今日の太陽2018/12/19

20181219太陽
朝からよく晴れています。明け方は氷点下だったものの、日中の気温はぐんぐん上がり、10度を軽く超してしまいました。

20181219太陽リム
左は10:30過ぎの太陽。活動領域はありません。プロミネンスは左上に1本突き出たもののみ目で確認できました。今日の太陽も穏やかです。冬至まであと三日になりました。

夜明けを彩る三惑星2018/12/19

20181219明け方の三惑星
このところ明け方の空を煌々と輝く金星が彩っていますが、低空では水星と木星の競演が始まりました。水星も木星も先月末にはまだ太陽観測衛星SOHOの写野に収まるほどの位置だったわけですが、どんどん西へ移動して太陽から遠ざかり、少し前から明け方に姿を現し始めていたのです。今朝は低空までよく晴れて、左画像のように三惑星を拝むことができました。

三惑星は今後互いに接近をくり返しますが、一番早いところでは3日後の22日、水星と木星とが1°未満まで接近します。左画像の通り超低空の現象ですから、お天気と共に見晴らしの条件が最重要ポイントでしょう。

20181219明け方の三惑星
約1ヶ月後の1月23日には木星と金星が大接近。明るい星のペアなので、前後数日間は素晴らしい眺めが期待できます。始発通勤するような朝が早い社会人の方々ならもう出勤時間だと思いますので、東の空を眺めて一日の活力を得てくださいね。1月2日の金星と月の大接近もお忘れなく。

左画像でどこに何が写っているかは右のマーカー付き画像をどうぞ。もうてんびん座やさそり座が見えていますよ。北東の空にはベガも見えました。

明け方の観察に先立ち、夜半過ぎに月が低くなった頃を見計らってウィルタネン周期彗星(46P)を観察しました。今朝方はペルセウス座にあるカリフォルニア星雲の近くに彗星が差しかかったので、一緒に撮れないか悪戦苦闘しました。星雲は目に見えないしカメラの液晶にも映らないので、星々を頼りに構図を決めなくてはいけません。また月明かりがあるため、撮ってもコントラストが弱すぎてうまく取り出せない恐れもありました。結果は下A画像。強い画像処理をしないと星雲が浮き出なかったためざらついた画像ですが、意外に写っていて驚きました。下B画像はいつもの500mm+APS-C画角です。明け方まで月が残るようになってきたので、今月いっぱいは撮影条件や時間帯を工夫しなくてはいけませんね。

  • 20181219ウィルタネン彗星とカリフォルニア星雲

  • 20181219ウィルタネン彗星



参考:
ウィルタネン周期彗星(46P)に関係する記事(ブログ内)

今日の太陽2018/12/18

20181218太陽
朝からよく晴れています。このところ明け方は氷点下でしたが、今朝はマイナスになりませんでした。辺り一面が雨でも降ったように結露しています。

20181218太陽リム
左は11:30頃の太陽。活動領域はありません。周囲に見えていた小さなプロミネンスもほとんど見えなくなりました。ほんとうに静穏な太陽面ですね。仮にいま極小期で、これから例年通りに活発化するとしても、黒点が増えてきたなぁと実感できるのは数年以上先の話。まだまだ辛抱の時期は続きそうですね。

すばるから遠ざかるウィルタネン彗星2018/12/18

20181217ウィルタネン彗星(46P)とすばる
一昨日夜の「ウィルタネン彗星(46P)とプレアデス星団最接近&地球最接近」は天気が悪くて見逃しましたが、昨夜はよく晴れたので一日遅れの彗星を楽しみました。ただ、日中暖かかったくて夜もあまり冷え込まなかったことと、雨上がりで湿気が充満していたため、ものすごい結露に悩まされました。

左画像はプレアデス星団(すばる)から離れつつあるウィルタネン彗星。相変わらずコマが大きく見応えありますね。

今回は彗星と恒星の両方を点像にしてしまうコンポジット法で仕上げてみました。彗星のコマはすばる全体に匹敵するほど大きく広がっているようで、空の良いところならさぞ素晴らしい眺めでしょう。前夜ならこの半分ほどの離角でしたから、小型低倍率双眼鏡なら一緒の視野に見えていたと思います。

20181218ウィルタネン彗星(46P)
500mm+APS-Cでも撮影しました。撮影時はまだ月没前でしたが、月は西の低空だったので大きな影響はありませんでした。20日過ぎから数日は彗星と月が近いので、どう見えるか楽しみです。

相変わらず尾は淡すぎて写りませんが、核近傍の明るいジェットが何本も出ていることが確認されています。暗くなるまで色々な楽しみ方ができるので、ぜひ継続してご覧になってください。

参考:
ウィルタネン周期彗星(46P)に関係する記事(ブログ内)