ひと月後に水星掩蔽(水星食)が起こります2017/06/27

20170725水星掩蔽
あと数日で6月もおしまい。今日などは晴れていれば夕空に三日月が見える頃でしょう。でも梅雨真っ盛りなので、当地・茨城では月どころか太陽も満足に見えません。

そんな愚痴はさておき、ちょうど一巡り後の二日月で起こる現象をご紹介しましょう。2017年7月25日夕刻、月による水星の掩蔽現象(水星食)です。全国的に見える惑星の掩蔽としては2014年9月28日の土星掩蔽(土星食)以来、水星掩蔽としては2013年12月2日以来のレアな現象です。

左上図は当日日没頃の西空をStellariumで描いたもの。二日月なので大変細く、また高度も20°未満の低空です。この現象を観察するには「いかに早く月を見つけ出せるか」がカギとなるでしょう。現象は全国的に暗くなる前に終わる(または月が沈む)からです。肉眼ではとても見辛いので、天体の観察に適した双眼鏡か望遠鏡を用意しましょう。

20170725水星掩蔽
首尾良く月が見つかったら、機材で月周囲をじっくり見渡してください。右図のように月のすぐ左側に微かな水星が見つかればOK。周りが明るいため、図のようにハッキリ光って見えませんからご注意!明るさに目が慣れてしまわないよう、頻繁に目を休めることもお忘れなく。望遠鏡の場合「倍率を上げすぎない・下げすぎない」がコツですよ。上のほうにしし座の1等星レグルス(明るさが水星とほぼ同じ)まで見えたらVery Good!!。

このあと月は高度を下げつつ水星に接近し、やがて隠してしまいます。しばらくすると月の右下から水星が現れますが、多くの地域で月高度が5°以下となるため観察はとても難しいでしょう。みなさんの観察地の見晴らし、そして梅雨明けの天候次第。水星単体、二日月単体でもそうそう気軽に見えることはないですから、観察したい方は心して(?)取り組んでください。

20131202水星掩蔽
条件がたいへんシビアなため、都道府県庁所在地などで予報時刻・月高度・方位を計算し、下のGoogleMap上にまとめました。どうそ観察の目安にしてください。(事前に晴れれば、レグルスを使った高度や方角の確認をお勧めします。)地図内のマーカーをクリックするとデータが表示されます。なお月に隠されることを「潜入」、月から再び現れることを「出現」と表現します。必ず潜入時刻より前に月を見つけてくださいね。方位角は北が0°、東が90°、南が180°、西が270°です。どの地方も「概ね西空」でしょう。低空まで晴れると良いですね。(左画像は2013年12月2日早朝に見えた前回の水星掩蔽。撮影高度が2°未満で、月がつぶれています。)

【2017/07/25・水星の掩蔽(水星食)・予報データ】
※下に地図が表示されないときは、記事タイトルをクリックして記事単独表示させてみましょう。
  • 各マーカーをクリックすると、その地点の現象時刻や月高度などが表示されます。地名のみでデータ記述がない場所は現象が見えません。また「潜入」「出現」の片方が記述なしの場合、月が沈んでいて見えないことを意味します。
  • 惑星の場合は面積があるため、掩蔽は「パッと消える」「パッと出る」ようには見えず、数秒から数十秒程度かかります。(観測地によって変化します。)
  • 予報データはOccult(v.4)による計算です。おおよそですが標高も考慮しています。予報値は概算ですので精密観測には向きません。


参考:
アーカイブ:1.5等星以上の掩蔽

まもなく2017年の衝を迎える土星2017/06/13

カッシーニ探査機による土星
惑星探査機「カッシーニ」がファイナルミッションを迎え、度々話題に上っている土星。今週の6月15日夜に衝を迎え、地球からも見ごろとなります。残念なことに日本は梅雨のまっただ中でなかなか晴れてくれませんが、お天気と時間が許せばぜひご覧になってください。(左画像はNASAニュースからの引用でカッシーニによる土星画像。)

衝とは土星・地球・太陽の順にほぼ一直線となる位置関係のこと。衝効果(→参考記事)によって環が明るく見えるなど面白い現象が期待できます。もちろん天然の天体なので余程の偶然でもない限り完全な直線には並びませんが、それでも今年の衝はかなり“良い線”行ってるんです。

2017年・土星の位相角

(A)

各年の衝付近における土星の位相角変化

(B)
右のAグラフは毎年の衝のたびに作図しているもので、太陽−土星−地球がなす角、つまり「位相角」。6月15日を中心にプラスマイナス40日ぶん、各日の0:00JST計算値を結んでいます。極小値は衝の日の0.1373°。この角度って、20cm進んでも0.5mmのシャープペンシルの芯幅程度しかズレていないような「限りなく直線に近い配置」ということです。(※参考:2016年のグラフはこちら。

衝近くでの位相角極小値は年ごとに変化があります。右のBグラフは2015年から今年まで3回の衝付近で、位相角がどんな変化だったか比較したグラフ。今年の極小値は一昨年の6割ほどしかなく、この3年で「もっとも直線的」であることが分かります。つまり、より強い衝効果が期待できるかも知れない、と言うことを意味するわけです。

