やっと3彗星を撮影2021/05/04

20210503_アトラス彗星(C/2020 R4)
昨日は曇りと晴れとの繰り返し。日中は8m/s近くの強風で、ベランダに立つのも辛いほどでした。午後遅くに一時晴れたものの、太陽観察はできませんでした。夜になると少し落ち着き、夜半頃から雲もだいぶ取れました。風速3m/s程度の風が常に吹いているため悩みましたが、また明日から天気が悪そうなので、しばらく望遠鏡を向けられなかった彗星を3つ撮影しました。

左画像は日付が4日になる少し前のアトラス彗星(C/2020 R4)。相変わらずすごい速さで動いてます。透明度が悪く薄雲の通過も度々あったためコントラストが悪いけれど、緑のコマや立派な尾が すばらしい。

アトラス彗星(C/2020 R4)の尾の方向角
4月11日の撮影では西側(右側)やや下向きに尾が伸びていたけれど、昨夜の画像は南東(左下)向きですね。右図は簡易計算した尾の向きをグラフ化したもの。尾の方向角は天の真北方向を0°として、東回り(反時計回り)に測ります(東向き:90°、南向き:180°、西向き:270°)。4月下旬の地球最接近を挟んで見かけの尾の向きが大きく変わったことが分かるでしょう。

5月1日にアトラス彗星と1°角未満までニアミスしたパロマー彗星(C/2020 T2)もなかなか立派です。街中撮影でも淡い緑のコマが分かります。空のコンディションが良ければもっと写るでしょう。5月15日には球状星団M3に1°未満まで大接近しますから必見ですよ。

明け方の月とともに高くなってきたポンス・ヴィネッケ彗星(7P)は透明度負けしてしまいました。ふわっと大きく明るいはずのコマは思ったほど写りませんでした。背景の天の川にも負けていますね。ゆっくり南下しており今後は次第に低くなりますが、6月16日明け方にはらせん状星雲NGC7293に1°未満まで大接近するでしょう。もう梅雨入りシーズンなのが悲しい…。

  • 20210504_パロマー彗星(C/2020 T2)

    パロマー彗星(C/2020 T2)
  • 20210504_ポンス・ヴィネッケ彗星(7P)

    ポンス・ヴィネッケ彗星(7P)


やはりコマが大きかったポンス・ヴィネッケ彗星2021/04/22

20210422ポンス・ヴィネッケ彗星(7P)
一晩前の明け方に撮影したポンス・ヴィネッケ彗星(7P)は、輝星が近くにあったことと夜明けが迫った時間で露出不足だったのもあって、コマの広がりがよく分かりませんでした。そこで本日明け方再撮影を試みました。

星図をチェックし、明るい星が近くに無いことを確認した上で撮影開始。今回は薄明開始頃までたっぷり露光できました。すると…ごく淡いながらも緑色のコマが確実に広がっていました(左画像)。少なく見積もっても視直径5′角はありますから、街中でこの光度のクラスとしてはかなり大きい方でしょう。

他方、観察環境によってはコマ視直径の見え方が全く違うため、等級の見積もりが大きく異なってしまう『観測者泣かせ』の彗星とも言えますね。なお左画像の右上から淡く差し込んでるオレンジ色のゴースト光は昨日彗星の近くにあった輝星(HIP92872・5.6等)のものです。兎にも角にも大きなコマが確認できてスッキリしました。本州が梅雨入りする頃に最大光度を迎える予報ですから、今後が楽しみ。

20210421_SN2021hiz
時間が前後しますが、夜半少し前には超新星SN2021hizを撮影(右画像)。新潟のSさんから増光の情報を教えていただいたものです。3月30.359UTにZTFによってIC3322Aに17.7等で発見されたType-Iの天体で、4月頭には15等、4月5日を過ぎる頃には13等台に入り、10日以降は13等前半をキープしているようです。

左画像は21日23時JSTごろの撮影ですが、取って付けたような明るい星がホスト銀河にくっついてますね。この銀河内ではなく、もっと手前の星であるかのような錯覚に陥ってしまいます。ちなみに左下に写ってる直線状の軌跡は小惑星(752) Jamesmcdanell。

この銀河はおとめ座にあり22時頃南中するので、多くの方にとって見やすい時間かも知れません。可能ならぜひご覧ください。なおすぐ北にあるIC3322(UGC7518)とは別の銀河ですからお間違えの無いように。星図ソフトによってはどちらもIC3322と区別なく書いてある場合があります。複数ソース確認は基本!(間違えた本人からアドバイスですwwww。)

朝を迎える直線壁2021/04/21

20210420アペニン山脈からアルキメデス・クレーター
月面の名所「月セブン」(月面七福神)を提言された知人の中川昇さんが「20日は直線壁を見よう」とブログで呼びかけていましたので、昨夕は日暮れとともにさっそく準備。

日中に暑くなる時期がいよいよ始まったため、宵の天体観望には「博打」な面があります。夕方から急に気温が下る場合があるので、シーイングの当たり外れが激しいのです。もちろん観察場所や周囲の地形にもよるけれど、上空の大気の入れ替わりや地表・建物の熱放射など夜の入り口にシーイングを乱す要因がたくさん増えますからね。

一昨日19日は「当たり」でしたが、昨夕は「はずれ」でした。それでもめげないのがお気楽アマチュア。なにかテッペンを目指してるわけじゃないから、見え味悪いなりに楽しめます。望遠鏡を月に向けると、ゆらゆら、ゆらゆら。

