昨夜の月2019/12/09

20191208_13666月(ミネラルムーン)
昨夜(12月8日)21時台に撮影しておいた南中過ぎの月を、ミネラルムーン色調で仕上げてみました。画像の上下方向が概ね天の南北方向です。

この色調による仕上げは12月4日の月面Xデーに続いて2回目。モノトーンの明暗だけでは分かり得ない様々な情報が頭に飛び込んできますね。青味の強いところは酸化チタンが豊富な領域、オレンジや赤味が強ければチタンや酸化鉄が少ない領域、また同じ色相なら明るい色ほど新しく、暗い(濃い)色ほど太陽放射による風化が進んでいるとされています。

酸化チタンや酸化鉄は、多いところで15wt%から20wt%(wt%は質量パーセント濃度)を越えるとんでもない含有率だそうで、資源が枯渇している人間社会にしてみれば喉から手が出る様な天体ですね。

もっとはっきり色分離したいところですが、私の技量ではこれが精一杯。元々満月相でないと色味の抽出が難しいですし、シーイングや機材性能の問題もあります。撮影当夜のシーイングはひどいものでしたが、月位置が比較的高い空だったので大気による色収差の悪影響が軽くて済みました。色彩を極限まで強調するので、色収差があると見苦しくなるのです。今後もいくつかの月相について撮りためていきたいと考えてます。

さようなら、ボリソフ彗星2019/12/09

20191209ボリソフ彗星(2I・C/2019Q4)
昨夜から今朝にかけてもよく晴れ、透明度はグッと上がりました。天気や月齢、そして住宅地のため低空が観察できない環境を考えると、我が家からのボリソフ彗星(2I・C/2019Q4)はいよいよ最後の夜。(たぶん。)気を引き締めて観察に取りかかりました。

湿度が前夜より10%程低く、2時台にはもう氷点下。でも霜や凍結はほとんど見られません。光害はあるけれど低空の4等星が肉眼で判別できます。星像も落ち着いていました。住宅や街路樹などの障害物を抜けて写野に入ってきたところから薄明開始まで90分近く撮り続けることができました。

ところが彗星基準でコンポジットすると、彗星が見当たりません。なんと、恒星の軌跡にドンピシャで重なってしまったのです。幸い露出最後のコマでしたから、コンポジット枚数を二枚減らして事なきを得ました。最終夜にポカをやらかさなくて良かった…。写りも上々で、北西に向かう短い尾も健在ですね。どこからやって来たのか、どこへ向かうのか分からないけれど、ここまでの長旅お疲れ様でした、ボリソフ彗星さん。

(※なお、九州や南西諸島などでは1月初めくらいまで引き続き観察可能ですし、南半球はこれから本格的な観察シーズンを迎えます。すぐ消え去ってしまうわけではありません。)

今日の太陽2019/12/08

20191208太陽
朝からよく晴れています。早朝は氷点下でしたが、太陽が高くなると少し気温が緩みました。明日の日中までは天気が持ちそうです。

20191208太陽リム
左は10:40頃の太陽。活動領域はありません。2時方向と4時方向のリムに結構高いプロミネンスが確認できました。ただ細かい大気の揺らぎがあって細部は分かりません。

昨日は二十四節気の「大雪」でした。最高気温が10度に届かない日々が続くと、かなり乾燥しますね。水仕事のあとは手がカサカサです。

ボリソフ彗星が太陽に最接近2019/12/08

20191208ボリソフ彗星(2I・C/2019Q4)
昨日は小雨が降りしきる寒い一日でしたが、結局雪にはなりませんでした。夜中過ぎまで雲が空を覆っていましたが、明け方2時前には急速に晴れて、快星夜となりました。まだそこら中濡れたままの上に気温が氷点下になったため、凍結もあっと言う間でした。

湿気が残り透明度が少し落ちていたものの、貴重な晴れ間です。明け方のボリソフ彗星(2I・C/2019Q4)が正に太陽最接近であったので、記念に観察することにしました。3日前の撮影から2°あまり南下しており隣家の屋根ギリギリですが、ダメ元で撮影開始。結果的に1時間あまりの露出で何とか撮りきることができました。

南下の影響で光害も強く、画質は落ちる一方ですが、まだ尾が確認できます。また、今回は彗星核が妙に明るく写りました。太陽最接近と言っても、近日点距離が2天文単位以上離れています。光度は今後もう少し明るくなる見込みで、12月28日頃には地球へ最接近。その頃には日本のほとんどの地域から見えなくなるでしょう。