センタームーンを観よう・補足2021/05/13

測心秤動比較(2021年5月・中心付近)
5月5・6日に掲載した「センタームーンを観よう」の記事に関して、いくつかのご意見やご質問をいただきました。そのなかから二点をピックアップして補足説明いたします。観察の参考になれば幸いです。


★国内での測心秤動の差は?
本編では当ブログの基点として使っている茨城県つくば市(市役所位置)での測心秤動図を掲載しました。「国内では概ね同様の傾向」とは言っても、日本は直径3000km円からはみ出るほど大きいため、それなりに差が出ます。では、どれくらいの差なのでしょうか。

具体例を挙げたほうが分かりやすいので、本編に掲載した秤動図のうち、今月5月の中心付近プラスマイナス4°を拡大してみました(左図)。この中に、つくば市以外の比較として札幌(北海道庁)、福岡(福岡県庁)、那覇(沖縄県庁)の三地域も一緒に描き込みました。新月と満月のマーク、近地点通過時(×印)、遠地点通過時(+印)が確認できます。いちばん秤動がずれているあたりを測ると、札幌-那覇間で0.4°未満。緯度秤動と経度秤動に分解すればもっと小さいです。同じ日時の観察に限って言えば、これを超えることは滅多に無いでしょう。

こうして拡大すると分かりやすいのですが、遠地点通過のころより近地点通過のころのほうが「バネの様な測心秤動の伸び幅」も「地域間のまとまり具合」も離れています。月が近く、動きも大きいため、観察位置差による月面の向きの差が目立って大きくなるわけですね。


★秤動がいちばん大きいときは?
2021年5月の秤動
タイトルがセンタームーンですから「秤動がゼロに近いタイミング」に拘って探ってきましたが、逆に「秤動が最大になるときはいつなのか?」が気になる方も多いでしょう。むしろ「裏側を見たいから」という理由で、こちらのほうが需要があるかも知れません。

期間や範囲などを区切ったとき、注目する観測値が取りうる最大値または最小値は「極値」と呼ばれます。秤動の場合、ひとことで極値と言っても様々な解釈があるでしょう。ここでは以下の6種類について計算しました。

  • 地心経度秤動がプラス側に最大/マイナス側に最大
  • 地心緯度秤動がプラス側に最大/マイナス側に最大
  • 測心経度秤動がプラス側に最大/マイナス側に最大
  • 測心緯度秤動がプラス側に最大/マイナス側に最大
  • 地心秤動が中心から最も遠い
  • 測心秤動が中心から最も遠い

2021年秤動極値
経度秤動の極値は地心または測心の秤動図で「最も右側/左側の点」ということ。緯度秤動なら「最も上側/下側」ですね。また、ある日時の秤動位置を緯度経度ではなく「真の月面中心からの離角(=秤動量)」と「月面北極方向からの方向角」で表したとき、秤動量が最大になるポイントが見つかるでしょう(右上図/2021年5月の例)。もちろん経度秤動や緯度秤動の極値とは異なる日時になります。

この秤動量最大点も地心と測心とで異なり、同じ様な位置になることもあれば右上図のように全く違う方向角の場合もあります。更には、集計期間によっても変化するし、「毎年5月は似た傾向…」なんてこともありません。とにかく変幻自在なんです。

秤動極値は具体的に計算して結果を示したほうが良いので、ひとまず今年2021年分を左図および下表に提示します。前後20年分ほど1年ごとに計算しましたので、後日アーカイブに収めたいと思います。秤動が大きな時期に月面を見ると、地球から見えない面の一部が見えます。秤動を厳密に調べ、10年くらいかけてリム近くに見える全方向の裏側地形を観察する、といった凄まじい試みも楽しく、やりがいがあるでしょう。なかなかに奥が深い秤動の世界。更に学んでいきたいと思います。

【2021年・緯度経度秤動の最大】
項目最小日時最小秤動(°)最大日時最大秤動(°)
地心緯度秤動最小最大2021年11月27日 14:14-6.8532021年6月2日 14:036.849
地心経度秤動最小最大2021年4月21日 22:08-7.9752021年12月11日 1:207.886
測心緯度秤動最小最大2021年11月27日 2:09-6.6622021年11月12日 15:067.665
測心経度秤動最小最大2021年4月22日 0:34-8.5412021年12月11日 11:278.345

【2021年・秤動量の最大】
項目最大日時離角(°)方向角(°)
地心秤動量最大2021年12月10日 15:3610.343310.934
測心秤動量最大2021年12月10日 11:3211.251312.668

