湿度100%の空で月と小惑星の観察2021/01/26

20210125_14019月
日中が暖かかったせいか、昨宵の気温も急には下がりませんでした。常に薄雲が流れており、その向こうから丸みを帯びてきた月が照らします。雲の薄いところを通して月面を撮影してみましたが、コントラストやシャープネスがやや落ちてしまいました。

左は20時少し前の撮影で、太陽黄経差は約140.19°、撮影高度は約71.5°、月齢12.25。29日明け方に満月を迎えます。南部のシラーがよく見え、シッカルドやアリスタルコスが朝を迎えています。リュンカー山を期待しましたが、まだ影の中。1日後は見頃だけれど天気が崩れそう。

秤動で月全体がかなり正面を向いていたため、危難の海がリム寄りで小さく感じました。縁の海あたりは全く見えません。北側のフンボルト海がリム上にあり、少し凹んでいますね。月のリムは結構デコボコしていて、月齢に関係なく真円にならないところが面白いのです。

少し経つと、空に貼り付いて取れなかった薄雲が無くなりました。遅い時間に月を撮ればよかったと後悔しましたが撮り直しはしませんでした。昼の暖かさで空中に充満した水蒸気が一斉に凍り、機材も周囲もガチガチ。

20210126小惑星Apophis(99942/2004 MN4)
霧が出る予報でしたが明け方まで天気が持ちそうだったため、一週間前にも撮影した小惑星アポフィスを再撮影しました。本当は月が明け方に残らないうちに再撮影を予定していたのですが夜間の天気が芳しくなく、今朝になってしまった次第。ただ、月明かりはあったけれどシーイングがそれなりに良かったのは幸いでした。

一週間で0.4等ほど明るくなり、17等台後半に入りつつあるため、かなりはっきりした像を結んでくれました(右画像/中央の点像)。2時間あまりの露出でも随分動きますね。さすが(?)は「潜在的に危険な小惑星」。現在の地球との距離は約0.179天文単位。もう一ヶ月あまりで0.113天文単位まで接近します。

地球に危険をもたらす小惑星アポフィスを観察2021/01/19

20210119小惑星Apophis(99942/2004 MN4)
今日の明け方、小惑星アポフィスを街中から捉えることができました。

2004年6月の発見以降、地球衝突の可能性が度々話題となっているアポフィス(99942/2004 MN4)。小惑星リュウグウの半分程度の直径ながら、リュウグウ同様「潜在的に危険な小惑星(PHA/Potentially Hazardous Asteroid)」に属します。(※衝突の可能性に関しては、wikiGIZMODO・2020年11月/日本語訳記事日本惑星協会・2019年4月/日本語訳記事アストロアーツ・2013年1月記事などを参照のこと。)

この小惑星をいつか撮影したいと思っていましたが、通常は20等以下の暗さ。発見以降アマチュアの小型機材で撮影できるほど明るくなったのは2013年の地球接近時しかありません。(※明るいと言ってもせいぜい16等台。)そんな折、今年春に増光するチャンスが訪れることを知りました。さっそくMPCの軌道要素で自前計算してみると、衝は2月26日16:45JST。この前後に16等前半まで明るくなる見込みです。(※CNEOSによると、地球最接近は3月6日10:15JST、距離は0.11265AU。)今月末の予報光度は18.0等に達するので、気象条件さえ良ければ私の機材でなんとか写し取れるはず。…そう考え、今月下旬から試写準備を始めていました。

冬の関東平野ですから、晴れて乾燥すれば透明度は良いでしょう。いっぽうシーイングは最悪に近く、星が肥大するシーズンでもあります。18日明け方に最初の挑戦をしましたが、透明度もシーイングも悪く、雲の通過もあって全く写りませんでした。今朝はリベンジだったんです。