アペニン山脈(左上画像)がいい具合に凹凸強調されて目を奪われました。左上の大きなアルキメデス・クレーターも朝を迎えています。山脈の北部、アルキメデスと同じくらいの北緯に、右に向かって大きくえぐれた場所がありますね。ここはアポロ15号の着陸地点(アーカイブ「アポロ着陸地点の観察」参照)。きっちり50年前の7月のことでした。「アポロ着陸50周年」は一昨年で終わっちゃったのではなく、来年2022年12月の「17号50周年」まで続きますよ。どうかお忘れなく。

少し北へ望遠鏡を振ると、「月セブン」のひとつ、アルプス谷が見えました(下A画像)。シーイング悪すぎて谷の中の谷がよく分かりませんが、画像ではなんとなく写っていました。画像右サイドの斜めに並ぶクレーターはアリストテレス(上側)とエウドクソス(下側)。この辺りのカルメ焼きっぽい、煎餅っぽい質感がたまらない。また画像左サイドのリンクルリッジも斜陽で強調され、見事に浮かびあがっています。

直線壁断面標高
肝心の「直線壁」はまだ日が当たり始めたところで、撮影時はかなり暗く感じました(下B画像)。壁の影が長いですね。バート谷あたりは暗すぎてよく見えません。一例ですが、直線壁を横切るように南緯21°に沿って西経11°から6°までの断面標高を図化すると右のようになりました。直線壁の純粋な崖部分は200mの高低差、西側低地からだと350mほどの高低差です。日の当たり方でバート谷のほうが深く感じることもあるのですが、この図を見る限り気のせいだと分かるでしょう。下B画像には月面X地形もしっかり写っています。探してみてください。

  • 20210420アルプス谷からアリストテレス・クレーター

    A.アルプス谷からアリストテレス・クレーター
  • 20210420直線壁と月面X付近

    B.直線壁と月面X付近


(追記)前夜に続き、日付が変わり月の影響が少なくなった頃から彗星を撮影。今回は下記のふたつです。両方とも晩春から夏に向けて明るめの予報が出ているのですが、星仲間のdocanさんが眼視観測したところ7Pのほうがはっきりしないとのことで、どういう状態か確認するため撮影しました。C/2020 T2は淡いけれどコマが広がっているのが分かります。何より核がとても明るい。でも7Pは暗い核は確認できるけれど、コマがあるような、無いような…。運悪く輝星がそばに来てしまったので分からないだけかも知れません。少し経ったら再度撮影してみましょう。

  • 20210421パロマー彗星(C/2020 T2)

    パロマー彗星(C/2020 T2)
  • 20210421ポンス・ヴィネッケ彗星(7P)

    ポンス・ヴィネッケ彗星(7P)


月面X&LOVEびよりでした2021/04/20

20210419-月面X&LOVE比較
昨宵は月面Xと月面LOVEがよく見える予報でした。昼間にごうごう音を立てていた風も夕刻には止み、静かな薄暮の中で上弦前の月が輝いています。いつになく気持ちが高ぶってしまいました。

久々に条件が良かったため、地形を拡大撮影して刻々と変化する様子を10分おきくらいに追いかけようかとも考えましたが、忙しない観察では楽しむ気持ちも半減してしまうでしょう。今回はふたつの時刻のみで、全体撮影をして比較することにしました。

20210419シリウス
星が見え始めてくる時間帯には気流が随分落ち着いていることに気づきました。ピント合わせや追尾チェックのため1等星をいくつか導入、最後にシリウスで確認すると、伴星がよく分離してるではありませんか!(右画像)まだ航海薄暮が終わって間もない頃ながら、シリウスは既に高度23.8°まで下がっています。こんなに低いのに伴星が確認できるなんて…。最低高度記録かもしれません。

月面は19:39ごろと21:05ごろの二回、約1.5時間の間隔をおいて撮影しました。一番北の月面Vから一番南の月面Lまでを切り出して比較したのが左上画像、それぞれの全景が下A・B画像です。欠け際は短時間でもこんなに変わるんですね。山々のてっぺんが次第に照らされてゆく様子が分かるでしょう。それから、ごく僅かなのですが、見かけの大きさも変わっています。昨夜は月が次第に遠ざかっており、二枚の画像撮影間も950kmほど遠くなりました。二枚の月画像は同縮尺ですが、ノーヒントで大きさの差に気付けた方はすごい!

もうひとつ、それぞれの月画像は月の南北方向を画像上下方向に正しく合わせてあります。目立って分かるほどではありませんが、「太陽が月の右やや下側から照らしている」ことがお分かりになれますか?これは、今回の月面LOVE予報時刻で南部のEやLより北部のVが遅い原因にもなっています。

太陽から見た月面中点の月面緯度
同じ上弦の頃でも、例えば半年後の10月13日の上弦では「太陽が月の右やや上側から照らす」ことになるでしょう。月の南北に見える尖ったエッジ部分(ここをカスプと言います)は必ずしも北極や南極に届いているわけではなく、したがって半月の欠け際が「北極から南極に向かってスパッとナイフを入れた」様になることはほとんどありません。たいていは輪切りに失敗しちゃってるんです。撮影している方はぜひ撮り比べてみてくださいね。

ついでに、なぜそうなるのか考えてみましょう。参考までに太陽が月のどちら側から照らしているのか、2021年の一年分を計算してグラフ化してみました(右図)。オレンジ点で表した「上弦のタイミング」でどう変わってゆくのか、探ってみてください。

(追記)日付が20日になってからアトラス彗星(C/2020 R4)を撮影してみました(下C画像)。今週後半に地球へ最接近するため、とても速く移動しています。コマが大きく、尾も扇形に広がりを見せていました。もう少し焦点距離が控えめの明るい光学系にしないと追いつきませんね…。

  • 20210419-1939月

    A.19:39撮影
  • 20210419-2105月

    B.21:05撮影
  • 20210420_アトラス彗星(C/2020 R4)

    C.アトラス彗星(C/2020 R4)