棚氷ラーセンCから氷塊が分離して1年経過2018/07/17

20180701-A-68位置比較
暑い日が続きますので、涼をひとつ。

約1年前の7月12日ごろに南極半島にあるラーセンC棚氷の一部が分離した、というニュースを覚えていますか?(→参考記事。)分離した領域はA-68と名付けられました。その後、ことある度に南極の衛星写真で確認していたんですが、さすがに1年も経つとラーセンCから結構離れてしまうものです。左画像はNASAサイトからの引用ですが、今月頭には約45kmの移動が確認されています。ちょうどA-68の短辺距離に近いですね。

20170712ラーセンCの氷塊分離
南極半島やラーセンCの位置は右の通りです。亀裂は2010年にはもう確認されていますが、完全分離まで少なくとも7年あまりかかりました。でもいったん分離してしまうと、あっと言う間に遠くへ行ってしまいます。今はまだ周囲の海氷に包まれてぎゅうぎゅう詰めですが、もし何十年か後に外洋に出てしまうようなことがあれば、今よりもっと速く移動するでしょう。

南極を詳細に研究している英国Project MIDASによると、分離直後のA-68面積は約5800km²、重さは1兆トン以上でした。移動につれて外周がボロボロ欠けてゆくのが分かります。ただ、春以降は南極に太陽光が差さなくなったため、衛星可視光では見えなくなりました。

A-68分離アニメーション

分離・移動のアニメーション
(※約2MBあるので表示に時間がかかります)
分離から移動までを収めたGIFアニメーションがProject MIDASのサイトで公開されていましたので、容量を小さくして右に引用します。A-68の一部であるA-68Bが左上付近をコミカルに動いていますが、これでも山手線内の面積よりずっと大きいんですよ。なんともクールでヘビーな変動ではありませんか。

今後どこまで移動するのか、どう崩壊するのか、しばらくは目が離せません。

2018年の台風9号が発生2018/07/17


20180717-0900台風9号
気象庁によると、本日9時に台風9号「ソンティン/SON-TINH」が発生しました。直前の台風8号発生から12日と12時間後、台風8号消滅からは5日と6時間後になります。左は発生した9:00の気象衛星画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。ナチュラルカラー処理のため、水色の雲は活発に上昇した氷粒状態、白やグレイの雲は低層の水粒状態を表します。赤点円は台風中心の直径1000km円。この円と比べると雲のある領域は小さいですね。

この台風は6時間前に「台風になるかも知れない熱帯低気圧」として発表されたばかりでした。熱帯低気圧自体は15日15時の天気図から載っていたものです。西進していますから日本には来なさそうですが、お近くのみなさんはご注意ください。

20180717-0900天気図
注意すべきは、この台風の東西にそれぞれ別の熱帯低気圧があることです(右の気象庁天気図参照)。次々に発生し、移動してきますから、台風が去っても安心は禁物。また、必ず西進するとも限りません。

なお今日の日本を見ると、まだ梅雨明けしていない東北北部で雨が続いています。ここも北海道同様、多雨と日照不足が深刻です。

今日の太陽、20日連続無黒点記録なるか!?2018/07/17

20180717太陽
昨夜はほぼ曇り空。今朝からもやや雲の多い空です。若干ですが、昨日よりは涼しく感じました。午後は青空が少しだけ広がったので、太陽観察できました。

20180717太陽リム
左は13:45頃の太陽。活動領域はありません。左リムには所々プロミネンスが見えました。いつもの通り、静穏な太陽でした。

さて、今日のぶんの集計が公式に無黒点ならば、これで「連続無黒点20日」の大台に乗ったことになります。この件についてはいくつかの公式データを確認・集計してから明日にでも記事にしたいと思います。