静岡の西村さんが発見した突発天体をやっと撮影2021/05/16

20210516_TCP J22194001+0452101
少し遡ったお話ですが、5月10日2時過ぎ、静岡県の西村栄男さんがペガスス座の一角に13.0等の突発天体を発見したとのこと。ずっと撮影したかったけれど、ゴールデンウィーク以降の天候不順が響き、なかなか望遠鏡を向けるチャンスがありませんでした。薄明開始時点で高度30°を越しているので難しい位置ではありませんが、我が家からは電線と光害の密集方向のため、撮影可能時間帯が限られる苦労もありました。

昨夜は曇り予報、本日16日は雨予報だったので全く期待してませんでした。でも宵には月も見えていたため、念のため仮眠後の夜半すぎに外へ。な、なんと快星でした。透明度は落ちていますが少しのあいだ雲が来ないだけでもありがたい。急いで準備し、隣家の屋根から出てきたところを撮影。40分程の露光ができました。撮影完了頃には一気に雲量8割程度に増え、間一髪。

低空のため写りが悪いものの、該当位置には14等前半くらいの青白い星があります。数日経たないうちに暗くなってしまう突発天体もありますから、6日過ぎてもまだ写ってくれてラッキーでした。

20210516_V1405Cas
西村さんの突発天体が屋根から顔を出すまでの間を使い、V1405 Casも撮影しました。ちょっと低かったけれど、こちらも何とか撮影完了。前回撮影した10日の画像と並べてみました(右画像)。再度減光を始めています。測定波長にも寄るでしょうが、各日画像左端やや下の白く明るい星が6.6等だから、これと同等か、やや明るい感じ。まだまだ追えますね。それにしてもずいぶん赤いなぁ。

もう梅雨なのかと思えるような不安定な空ですが、つかの間の星の光を堪能できました。ずっと低かった土星や木星もようやく見える位置に登りつつあります。今年の夏は晴れるでしょうか?

増光中のカシオペア座新星を再撮影2021/05/10

20210510_V1405Cas
昨夜から今朝にかけて断片的な晴れ間があったので、急増光しているV1405 Casの撮影にチャレンジ。薄明頃に大量の雲がやってきて早めに切り上げなくてはいけませんでしたが、何とか撮影を済ませました(左画像)。

最初にモニター画面へ導入したとき、一瞬どの星かわからないほどでした。あまりにも明るすぎたので、既存の星と思い込み、「あれれ、ここの星の配列が分からないな」などと混乱してしまったのです。

測定のために撮影するなら、もっと単焦点で比較星をたくさん入れて、短時間露光で十分です。左画像は比較星が無さすぎてなんとも言えませんが、5等台は間違いないでしょう。ん?…と言うことは、『肉眼新星』になっているということかぁ!

20210510_V1405Cas比較
右画像は3月23日明け方に同一機材で撮影したものとの比較画像。再処理し、背景の状態をなるべく同じ様に仕上げました。めちゃくちゃ明るくなっていることが分かります。AAVSOなどの観測データを見ると9日0:00UT時点で5.2等から5.6等あたりに集中しています(Vis光度およびV光度)。やはり肉眼新星間違いなし。どこまで上がるでしょうか?楽しみです。

今朝方はもう2、3テーマ見たいものがあったのですが、V1405 Cas撮影中から雲が出始め、終了になりました。薄明中にはコアモジュール天和の高高度パスがあり、雲間から観察しました。一番明るくなったときはベガやアルクトゥルスより明るく、Heavens-Aboveに載っている予報光度よりも0.5等ほど明るく見えるという経験則が再確認できました。

カシオペア座の新星が急増光2021/05/09

20210508天和とV1405Cas
三重県の中村祐二さんが3月18日に発見したカシオペア座の新星「V1405 CASSIOPEAIE」が急増光してる、という情報を新潟の観測家Sさんからいただきました。なんと6等台!4月前半はゆっくり減光していたから、このまま…と思っていたのに、何ということでしょう。

早速見たいところですが、今夜(8日夜から9日明け方)は完全に曇っており、晴れそうにありません。残念…と思ったところで、ふと明け方に撮影した天和や長征5号Bのことを思い出しました。準広角レンズでの撮影ですが、カシオペア座をフレーム・インしてあるからひっとして写っているかも、と点検してみました。

長征5号Bの写野はフレーム外でしたが、天和のほうははっきりと写っていました。レンズが曇ってしまいお蔵入りだったので、これは嬉しい棚ぼた。捨てないでよかった…。ほぼ真っ白な元画像から丁寧に星像を発掘し、使えそうな4カットをコンポジットしたのが左上画像。

20210508_V1405Cas_AAVSO
北極星下側からカシオペア座方向に飛んでゆく暗い天和の光跡(肉眼でも微かでした)とともに、V1405 Casが写っています。周囲の星と比較して、おおよそ6.0等と見積もりました。

右図はAAVSOの観測から描いた発見直後から5月8日までの光度グラフ(Vis光度とV光度のみ)。4月中旬から微増に転じ、5月5日ごろから急激に増光していますね。どうなっちゃうのか、この新星…。

群馬の小嶋さんがペガスス座に突発天体発見2021/05/05

20210505_TCP J21551059+3337252
星仲間の(の)さんからの情報によると、5月4日2時半ごろ、群馬県の小嶋正さんがペガスス座に13.5等の突発天体を発見したとのこと。同じ位置に今まで二回アウトバーストの前歴を持つ星があり、同一天体のようです。

天気予報ではもう西日本で雨が降っており、今日5日午後には関東も降り出す予報。既に昨夕から薄雲が張り出していました。ペガスス座は現在明け方東の空にしか見えませんが、天気が持つかどうかビミョー。今日を逃すと来週まで待たなくてはならないようです。万事休すなのか…。そう思いつつも、万が一の晴れ間を期待して機材を組み立てておきました。

夜半すぎに少し晴れ間があったため、電線群の中に昇ったばかりの対象天体を“保険”として強引に撮影。その後すぐ曇ってしまいましたが、2時間ほど経つと再び雲が薄くなりました。夏の大三角が辿れるようになったため、薄雲越しながら本番撮影を決行(左上画像)。青白い色をした星のようですね。南東低空には月と木星が一緒に朧な輝きを放っていましたが、明るくなってくると何故か快晴に!なんてこった。「星見あるある」ですね。