地球観測衛星ERS-2が大気圏再突入2024/02/22

ERS-2
ESAが運用していた地球観測衛星ERS-2(左画像/ESAサイトから引用)が本日22日未明2:17JST(21日17:17UTC)、北太平洋上空で大気圏に再突入したとのこと。1995年4月に打ち上げられ、2011年に運用終了した衛星ですから、実に十数年デブリとして漂っていたことになります。

いまどき再突入のニュースは珍しくありませんが、昔ならではの大振りな衛星(10mを越える全長、2.5トンを越える重量)、高高度からのリモートセンシング(高度800km)、そして再突入間際の一ヶ月は何度か太陽で強いフレアが起きたことなどから、どんなふうに落ちてくるのか気になっていました。太陽活動は地球を周回する人工衛星の軌道に影響を与えるため、特に大気圏すれすれまで落ちつつある衛星にとっては落下予測を乱す原因になります。もちろん落下デブリだけでなく、運用中の全衛星が影響を受けているのです。

右下図はESAが公開しているもので、運用終了後66回に渡り徐々に高度を下げる作業が行われたようです。運用軌道を“落下”に転換する燃料を持たないロケット外壁などのデブリでこんな芸当はできませんが、再突入まで想定した移動用燃料を残した衛星なら、完全な制御下で「落としたいところへ落とす」ことが期待できます。衛星はかくあるべきと言うお手本のような運用ですね。

ERS-2大気圏再突入
今月頭には高度300km辺りを周回していました(下A図)。約三週間かけて150kmまで落とし、最後は「宇宙船の墓場(Spacecraft cemetery→Wikipedia)」付近へ向かうようなコースに沿ってアラスカとハワイの中間付近で大気圏に突入したもようです。

太陽活動の影響を受けたかどうか、受けたのならどの程度かといった研究はこれからされるのでしょう。とりあえずNOAAが公開している気象衛星GOESによる太陽X線フラックスのjsonデータを使ってグラフ化したもの(今年1月以降、本日昼まで)と、ESAによる再突入予測日時とを組み合わせてみました(下B図)。横軸はUTCです。色分けなど詳細はNOAAサイトのグラフに準じています。

XクラスあるいはM8クラス以上のフレアが度々起こっていますね。単発フレアがどうこうというより、全体的な活動の起伏が予測日時の乱れに同期しているような感じを受けます。もちろん軌道に影響がでるまでにはタイムラグがあるでしょうし、印象で物事を語る訳にもいきませんので、機会があったら実際の軌道変化とX線フラックスの相関がどれほどのものか、解析してみたいと思います。ところで…今朝8:07JSTにもX1.9クラスフレアがあったのですね。落下前なら影響あったかも知れませんが、落下後のフレアでした。関東は雨が降っており、太陽は全く見えません。

  • ERS-2遠地点/近地点高度変化

    A.遠地点/近地点高度変化
  • ERS-2再突入予報日時変化と太陽X線フラックス

    B.再突入予報日時変化と太陽X線フラックス


今日の太陽2024/02/20

20240220太陽
昨日は二十四節気の「雨水」。当地も雨交じりのぐずついた天気でした。全国的に気温が高く、19日は「2月の観測史上最高気温」が217地点、本日も14:30時点で84地点も出ています。当地近くのアメダスポイントも23.3度を記録しました。今夜からは大幅ダウン、明日は気温一桁台で日中も下がり続ける見込みです。

20240220太陽リム
左は10:10過ぎの太陽。向こう10日間の晴天が昼夜合わせて24時間も無いような予報が出ていますが、今日午前に数時間の晴れ間が訪れ、太陽を拝むことができた次第。ただし薄雲がかかっています。淡い日暈も見えました。

左上リム近くに大きな黒点を伴った活動領域13590が登場しました。13586はほぼ中央子午線に達しています。右下リムに見える派手なプロミネンスはダークフィラメントだったものですね。フィラメントはまだたくさんあるので、次々に右リムを賑わせることでしょう。

