はんぶん、赤い2018/07/08

20180708-0000土砂災害危険度
西日本を中心に豪雨が続いています。左は今日7月8日になった時点での、全国における土砂災害警戒判定メッシ地図(気象庁サイトから引用)。まだ西日本の半分以上は赤や紫に染まっていますね。

雨のエリアが少し減ったため、京都府・兵庫県・鳥取県・岡山県・広島県・福岡県・佐賀県・長崎県に出ていた特別警報(大雨)は昨日までに解除されました。でも昨日追加された岐阜県、そして今日追加になった愛媛県と高知県を中心に大雨が続いています。

夜中から明け方には岐阜県と愛媛県で記録的短時間大雨情報が立て続けに8件も発表されました。止んだところもまたぶり返す恐れがあり、十分な注意が必要です。

【総降水量・トップ20】
アメダス地点(県)総降水量(mm)年降水量
平年値(mm)
魚梁瀬(高知県)1368.54107.9
本山(高知県)1344.52616.2
木頭(徳島県)1207.03092.4
繁藤(高知県)1177.03122.2
大栃(高知県)1108.02774.2
鳥形山(高知県)1076.0
ひるがの(岐阜県)1041.53288.3
長滝(岐阜県)1008.53003.5
池川(高知県)952.02793.9
樽見(岐阜県)935.03228.9
京上(徳島県)920.52209.4
えびの(宮崎県)893.04393.0
関市板取(岐阜県)890.5
本川(高知県)887.03077.2
成就社(愛媛県)818.52689.1
船戸(高知県)812.03328.7
北山(佐賀県)775.5
御母衣(岐阜県)771.03043.5
御嶽山(長野県)764.5
六厩(岐阜県)750.52439.3

  • ※2018年7月1日0:00−8日0:00の7日間におけるアメダス観測値から算出。
  • ※各地点の実際の降り始めがどの時点だったかは考慮しません。
  • ※年降水量が書いてないものは統計期間が短いなどで平年値が求まっていないケース。
昨日も累積降水量の地図を作りましたが、雨が続いているので改めて昨日丸一日分を追加し、1日0:00から8日0:00までちょうど一週間の降水量合計を地図にしてみました(下図)。また降水量合計が多いトップ20ヶ所を右表に示しました。

1位は変わらず高知県の魚梁瀬ポイントで、昨日より50mmほど増えています。(今日もまだ強い雨が続いています!)上位8番目まで1000mmを越していることが凄まじい。雨が弱まった北九州勢に代わって、岐阜地方や南九州勢が順位を上げてきたのが分かりますね。

自然のなすことですからどうすることもできませんが、何だか気持ちがムズムズしてなりません。一体いつまで続くのやら…。


20180701-7日間総降水量

参考:
アーカイブ:記録的短時間大雨情報のリスト
アーカイブ:梅雨
広範囲で大雨が続いています(2018/07/06)
大雨に見舞われた沖縄地方(2018/06/17)
居座り続けた台風5号で奄美地方が大雨被害(2017/08/06)
秋田県に被害をもたらした雨量の変化(2017/07/23)
九州豪雨での雨量変化(2017/07/07)

美しい朝焼けに見とれる2018/07/08

20180708夜明けの月
七夕の星が見えないかと、夜中に何度も空を仰ぎました。明け方近くになってようやく雲間から月が顔を出し、上空にはデネブとアルタイル。でもとうとう織姫星「ベガ」は雲に隠されたままでした。

夏の大三角でいち早く昇るベガは、その代償に早く南中を過ぎてしまいます。北に寄っていますから最終的に夜明け頃にはアルタイルのほうが先に高度を下げるのですが、建物による視界の妨げもあって我が家から見えるチャンスは五分五分。でもまぁ、雲に覆われているのではどうしようもありません。

明け方少し明るくなった頃、最後に一目でもと外を見ると、辺りが真っ赤でした。「何事!?」と二階の小窓から身を乗り出すと、それは久しぶりに見る朝焼けでした。紅色の薄雲が月にかかり、実に尊い光景です。東の朝焼けは西空まで届き、辺りの建物を朱に染めていました。朝日が当たっているように見えますが、日の出前の時刻なので、これは雲のまばゆさによるものです。久しぶりに時間を忘れ、見入ってしまった夜明けの空でした。

  • 20180708夜明け
  • 20180708夜明け


今日の太陽とハロ2018/07/08

20180708太陽
夜明け頃に厚い雲が取れてきて、午前中から徐々に日差しが強くなりました。午後には久しぶりに太陽観察ができました。

20180708太陽リム
左は14:10前の太陽。活動領域はありません。右上リムに立派なプロミネンスが見えるほか、右下や左下リムにも見えていますね。また、はっきりしませんが、左リム赤道付近に明るいエリアが見えます。新しい活動領域でしょうか?

昨日地球が遠日点を通過したのですが、曇っていて太陽が撮影できませんでした。毎年近日点と遠日点の太陽比較を楽しみにしていたので、今日の太陽で仕切り直し。下A画像は今年の近日点通過日1月3日に撮影した太陽との比較です。もちろん機材や撮影方法は統一しています。また、今日の太陽の向きを知っていただくため、太陽面経緯度や角度を描き込んだ画像も用意しました(下B画像)。



  • 20180708太陽大きさ比較

    A.太陽視直径の変化
  • 20180708太陽面の向き

    B.太陽面の向き
    (2018.7.8 14:09JST)


今日は空に残っている雲も魅力的でした。正午過ぎには太陽の周りに内暈が見えていました(下C・D画像)。透明感があって、いつもと様子が違います。夕方まで続いたため時々観察しましたが、内暈以外の現象は全く確認できませんでした。従って今日の氷粒は長さ、向きなどが極めてランダムな状態だったと言えましょう。低空にはチビ入道雲もたくさん。今年初(?)の金床も見つけました。

  • 20180708内暈

  • 20180708内暈(一部拡大)

  • 20180708夏の雲