今日の太陽2018/07/01

20180701太陽
7月が始まりました。昨夜から今朝はいつものように風が強く、台風の時のように薄雲が足早に流れていました。月の側で火星がギラギラ光っていましたが、望遠鏡を組めるような凪はありませんでした。

20180701太陽リム
左は14:20頃の太陽。ごく僅かに雲がありましたが、あまり影響はありません。活動領域はありませんが、右上リムに接近したダークフィラメントがそろそろ見え出しそうな感じでした。他に目立つプロミネンスはありませんね。

【真夏日地点数・トップ10】
※2011年−2018年・各年5月1日−7月1日
期日地点数
2011年6月29日511
2011年6月30日510
2011年6月28日449
2011年6月24日443
2014年6月1日401
2011年6月22日401
2018年6月30日397
2018年6月25日384
2011年6月23日382
2016年7月1日379
※2018年7月1日は除く。
昨日は5・6月を通して真夏日地点数が最も多く397地点もありましたが、本日は16時時点でなんと534地点。(うち、36地点は猛暑日)。梅雨前線が一気に北上したため、広域で雨が降っているのは梅雨が無いはずの北海道と、台風の影響がある沖縄周辺のみといった偏り具合。

気象庁が公開している真夏日地点数と、消防庁が公開している熱中症搬送数のデータを使って、5・6月のグラフを作ってみました(下左図)。例年作っているグラフと縮尺を合わせてあります(→アーカイブ:真夏日と熱中症参照)。あわせて、2018年5月18日記事に掲載した半旬ごとの7年ぶん平均値グラフも並べておきました。

この平均値と比べても、今日の地点数はさすがに多過ぎですね。2011年以降の5月1日から7月1日までの統計で一番多かったのは右表の通り2011年6月29日の511地点ですから、本日の記録は過去8年のなかでも最多ということです。みなさま、熱中症にご注意ください。

  • 2018年真夏日と熱中症(途中経過)

    2018年
    真夏日と熱中症(途中経過)
  • 2011-2017半旬ごとの日平均地点数

    2011年−2017年
    半旬ごとの日平均地点数


参考:
こんな暑い時期にオリンピック?(2017/08/01)

コメント

トラックバック