雲間の目玉やネックレス2024/02/19

20240218マギヌス、クラヴィウス・アイ、モレトス
昨夜は月面で色々見たいものがあったのですが、午後から天気が下り始め、日が傾く頃は雲ばかりでした。予報も芳しくなかったため半ば諦めていたのですが、日没後にベランダへ出ると頭上に大きな晴れ間が。驚くやら嬉しいやら、慌てて望遠鏡を出しました。

いつ曇るか予想が付かないため、とにかくどんどん見てまわりました。まず目に留まったのはクラヴィウス・アイ。目玉(メガネ?)の周囲地形がもう明るくなり始めていましたが、見た目には二つの目が光って十分面白い光景です。ティコの中央丘山頂が光り始めています。ミラーの中央丘の小さなX字型が目立ちますね。モレトスの中央丘も長針のような影を伸ばしていますよ。

中央の入江から熱の入江にかけても谷やリッジが姿を見せ始めました(右下画像)。絡んだ糸のようなトリスネッカー谷が美しい…。グルイテュイゼンの月面都市もとてもよく見えています。このあたりはかなり入り組んだアルベドで、白黒カメラで撮っても色を感じるような複雑な模様を炙り出すことができるでしょう。朝を迎えつつあるスタディウスの細々とした形が浮かび上がっています。アンペール山の二つ星はひと晩前に姿を現していたはずで、昨夜はもうアペニン山脈の大部分が明るくなっていました。

20240218熱の入江、中央の入江、蒸気の海
南の海付近の秤動が次第に良くなっており、随分奥まで見えました(下A画像)。「月世界への招待」サイトの東田さんが「シュレディンガー谷の近くまで見えることがある」とおっしゃっていたので、どこまで見えるか地形を同定してみました(下B画像/A画像の左下角付近をトリミング)。

地球から絶対に見えないシュレディンガー・クレーターの東へ伸びるシュレディンガー谷は結構太くて長い地形で、B画像のリムぎりぎりに見えるシコルスキーQに接しつつモールトンとモールトンHの間あたりまで続いています。昨夜のシーイングと秤動では見えるような、見えないような…。

ブサンゴの下、リッテンハウスはシュレディンガーのクレーター壁から地球側へ向かう山脈の最も奥にあるため、リッテンハウスの縁に立てば眼下に広がる巨大なシュレディンガーを拝めるでしょう。自分の眼で一生見ることのない月面裏側への夢が膨らみますね。向こう二、三日は良い秤動ですから、晴れ間がある地方のみなさんは挑戦してみてください。

  • 20240218南の海付近

    A.南の海付近
  • 20240218シュレディンガー谷は見えるか

    B.シュレディンガー谷は見えるか?


20240218フラマウロのネックレス、ヘシオドスRay
夜半が近づくと共にまた雲が増え出しました。ちょうど日付が変わる前後に「フラマウロの真珠のネックレス」と「ヘシオドスRay」が見える予報だったので、祈りつつ低くなった月の観察を続けました。

ちょうど日付が19日になったとき雲間をかいくぐって撮影したのが左画像。フラマウロのネックレスはオレンジ線の内側にポツポツと見え始めています。またヘシオドスRayは青矢印のところにはっきり見えますね。ネックレスはもう少し待てば綺麗に見えたのでしょうが、何しろ雲間がほとんど無くなってしまい、大気の揺れも激しかったため、これが限界。まぁ、すぐ下にあるボンプランのネックレスも見えたことだし、予想外の晴れ間に感謝するとしましょう。

ことあとは完全にベタ曇りとなって回復しませんでした。2月の真夜中はいつも気温一桁前半あるいはマイナスなのに、昨夜は10度もあって妙な感覚になりました。

今日の太陽2024/02/18

20240218太陽
昨夜から今朝は曇り。日が高くなると晴れてきました。でも午後はまた雲が増えて…。あれ?昨日と同じパターン?

20240218太陽リム
左は10時前の太陽。活発な領域が裏側に回り込んだためか、ちょっと落ち着いてきました。大きな黒点が少ないので、活動ピークと言っても前期ほど印象に残りませんね。これから出てくるのでしょうか?右下リムのプロミネンスが異彩を放っていました。