  • 自作プログラムによる計算です。
  • 計算量が膨大なので、1分おきに計算したものの極値としました。


センタームーンを観よう・Part22021/05/06

20210526月食最大時、月が天頂に見える場所
★月はどこを見いているのか
測心秤動図を描くことでセンタームーンに近い日が推測できるようになりましたが、芋づる式に疑問が湧きます。例えば「測心秤動のグラフがぴったり原点を通るような場所を特定できないだろうか」とか「日本のなかでは、いつ、どれくらいの頻度でセンタームーンが見えるのか」等々…

月面において、例えば月面X地形がいつ見えるか?、〇〇クレーターの見頃は?、と言った「日照予報」なら、月食と同様に地球のどこで観察するかに関係なく計算できるため、予め結果をストックできます。当ブログ予報ページでも、計算結果をみなさんの地方に合わせて表示させているだけです。でも、測心秤動は計算過程で観察地情報が必要になるため、事前に計算できません。アルゴリズムを簡略にすることは可能ですが、最初から簡素化に逃げるのは良くないと思い、無い知恵を絞ってしばらく悩んでいました。

ある日ふと脱線思考で「月が天頂に見える場所はどこか」を考えていました。例えば今月の満月は皆既月食で、月食最大時は2021年5月26日20:18:42JST。このとき南半球ポリネシアの海上、南緯20°44′14.77″・西経170°16′00.19″では月がきっちり天頂に見えます(左上図/Stellariumでシミュレート/オレンジ線が地平座標目盛り)。さぞ絶景でしょうね。このような思考遊びを重ねるうちに「そもそも真の月面中心はどこを向いているのか?」と逆転の発想に至ったことが解決(のひとつ)に結びつきました。

地球のどこかで月面がセンタームーンになっているとき、真の月面中心に立っている人から見ると「地球が天頂付近に輝きながら自転している」はずです。球体としての月の中心と真の月面中心を通る直線を延長して地球と交わるならば、逆にその交点位置から月を見たら「完全なセンタームーン」になるでしょう。そして、月の公転運動や地球自転とともに交点位置は常に動くはず。実際の見かけの関係は光速が有限であるが故、単純に幾何学的に考えてはいけませんが、ともかくこの方法を発展させれば算出できそうです。


★完全なセンタームーンが見える場所
2021年・月面センターの方向
かくして出来上がったのが右の「パーフェクト・センタームーンマップ」。2021年の丸一年間、10分おきに真の月面中心が向いている位置を世界地図に落とし込んだもの。地球は回転楕円体とし、標高は考慮しません。黄色のドットが10分おきの位置、うち0:00・6:00・12:00・18:00JSTは日時ラベルをふりました。距離による光の到達遅延は考慮してあります。(※地球側からの観察が前提です。)

赤線は満月期を含む上弦から下弦までの月相、つまり見かけの月面中心に光があたっている期間、青線は新月を含む中央が光っていない期間です。(※光が当たっていれば、見かけの月面中心と真の月面中心が一致していることを撮影で確認できます。)この地図に載っていない日時は真の月面中心が地球を向いていないわけで、地球のどこから見ても完全なセンタームーンは見えません。過去何年か計算したけれど、2019年と2020年には一本もありません。前期最後に現れたのは2018年のクリスマスイブの晩からクリスマス朝に見えた月でした。

予想通り実に複雑な曲線群ですが、この地図が描けたおかげで完全なるセンタームーンが見える場所が特定できました。アジアからアフリカ経由で北アメリカに続く8月30日のラインのように、途中で赤線が青線になるケースもありますよ。各ルートがぶつ切れなのは、月出と月没のタイミングで月が見えたり見えなくなったりするため。地図に示したすべての緯度経度から月の測心秤動を再度検算したところ、計算誤差が大きくなる各ルート末端付近を除けば、経度秤動はプラスマイナス0.5″未満、緯度秤動は同10″未満に収まりました。パーフェクト・センタームーンと言っていいんじゃないかと考えられます。

記事PART1に載せたように、今月の満月はセンタームーンにかなり近いですが、日本では少しだけずれていましたね。右上地図を見ると5月26日のラインが北アメリカ東海岸からメキシコ湾にかけて伸びており、ここが完全なセンタームーン位置と分かります。ただしこの位置では皆既月食になる前に月が沈んでしまうのが残念…。月食とセンタームーンとは直接関係なく独立して起こりますから仕方ないですね。

