2018年の台風11号発生2018/07/24


20180723-2100台風11号
気象庁によると、日本周囲に発生していた幾つかの熱帯低気圧のうち、はるか東の太平洋上にあったものが23日21:00に台風11号「ウーコン/WUKONG」となりました。直前の台風10号発生からちょうど5日後、台風10号はまだ健在なので、11号発生時点でダブル台風となりました。(追記:台風10号は24日3:00に熱帯低気圧となりました。)

左は発生時刻である23日21:00の気象衛星画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。夜間のため赤外白黒画像です。赤点円は台風中心の直径1000km円。22日の記事では水色円のものですが、たった一日でかなりしっかりした渦になっていますね。

気象庁の予報では北北西に進んでおり、北方四島近くへやって来る見込みのようです。お近くのみなさんや船舶・航空機の航路に影響がありそうなみなさんはご注意ください。「単独太平洋横断」している人はいないですよね???なおWUKONGを漢字で書くと「悟空」。台風ならぬ、觔斗雲に乗ったお猿さんのことです。

また新たな台風のたまごです2018/07/24


20180724-0900気象衛星
立て続けになりますが、気象庁によると本日24日9:00に「台風になるかも知れない熱帯低気圧」が発生しました。場所は本州の真南です。7月22日の記事に描いたJoint Typhoon Warning Center(JTWC)位置データによる画像では、オレンジ円の熱帯低気圧に相当します。

左は本日24日9:00の気象衛星画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。ナチュラルカラー処理のため、水色の雲は活発に上昇した氷粒状態、白やグレイの雲は低層の水粒状態を表します。赤点円は昨夜発生した台風11号中心、オレンジ点線円は今回発表のあった熱帯低気圧中心の、それぞれ直径1000km円。

当初JTWC予報では熱帯低気圧が沖縄方面へ進むと言うことでしたが、今日の予報では北上しながら関東沿岸に接近する予報に変わっていました。気象庁の予報でも北上する見込みのようです。太平洋高気圧との力関係でどのように進路がねじ曲がるか、予想し辛いでしょうね。少しの涼や水不足を補ってくれれば良いのですが、土砂災害は勘弁してほしいですね…。

(※この熱帯低気圧は台風12号になりました→関連記事

今日の太陽2018/07/24

20180724太陽
昨夜は小雨の舞う通り雨があって少し涼しくなりましたが晴れることはなく、今朝からはまた暑くなりました。午前中は雲があったものの昼には晴れ上がりました。

20180724太陽リム
左は13:45過ぎの太陽。活動領域12716は無黒点のまま番号だけが西へ向かっている自体のようです。ただ、このHα画像ではよく分かりません。左下リムのプロミネンスは細いループが残っていました。

今日も国内は暑く、39度を越えたところが三ヶ所ありました。真夏日地点数は630地点、うち猛暑日地点数は211地点。14日以来、真夏日地点数は11日連続600地点越えです。