近づいてきた月と金星2017/08/18

20170818月と金星
晴れない日が何ヶ月も続くと、いつか星座の並びを忘れてしまうんじゃないかと不安になります。幼少から親しんだ星々ですが、人間が何もかも、いつまでも覚えていられると言うことはありませんからね。たまに小さな晴れ間を見つけると愛おしすぎて、おもちゃをもらったこどもの様にはしゃいでしまいます。

昨夜から今朝もずっと曇っていましたが、明け方たまたま空を確認したとき東に雲越しの月が見えました。ひょっとしたら金星とのツーショットが見えるかなと、カメラを用意して待つこと数分…。左画像のようにいくつかの星々を捉えることができました。どこに何が写っているかは右下画像をどうぞ。

20170818月と金星
月齢はもう25を越していました。四日後には北米皆既日食が起こるのですから当然ですね。月と金星の角距離は18°くらい。撮っているときに気付きませんでしたが、ふたご座の星々も写っていました。晴れていたらさぞ美しかったでしょう。

明日明け方には月と金星が5°まで接近します(※一ヶ月前の接近はこちら)。当地・茨城では雨または曇りの予報で望み薄ですが、みなさんの地域が晴天に恵まれたら、ひと夏の思い出にぜひご覧ください。

火星が太陽の側を通り過ぎてゆく…2017/07/29

20170729-0006-SOHO-C3
長らく宵空を飾ってくれた火星が、この7月の終わりに太陽方向と重なる「合」を迎えました。国立天文台サイトの暦計算室によると、黄経の合は27日9:57、赤経の合なら28日7:04とのことですから、今日はもう通り過ぎていますね。合付近の惑星は、太陽を観測している人工衛星SOHOに写ることがあるので数日前から見ていたのですが、どうにも火星像が見つかりませんでした。今日になって発見!太陽光を遮るマスクに隠れていました。そこにいたのかぁ!

左はSOHOサイトからの引用で、本日0:06UT(9:06JST)の画像です。星図を頼りに周囲の星を特定してみました。なんとまあ、プレセペ星団がすぐ近くなのですね。SOHOは地球から少し離れた位置で太陽を見ているため、地上で見た太陽と他天体の位置関係とは少々ずれていますが、大きくは違いません。画像中のCncは「かに座」の略称です。

地球近傍小惑星として知られる「小惑星イカロス」もすぐ近くでした。計算してみたら、驚いたことに今日が太陽に一番近い日でした。2016年6月にイカロスの記事を書いたころからもう1年以上経つのですね。光陰矢の如し…。

火星は今後しばらくすると明け方の空に顔を出し始めるでしょう。そして9月17日には水星と4分角、翌18日には月と50分角、10月6日には金星と13分角、という見かけ上の大接近を立て続けに起こします。どうぞお見逃しなく。

やっと捉えたみちびき2号、明け方には月と金星も2017/07/21

20170721準天頂衛星「みちびき2号」
昨夜から今朝にかけて時々薄雲が湧きましたが、それなりの星夜でした。幾つか観察したものがありましたが、その中から2つご紹介します。

まずは今年6月1日に打ち上げが成功した準天頂衛星「みちびき2号」をようやく捉えたこと。軌道に乗って以降何回か挑戦していたのですが、なかなか難しい対象でした。静止衛星なら暗くても止まっているため、望遠鏡を向けさえすれば十分な露出で写せます。でもみちびき2号は静止衛星並みの暗さなのに動いてしまうため、カメラセンサーの一箇所に光を集めることができません。幾つかの工夫が必要なのですが、それはまたあらためて記事にする予定です。

左上画像は日付が21日になって30分経ったころ撮影したもの。今回は静止衛星撮影同様に固定撮影にしました。αDelと書いてある明るい軌跡がいるか座α星。たくさんの星々が東から西(左から右)へ移動する中で、消えそうなほど暗い軌跡が斜め右上に向かって移動していますね(赤矢印にはさまれた位置)。これがみちびき2号です。とても暗いため高感度撮影&ハイコントラスト処理で、画質はざらついています。

みちびき2号は2010年に打ち上げられたみちびき1号とほぼ同じコースを飛んでいますが、日本上空にやって来るタイミングが違います。2017年内に3号と4号が打ち上げられる予定で、2023年頃までには7機体制を目指しています。そうなると代わる代わる日本の天頂近くに衛星がいる状態となり、得られる恩恵は計り知れないでしょう。

20170721月と金星
さてお次は明け方の月と金星の接近。今朝は金星より月のほうが低く、金星が見えてもしばらく月の姿は見えません。ところが待っても待っても月が見えず、おかしいと感じました。よくよく見ると低空に雲があったのです。月が雲を抜けるまでにすっかり薄明時間となってしまいました。

でもおかげでとても素晴らしい光景を目に焼き付けることができました。右は3:30近くの撮影で、諸事情により画像上を天の北方向に向けています。実際は月と金星が上下に並んでいました。月を露出オーバー気味に撮影しましたが、暗い星や地球照がとてもよく分かりますね。次に両天体が接近するのは約1ヶ月後の8月19日明け方。離角は今回と同じくらいですが位置関係は変わります。

参考:
アーカイブ:昼間に月と金星が近い日

金星近くのヒアデスに月が重なりました2017/07/20

20170720金星・月・ヒアデス
昨日は雲が多く、宵のうち少し晴れただけで、夜通し状況は変わりませんでした。こりゃ、明け方の月や金星は無理かな…そう思いながら2時頃東を見てみると、ぼんやりした月が確認できます。上空は何とか1等星が見える空。淡い期待を込めつつ、機材を組み立てて待ちました。

3時前になると雲は奇跡的に薄くなり、光芒に包まれながらも月や金星、アルデバランが見えました。左画像は3時過ぎの撮影。ヒアデス星団の微光星を写そうと露出を伸ばせば月明かりで全体がかぶってしまうため、かなり神経を使った撮影になりました。月が露出オーバーにならないよう段階露光を使った複雑な画像処理を施しています。ヒアデス星団のお風呂につかった月が満足そうで、なかなかステキな光景。このあとまた雲が迫ってきたため本当に幸運でした。昼間のアルデバラン食は体力的に無理そうだから諦めます。

明日明け方は月と金星が接近しますが…晴れるかな?なお、今日と明日は月を使って昼間の金星を探しやすい日。チャレンジしたい方は太陽光に注意しながらトライしてみてください。

参考:
アーカイブ:昼間に月と金星が近い日