2021年・月面センターの方向(日本付近)
日本からパーフェクト・センタームーンが見えるチャンスはあるでしょうか?あらためて、同じデータを使って日本付近を詳しく描いてみました(左地図)。こちらは1時間おきにラベルをふり、【 】内にその時の太陽黄経差を併記しました。太陽黄経差は新月が0°、上弦90°、満月180°、下弦270°を表します。日本域を横切る、または近くに差し掛かっているラインは8月16日、8月31日、9月27日、10月24日の4本。

8月31日のケースは下弦をわずかに過ぎているため、月面中心は影に入っているでしょう。(※それでもセンタームーンには違いありません。)ちょうど東北地方南部の福島県を0:00JST過ぎに通っていますから、試しに福島県庁位置(標高は0m固定)で0:05JSTの測心秤動を計算すると経度秤動=0.00088°、緯度秤動=-0.00456°と出ました。限りなくセンタームーンですね!。またこのとき、福島から1700km以上離れた沖縄県庁で計算すると経度秤動=0.10188°、緯度秤動=-0.07222°でした。目指す精度にもよるでしょうが、2000km程度離れても0.1°内外のずれで済むなら、ほぼ誰もずれは見抜けないでしょう。つまり「パーフェクト・センタームーンマップで予報ラインが日本近くの日時は、全国的なセンタームーン日和」と言って良いのではないでしょうか。個人的には秤動値がプラスマイナス0.5°以下ならセンタームーンの名に十分ふさわしいと考えています。


★今年末までの秤動図
二年に渡るセンタームーンの追求成果を二回シリーズでお届けしました。「正常な状態を知らなければ、異常を語ることはできない」という思いがあります。「ズレが右上だの左下だの言ってるけど、生まれてこの方、真っ直ぐな月面を見たことないじゃん!」というのが最初の動機でした。ぶっちゃけ、こんな細かいことを気にしなくてもセンタームーンは楽しめます。「今夜は月の向きが少し気になる」という意識を持っていただけるだけでも嬉しいのです。また、センタームーン当日のみ一回限りの“点観察”ではなく、そこに至る過程や、そこから変わりゆく過程も含めた“線観察”、“面観察”を心掛ければ、楽しさは倍増するでしょう。

最後に、今年5月から12月までの月別秤動図を掲載しておきます。前出地図と併せてご利用ください。12月には秤動のグラフが中心から離れ始めますのでシーズン終了ですね。秤動図からはセンタームーンの日時を類推できるだけでなく、記事末に緑文字で書いたようなことも推察できますよ。ぜひ有効活用してくださいね。なお、次のセンタームーンシーズンは2024年晩春から2025年晩冬にかけてですが、このときは回数も少なく、またいずれも中心が光っていない月相。向こう5年でセンタームーンが十分楽しめるのは今年のみと言って良いでしょう。特別すごいことが起きるわけでも、刺激的な楽しみがあるわけでも無いけれど、『特等席』で見る機会を知らずに見逃すのはもったいない!チャンスを活かすも殺すも皆さん次第ですよ!(→補足へ続く→Part1へ戻る

  • 2021年5月の月面秤動

    2021年5月
  • 2021年6月の月面秤動

    2021年6月
  • 2021年7月の月面秤動

    2021年7月
  • 2021年8月の月面秤動

    2021年8月


  • 2021年9月の月面秤動

    2021年9月
  • 2021年10月の月面秤動

    2021年10月
  • 2021年11月の月面秤動

    2021年11月
  • 2021年12月の月面秤動

    2021年12月


  • 自作プログラムによる計算で、ベースの暦表はNASA-JPLのDE421を使用しました。精密軌道計算で有名なHORIZONS-Webと高い精度で一致します。線やマークが重なって見辛いところもありますがご容赦を。
  • 表記時刻や距離は、国内で発行されている書籍や天文サイトのデータと異なる場合があります。どちらが間違いということでなく、採用してる計算体系の差ということです。
  • 月面の事象は一ヶ月に二回起きることがあります。例えば2021年7月を見ると下弦が二回起こりますね。ブルームーンやブラックムーンもその一例です。
  • 表記時刻はJSTです。各日区切りの小ドットは0:00JSTです。
  • 青系曲線のうち濃青色は月が空に見える時間帯、薄水色は沈んでる時間帯です。
  • 小ドットに注目してみると、上弦近くでは0:00JST前後に月没、下弦近くでは0:00JST近くに月出を迎えていることが分かります。日々少しずつ月の出入りが変化することも読み取れるでしょう。
  • 近地点(×マーク)や遠地点(+マーク)が月相マークに近いかどうかで、その月相が大きく見えるのか、小さいのかを判別できます。例えば×マークが満月に極めて近いなら「スーパームーン」になるでしょう。
  • 同様に、×マークが新月に極めて近いとき皆既日食が起こると「継続時間が長い皆既日食」になり、また+マークに近い新月での日食なら皆既にはならず、金環日食になります。
  • 北極側から地球を見ると観察者は自転で反時計回りに動くため、視線は月の右側(経度プラス側)から左側(同マイナス側)へ変化します。従って濃青色線も必ず経度が減る方向に変化することが読み取れます。
  • 目が肥えてくると、その他いろいろ細かいことにも気付けるでしょう。ぜひ解読してください。


