が接近中2018/07/01

小惑星2018MB7の軌道
世間は小惑星リュウグウで盛り上がっていますが、地球のそばにも久しぶりにアマチュアの手が届きそうな小惑星が飛来しています。もし17等から18等程度なら撮影できるよ、という方がいらっしゃったら、ぜひ挑戦してみてください。

最近発見されたその小惑星の名は「2018 MB7」。JPL Small-Body Database Browserによると左図のような軌道だそうで、いま正に接近中。一番近くなるのは7月4日8:53UT頃(17:53JST頃)で、地心距離は2.78LD(LD=Lunar Distance=384000km=月までの平均距離)。

小惑星の絶対光度・反射率・直径(20-25等)

絶対光度・反射率・直径の関係
観測から求められた絶対光度は23.737等で、これを2017年10月1日の記事にある「絶対光度・反射率・直径の関係」を使って解くと、「反射率0.05とすれば107.8m、反射率0.25だと48.2m」。小惑星2018 MB7の表面まではまだ分かりませんが、平均的に見積もればだいたい62mほどの計算になります。(※右にも関係図を掲載しました。)直径数m程度の小惑星なら度々接近するけれど、50mを越える小惑星が3LD以内まで接近するのは久しぶりです。

本日時点で分かっている前述NASA-JPLの軌道要素を元に、ステラナビゲーターで作図した小惑星2018MB7の位置を下に掲載しました。図中の日時はJSTです。今日7月1日の時点で計算光度は17等台まで明るくなっています。最接近は前述のように4日夕方ですが、光度のピークは3日夕方(約16.9等)のようですから、お天気さえ良ければ3日夜から4日明け方に狙うのが良いでしょう。4日夕方以降は18等以下に急減光します。なお星図は茨城県つくば市からの視位置ですので、他地域では若干ずれます。また今後の観測で軌道要素もどんどん改良されますから、視位置計算結果も異なってきます。日本国内で観察する限り、この星図上ではわずかな量(最大数分角程度)だとは思いますが、いちおう心に留めておきましょう。

  • 小惑星2018 MB7星図

    2018年7月1日夜から3日朝
  • 小惑星2018 MB7星図

    2018年7月3日夜から4日朝
  • 小惑星2018 MB7星図

    2018年7月4日夜から5日朝


【余談】 この小惑星とは関係ありませんが、上記の「絶対光度・反射率・直径の関係」を使って小惑星リュウグウの絶対光度(18.9等から19.3等まで各説あり)と、はやぶさ2による直径実測値(約900m)を当てはめると、反射率は0.0622から0.0468の間と見積もることができます。報道でも言われていますが、かなり黒っぽい=反射率が小さいことをデータが示していますね。

コメント

トラックバック