夜明けに月・すばる・ヒアデスが接近2018/07/10

20180710月とすばる・ヒアデス
昨夜から今朝も曇ったり晴れたりの不安定なお天気でした。望遠鏡による観察は諦め、明け方に見えるはずの月とすばるの接近を楽しみに待ちました。

薄明が近づいたころに天気を確認すると、まずまずの星空。低空にはもう薄雲に包まれた細い月が登っていました。月の下にはヒアデス星団も見えるはずですが、我が家からは近隣の建物で全く見えません。そこで、カメラを担いで近くの広場へ向かいました。

ところが15分も歩くうちに空を雲が覆い始めたのです。現地到着後急いで組み立て、何枚か撮ったところで完全に曇り空となってしまいました。辛うじて写っている画像も8割が雲に覆われていましたが、画像処理を駆使して何とか仕上げてみました(左画像)。左上にすばる、下辺左寄りの明るい星がアルデバラン。その周囲に広がる星々がヒアデス星団です。

適切なレンズを持ってないため窮屈な構図ですが、ひとまず美しい光景を記録することができました。4月下旬頃に夕空で月・すばる・ヒアデス・金星が接近していたことをつい最近のように思い出しましたが、もう3ヶ月も経ったのかぁ…。そりゃあ明け方にすばるが見える訳ですねぇ。時の流れは実に早いです。最近の夜明けにはもうペガススが頭上に差しかかっていますよ。

日本時間で今日夕方頃に地球のどこかで月がアルデバランを隠しているでしょう。明日明け方にはヒアデスよりずっと左下に極細の月が見えるはずです。この月は間もなく13日に日食を起こします。日本からは見えませんが、オーストラリアの一部で部分日食となるそうです。(→「アーカイブ:静止気象衛星による日食月影の可視範囲」参照。)

上空から見た泥まみれの日本2018/07/10

  • 20180710Terra

    A.2018年7月10日 Terra/MODIS
  • 20180708Aqua

    B.2018年7月8日 Aqua/MODIS


「平成30年7月豪雨」のあとすぐ梅雨が明けた西日本。昨日は少し雲が残っていましたが、今日は比較的クリアです。昼前に上空を通った地球観測衛星「Terra」のMODISセンサーが捉えた画像を、NASA・WorldViewから引用します(上A画像)。淀川、吉野川、木曽三川などの主だった河川から流出する泥混じりの水が、湾や水道を茶色に染めています。

また先日まで河川が氾濫するほど大雨だった北海道も、8日の雲間から地球観測衛星「Aqua」が同様の光景を捉えています(上B画像)。石狩川河口などが濁っていますね。海流でかなり遠くへ運ばれるようです。

台風や大雨の後、このような海への土砂流出が良く見えます。解像度は低いけれど気象衛星「ひまわり」にも写ります。想像以上に長期・広域に渡って流れ出ることもあって、魚たちに影響は無いのだろうかと心配になります。自然の輪廻なら過去何千万年もくり返したことでしょうし、生命にとって「持続循環可能な」些細なことなのでしょう。でも人間の作り出した物質に限っては、自然ではあり得ない化合状態のものが、高濃度かつ大量に存在しますからね。完璧な管理などあり得ませんから、こうした不測の自然現象で海へ流出してしまうと、回収不可能です。

今日の太陽とハロ2018/07/10

20180710太陽
いつもの通り曇りがちな夜が明けると、眩しい太陽が輝き始めました。巻雲が残っていますが、暑い夏の空です。今日は四国が梅雨明けしました。まだ明けてないのは九州南部、東北南部、東北北部です。

20180710太陽リム
左は14:15頃の太陽。薄雲越しで解像度が悪いです。昨日同様左側に明るい領域がありますが、まだ採番されていません。たぶん黒点が発生してないからだろうと思われます。まだ見えている右上リムのプロミネンスのほか、右下にも立派なものが2本突き出ていました。左リムにもプロミネンスが見えます。

夕方近く、太陽周囲に微かな内暈と幻日を見つけました(下A画像)。わかりますか?B・C画像は左右それぞれの幻日を拡大し、強調したもの。幻日特有の発色をしています。

  • 20180710弱い内暈と幻日

    A.内暈と幻日
  • 20180710幻日(左)

    B.幻日(左)の拡大
  • 20180710幻日(右)

    C.幻日(右)の拡大