更に大きくなった台風10号2016/08/27


20160827-0900台風10号
台風10号が更に大きくなっています。左は本日9:00の気象衛星画像(画像元:NICTサイエンスクラウド/経緯線などは筆者)。各赤点円は台風中心の直径1000km円です。また薄緑点線は10号が台風になってからの中心経路です。主な島の名称も書いてみました。

昨日26日一昨日25日の同縮尺画像と比べてみると大きさの違いが分かるでしょう。25日は渦巻き全てが1000km円に入ってましたが、今日は大部分がはみ出てしまいました。台風の目がとてもしっかり見えています。

今日9:00の予報では最強クラスである「猛烈な台風」になる見込みはなくなってるようですが、それでも「非常に強い」状態を維持したまま本州に接近や上陸する可能性は高いですね。22日昼に関東へ上陸した台風9号は、上陸時の中心付近最大風速が65ノット(約35m/s)でした。気象庁の予報通りだと今回はそれを上回る80ノット(約40m/s)前後で陸域に接近しそうです。(※ Joint Typhoon Warning Centerからは、今日朝時点で気象庁をやや上回る風速予報が出ています。)

また、現時点でも強風圏や暴風警戒域内にたくさんの島々があり、人が暮らしているところもあります。台風の滞留が長いため、島に物資を運べない、大ケガや重病でも島から搬送できない、農作物が壊滅状態…といった被害も憂慮されます。

今日も見えた反薄明光線2016/08/26

20160826反薄明光線
18時前後、夕涼みにベランダから空を観察しました。西北西に大きな金床雲があり、くっきりした反薄明光線が伸びています(左画像)。北側への光線がはっきりしていますが、南側も何本か見えました。昨日に続き、二日連続です。

降雨レーダーや気象衛星を調べると群馬県西部に積乱雲が発生し、雷雨になっているようです。右下画像は17:30の気象衛星画像(画像元:NICTサイエンスクラウド)。

20160826夕方・気象衛星画像
積乱雲と観察者(私)の位置を書き込んであります。昨年の記事にあるような単独の積乱雲ではないため、高低差が少なく積乱雲自体の影がはっきり見えませんが、雲から観察者に向かって暗くなっていますね。これを見ていたのです。なお、この積乱雲の直下にあった草津町付近では18:30までの1時間に約100mmという記録的短時間大雨情報が出ています。※下画像(c)に気象庁サイトによる18:00の降雨レーダー画像を引用しました。

下画像(a)は金床雲の南側、下画像(b)は反薄明光線のフリをして見えていた小さな反転飛行機雲です。通常の飛行機雲は青空の中に白い筋として見えますが、逆に雲の中を通過した飛行機によって雲が筋状に消えてしまった状態を反転飛行機雲(逆飛行機雲)といいます。

  • 20160826反薄明光線

    (a)
  • 20160826反転飛行機雲

    (b)
  • 20160826-1800降雨レーダー

    (c)