カレンダーの祝日、間違ってませんか?2021/03/20

20210320桜
春分の日を迎えました。混まないだろうと朝一番にスーパーへ行ったところ、道路も店内もかなり混雑。お彼岸なのでお墓参りに向かう家族やら、連休でどこかへ向かうような家族やら…コロナ禍もなんのそのですかねぇ…。

出掛けに近所の公園に寄ったところ、桜が一分咲きになってるじゃありませんか。一週前は一輪も咲いてないことを確認しているので、週半ばに最高気温が20度前後になったタイミングで咲きだしたのでしょう。右下図に昨日まで一週間分の近隣アメダスポイント気温グラフを示します。開花は間違いなく去年より3、4日早いですね(→去年記事)。写真を取りに来ていた近所のおじさんとともに、しばし和みました。

帰りがけには空から聞き慣れたツバメの声。すぐ上空で一羽のみ旋回していました。昨宵以降は雲が多くなって、気温も平坦。朝のうち少し青空が多くなったものの、すぐ雲に覆われました。せっかく地球が軌道のスタートラインに立ったけれど、太陽観察は諦めです。

20210312-19アメダス気温(つくば/龍ヶ崎)
ところで、春分の日・祝日と聞いて気になることが。多くの職場などでは数ヶ月先行して行事や勤務の調整を行うと思いますが、そろそろ夏の予定が気になるところ。ここで「カレンダーの祝日間違い」に気がつくかも知れません。今年初めころ関連ニュースを時々目にしましたが、それ以降さっぱり聞かなくなったのはなぜでしょう?ご存じの方は問題ありませんが、知らない方もまだ多いようなので、間違いを一件でも減らすべく当記事に記しておきます。

ご存知のように国民の祝日は国が定めるもので、このうち日付決定のルールが明示されていない春分の日と秋分の日は国立天文台の観測から天文学的に決められるわけです。そしてそれらをまとめて前年2月の官報に「暦要項」を発表する形で私たちが知ることとなりました。これはカレンダーやダイヤリー型手帳などを作る業者さんも一緒です。

つまり、今年の祝日は2020年2月に第一報が報じられました。これに従い、現在みなさんが使っている2021年のカレンダーが作られたわけです。

ところが、コロナ禍とオリンピック延期とが重なり、翌2021年の祝日見直しが迫られました。5月末国会提出→通常国会でスルー→10月臨時国会で審議→11月改正特例法成立→12月4日に公布と進みました。結果、2021年の暦要項のうち夏から秋の祝日は土壇場の12月に変わってしまったのです(→内閣からのお知らせ→国立天文台・令和3年暦要項・令和2年12月4日改訂版)。

多くのカレンダーや手帳は晩秋までにほぼ発行・発売されてしまいますから、修正は間に合いません。よって大量の「間違い印刷物」が出回ることになりました。お手元にカレンダーや手帳、年表などがあれば以下の日を確認し、間違っていればすぐ直してください。ちなみに私が使っている権威ある天文年鑑も間違っていました。単品購入した暦や書籍で正誤表が後から送られることはまずありませんから、各自で修正が必要です。外部同期が取れてないPC・スマホ内カレンダーも同様ですよ。

  • 海の日… 誤:7月19日(月)→ 正:7月22日(木)
  • 山の日… 誤:8月11日(水)→ 正:8月8日(日)
  • スポーツの日… 誤:10月11日(月)→ 正:7月23日(金)
  • 追加:山の日移動に伴い、8月9日(月)は振替休日になります

  • ※間違いのほうの日付は平日に戻ります。つまり7月22日からは(24日土曜が休めるなら)4連休になる代わりに、10月は祝日無しとなります。

これは今年のオリンピックが行われるかどうかに関係なく施行されます。よほどの事態が起こって暦の再々検討があれば別ですが、まぁ今無ければもうこのまま行くでしょうね。家族や知人、会社の同僚などにもしっかりお知らせください。「後で直しておく」じゃなく、今すぐ直すようにしましょう。客の出足に左右される商売や相手と取引がある業種、学校や保育関連のようにスケジュールぎちぎちの現場など、自分だけで完結しないお仕事…つまり大部分の方々にとって、暦が同期してないと大変な事態になってしまいますから。