風があったためベストの天候とは言えませんが、一晩前に比べたら雲泥の差。風に煽られた数コマ以外は一応点像になりました。小惑星の移動に合わせてコンポジットしたのが左上画像です。推定18.4等のため非常に暗いですが、検出できました。今後2月最初の週までは赤緯が下がるため、南中高度はやや不利になります。もっとも満月期ですから元々不向きな期間。その後は北上しながら衝を迎え、見頃になります。狙えそうな方はぜひご覧ください。

20210118火星と天王星の接近
少し時間は遡りますが、昨宵から次第に雲が取れ、気になっていた「火星と天王星の接近」を眺めることができました。ファインダー程度の機材でも確認できます。

右画像は18日21:20過ぎの撮影で、火星と天王星の離角は2°弱。最接近は21日明け方ですが、その時間は沈んでしまうため、20日の晩がベストでしょう。21日の晩は月も近くにやってきます。小型双眼鏡で三天体がいっぺんに見えますよ。

天候不安定での小惑星撮影2021/01/18

20210118小惑星Seitennokai (1996 AQ2)
昨夕から今朝にかけては雲が多く、時々晴れ間が訪れる夜空でした。夜半過ぎからやや晴れが多くなる気配だったので、久しぶりに小惑星を撮影しようと準備。ふたつ狙ったけれど結局散々な結果に打ちのめされました…。

左画像は所属同好会の名を持つ小惑星Seitennokai (1996 AQ2)。衝を過ぎたばかりのため17等と明るく、なんとか写ったものの、悪シーイングに伴う星像肥大や頻繁に横切る雲によるガイドエラーが多発しています。もうひとつ狙ったほうは限界等級ギリギリのため、星像肥大によって検出できませんでした。

せっかくの新月期なのに不安定な天候が続いています。朝は小雨(みぞれ?)が降ったようです。

凍える夜の二重星めぐり2021/01/10

20210109シリウス
昨夕に星仲間のTさんからシリウスの伴星についてのメールがあり、つい自分も久しぶりに二重星巡りをしたくなりました。宵の雲も早くに取れたため、機材をセットし1時間ほど外気に慣らします。眼視メインに考えていたのですが、夜半前からマイナス5度を下回り始めたため、1等星3つでギブアップ。体調を考え、以降は撮影のみにしました。

冬にしてはシーイングが落ち着いていましたが、年間で考えればやはり揺らぎが大きいシーズン。シリウスBはあの手この手で何度見返しても見えませんでした。昨年11月に見たときはあっさり見えたのに…。リゲルは20cm100倍程度でも余裕で分離。カストルもA系B系C系すべて良く見えました。撮像で強めの処理をしたらシリウスBがなんとか浮き出ました(左画像・マーカー部分)。

シリウス連星軌道図
計算上は2022年秋に伴星が最も離れるようです(※採用する伴星軌道要素によって多少のバラツキあり)。でも、今冬もほとんど変わりません(最大離角時との差は0.11″程度)。主星原点で天の北方向から東回りに測った伴星方向角(PA=Position Angle)は2020年頭で68.34°、2022年秋で63.10°(右図参照/各軸の目盛数値は角度の秒)。2031年夏を中心に前後数年は伴星方向角が45°前後となるため、私のような斜め45°のスパイダーが出る光学系ではご注意を。チャンスがあったらどんどん探してくださいね。

色の対比が美しい暗めの二重星なども見たかったけれど寒さに勝てず…。もう少し暖かく穏やかな時に再挑戦したいと思います。当記事に掲載した画像はすべて昨夜撮影したもので、同一縮尺、上方向が天の北方向になります。ただし星ごとに撮影条件が異なるため、別画像同士の光度比較はできませんのであしからず。

  • 20210109リゲル

    リゲル
  • 20210109カストル

    カストル
  • 20210110ミザール

    ミザール
  • 20210110コル・カロリ

    コル・カロリ


  • 20210110γLeo

    γLeo
  • 20210110γVir

    γVir
  • 20210110プルケリマ

    プルケリマ