薄曇りながら、火星と彗星に挑戦2018/07/14

20180714火星
昨夜から今朝にかけて一応安定した晴れ間がありましたが、空全体は薄雲に覆われて透明度がかなり落ちていました。悩みましたが、なかなか晴れ間がやってこない時期でもありますので、がんばって重機材での観察に臨みました。

まず夜半過ぎに南中する火星です。もう二週間あまりで大接近当日を迎えますが、既にとても大きく見えます。眼視でも南北の明るいエリアや南半球が少し暗いことは分かりましたが、砂嵐がまだ収まってないようで詳細は分かりませんでした。

20180714火星図
右はGuideによる撮影時の火星図ですが、ちょうどマリネリス渓谷が正面に来ている辺りで、本来ならかなり様々な濃淡が確認できるはず。嵐が明けるのは大接近に間に合いそうにありませんが、せめて遠ざかる中秋の前にクリアな火星を見たいものです。

20180714パンスターズ彗星(C/2017S3)
もうひとつ、長いこと挑戦できなかったパンスターズ彗星(C/2017 S3)にもチャレンジしました。明け方の北東、きりん座の足元に9等台で見えており、8月には3等台になることが期待されている彗星です。(※日本からはピーク時期の前に見えなくなります。)

少しずつ高度を下げているため、早く見ないとお手上げでした。ところが、自宅の目の前に造成された新住宅街が明るく、また電線も多い方向のため、晴れたとしてもかなり困難を極める対象だったんです。

昨夜は透明度の悪さに加え住宅の光害がひどく、やっと写野に導入できたのが薄明開始後でした。オートガイドも全く効かず、ほったらかし撮影のためガイドエラーや背景ムラもひどいですが、何とか仕上げてみました(右画像)。淡い緑色のコマがかなり大きくなっており、短い尾が伸びているような気がします。我が家からはもう一週間もすると見えなくなりそうなので、写って良かった…。

参考:
2018年火星の地球接近に関する記事(ブログ内)

コメント

トラックバック