中川昇さんの月面セミナー・メモ2021/02/28

20210227_18347月
昨夜は満月。正確には2月27日17:17に満月瞬時を迎えました。当地は快晴だったけれど、満月瞬時はまだ月の出前の時間だったため姿が見えず、ようやく拝めたのは19時半頃でした。

左は日付が変わる少し前、23:30頃の撮影で、太陽黄経差は約183.47°、撮影高度は約63.8°、月齢15.81です。気温は氷点下でしたが大気が安定しており、シャキッとした姿を楽しむことができました。このほか今朝にかけて重星観察もしましたが、画像処理が追いつかないため明日以降の記事に掲載します。

ところで、昨夕は古くからの知人で中川光学研究室でおなじみ、中川昇さんがCP+2021 ONLINEセミナーに登場し、短い時間ながら月の魅力を語ってくれました。現象予報などで協力している当サイトもご紹介いただき感謝感謝です。近年は「観測・観望対象としての月」を熱く語れる方も減ってきたと感じますので、中川さんのお話しはとても貴重な演目に思いました。

惜しむらくは(オンライン発信「あるある」ですが)音がこもって聞き取れなかったり映像が見づらかったところがあったこと。そこで、興味を惹かれたところや自分が関わったところのみ、要点と注釈をこの記事にメモしておきます。


★月面七福神巡り(月面セブン)
中川さんセレクトの、月面の見どころ七ヶ所です。もちろん挙げていけば切りが無いでしょうが、「敢えて7つに絞るとしたら」ということですね。7位から1位に向かって書いてあります。括弧内は中川さんによる注釈。

20210227満月
  • アルプス谷(谷の中に谷)
  • コペルニクス(月の帝王)
  • 虹の入り江(月面最美の地形)
  • 静かの海(アポロ11号着陸地・ラモントの皺)
  • アリアディウス谷(分解能テスト)
  • 直線の壁
  • アルタイ断崖

初めて月をご覧になる方は、これらの地形がどこにあるか分からないでしょう。地形位置は何度も繰り返し観察して覚えるより他はありません。昨夜の満月に位置を描いてみたのが右上画像です(※注:上方向が月の北極側です/セミナーの画像と180°違いますからご注意!!)。ついでに中川さんによるセレクト番外編の三ヶ所(黄色字)、および月面文字地形(水色字)も描いてあります。満月なので陰影がなく、文字地形や崖、谷など全く分からないでしょう。でも、丸い月で大雑把な配置を覚えるということが重要です。

「地形がよく見える」というのは、該当地形が欠け際に近く陰影がはっきりする月齢のときです。上弦でも下弦でも構いませんから、月齢いくつの時どの地形を見るのが良いか調べつつ、楽しみながらたどってみましょう。焦ることはありません。何度でも気軽にトライしましょう。


★2021年に起こる月のイベント
  • 月面X(→右メニューの「月面の観察」に解説や予報があります。)
  • 月面A(→右メニューの「月面の観察」に解説や予報があります。)
  • 月食(一般天文雑誌や天文観測者向けの年報などをご覧ください。)
  • センタームーン(今年中春ごろ当ブログで解説予定です。天文リフレクションズさんの過去記事はここ。
  • 月の弦が水平・逆転(今年夏ごろ当ブログで解説予定です。)
  • パール富士(現在当ブログではダイヤ富士のみ予報していますが、いつかパール富士予報や、富士山以外の山などの予報も組み込みたいと思っています。)

月に限りませんが、天文現象というのは「一瞬で終わるもの」「数十分から数時間継続するもの」「数ヶ月から数年続くもの」「数年、数十年に一度しか起きないもの」という具合にバリエーション豊富です。また、観察場所によって現象時刻が変わったり、高度や方位が変わることもしばしばあり、初心者泣かせの一面があるのです。誰かが「今日の20時に国際宇宙ステーションが東に輝く月の前を通るよ」とツイートしても、全国でそのように見るわけじゃないし、「今日は曇ってるからまた明日見ようね」となるわけでもありません。

お月さまは「極めて近い天体」ですから、見る人の位置の影響がとても大きい。従って、予報を出す方も受け取る方も、十分チェックしてください。ここが「ただ眺めるだけ」から「積極的な観察」へ動き出す大きな一歩となるでしょう。中川さんがおっしゃっていた「秤動を味方につける」といった境地に達することができなくても月の観察は可能ですが、「いちばん面白いところを見す見す逃している」もったいなさがあるのです。