そうはいっても、なかなか晴れてくれませんね。その上ここ数年は別の理由で土星の観察がし辛いのです。その理由とは…「高度が低い」こと。6月9日のストロベリームーンの記事で言及しましたが、日本付近で南の空を通過する天体は「最大高度=90度−観察地緯度+天体赤緯」という関係があります。すなわち「一箇所で観察する場合は赤緯が高い(天の北極寄り)ほど高度も高い」ということ。あるいは「赤緯が低く(天の南極寄り)て高度不足の天体を見たければ、南の国にでも引っ越してください」とも言えます。

土星の動きと衝の位置
左はステラナビゲーターで2016年年始から2021年年始までの土星位置を示した星図。各年の年始と衝の日は土星マークを付けました(緑文字が衝)。赤線のうち上向きに湾曲している曲線が赤緯の目盛線です。この線に対して下に離れるほど「赤緯が低い(天の南極寄り)」であることを表します。

星図を一望すると今年や来年は土星の位置が近年で最も低くなり、どんなに優秀な望遠鏡でも低空の大気が像を乱してしまうでしょう。しかも2019年頃まで衝は梅雨の期間…。星図に描いてある通り、日本からの土星高度は2018年10月下旬に最も低くなります。探査機カッシーニは今年の衝から約3ヶ月後にファイナルミッションを終え、土星本体に落下して役目を終える予定です。地上からカッシーニは見えませんが、せめて見ごろの土星を眺めつつエールを送りたいものです。

月と木星の接近を日没前から楽しむ2017/06/04

20170604日の入り前の月と木星
金星に次いで明るい星である木星は、衝をはさんで前後数ヶ月もの期間-2.0等星より明るくなります。この明るさは透明度の良い空なら肉眼で見えるほど。とは言え目標物がないと金星よりはるかに難物なわけですが、近くに月がやって来るチャンスを活かして挑戦できます。

今日の木星は-2.2等。しかも5°ほど離れたところに月があり、昼間探すのには絶好の条件でした。月がある程度高くなる時間は雲が多めだったのですが、日没が近づくに連れて南側が晴れてきました。南中前の月が青空の中で煌々と輝き始めています。

日没30分前。まず小さな3cm双眼鏡で月を見ると、同じ視野に輝く木星はすぐ見つかりました。機材を使えば昼時でも木星は余裕です。次にアタリを付けて肉眼で挑戦。でも薄雲が流れて、なかなか見つかりません。間をおきながら何度か挑戦…やっと日没15分ほど前に裸眼で確認できました。左画像は日没約6分前の撮影です。画像右寄りに木星が写っていますね。ちょうど双眼鏡で見たイメージに近いです。この撮影時、まだ正面にあった隣家の壁に夕日が差していました。

20170604月と木星
暗くなった20時過ぎ。空に淡い雲が流れ始めましたが、月と木星の接近を観察しました。両星の最接近は今朝9時過ぎ(月が昇る前)だったので、今夜の月はだんだん木星から遠ざかっています。

近くにはスピカもいました。また木星の近くには約1ヶ月前の5月8日に掩蔽のあったポリマも輝いていました。ここは月の通り道に当たるため、いまは毎月のようにポリマ掩蔽が起こります。今月は中央アジアからヨーロッパで、そして来月7月頭にはアメリカ付近、更に7月28日に日本で見ることができます。

参考:
アーカイブ:昼間に月と金星が近い日
アーカイブ:天体の接近現象一覧

曇りゆく夕空で接近した月と火星を探す!2017/05/27

20170527月と火星の接近
今日の明け方まで小雨が降っていました。午前中はやや肌寒いくらいの曇り空、昼過ぎからやっと少しずつ日が差してきました。夕方まで雲が残ったものの、日没頃にはかなり晴れ間。そこで、5月26日の記事に書いた「今期最後であろう月と火星の接近」に挑みました。

ところが日が沈んで少し経つと、あっと言う間に雲が増えてきたのです。月さえ見えればカメラの画角から火星位置が把握できるのに、肝心の月が見えるかどうかさえ怪しい…。少しずつ暗くなっていく空で、小さな双眼鏡片手に焦りながら月を探します。19時過ぎになり、ようやく雲越しに月齢1.6の月を見つけました。でも火星がある位置に雲があります。今夕の雲は二層に重なり、なかなか隙間ができず厄介でした。ダメ元でシャッターを押し続け、ある程度雲が少ないコマからやっと火星を発見。このコマの数分後にはもう西空全体が雲に覆われてしまいました。

火星は肉眼では見えなかったけれど、なんとか両天体の接近を写真に収めることができて満足です。火星は7月下旬の合までどんどん低くなってゆくでしょう。次に火星と会えるのは、9月17日明け方の「水星と火星の超接近・離角がたったの4′、ただし超低空」でしょうか。

参考:
アーカイブ:天体の接近現象一覧(惑星ペア・トップ200)
   …2017年9月17日の水星・火星超接近はこのアーカイブのなかで22位という高順位!
火星と海王星が超接近しました(2017/01/01)
   …2017年に3回ある超接近の第一回目