天候悪化寸前に月・火星・天王星の接近を観察2021/01/22

20210121_月・火星・天王星の接近
昨夕から低空が霞み始め、週末に向けて下り坂の天気が始まる気配を見せていました。宵空に浮かぶ上弦の月と火星がきれいに見えるのも今のうち…そう思い、早めに観察開始です。

前夜の20日宵に火星と天王星がいちばん近く見えましたが、昨宵はもう離れ始まっていました。月が近くだったので三天体まとめてパシャッ。左画像には多段階露光で月や惑星、背景の微光星、ごく淡い地球照まで押し込めてみました。敢えてマーカーを入れませんので、天王星を探してみてください。

お月様は毎月のように空を一周しますから、「月・火星」や「月・天王星」のペアが接近する様子は頻繁に見ることができます。でも三天体同時というのはなかなか起こりませんね。火星と天王星の接近はおよそ2年毎に起こりますが、次回は特別に1年半あまり後の2022年8月2日となります。明け方の空で今回より若干近い状態が観察できるでしょう。その10日ほど前、7月22日には下弦過ぎの月も一緒の三天体接近が見えますよ。

20210121_09569月
ちなみに、向こう10年間で火星・天王星の離角が一番小さいのは2026年7月4日15時頃の約0.1°。梅雨時期ですが、晴れれば当日明け方低空に20′角まで接近した両惑星が見えるはずです。

昨宵は月の拡大観察も行いました。雲がわき始めており、かなり慌ただしい撮影です。右画像は18:40頃の撮影で、太陽黄経差は約95.69°、撮影高度は約62.9°、月齢8.19。上弦を迎えたばかりで、もう月面Xや月面LOVEにすっかり日があたっていました。月面グーはちょうどいい感じ。

今年の中では最も小さな上弦とのことで、いつもははみ出してしまう写野内にピッタリ収まりました。シーイングがやや落ち着いている時間だったのでそれなりに細部まで写っています。観察終了後に一息つく間もなく、全天が雲に覆われてしまいました。

暗くなった火星が天王星に接近2021/01/21

20210120火星と天王星の接近
昨夕に火星と天王星が接近を迎えました。天気に恵まれ、眺めることができました。

正確には21日4:40ごろ最接近なのですが天体は沈んでしまい見えません。左は20日21:20過ぎの撮影で、両惑星の離角は1.6°あまり。18日の撮影画像と同一機材、ほぼ同一縮尺ですから比べてみてください。画像の3分の2は同じ星が写っていますよ。今回は露出を倍にしたため、より暗い星まで写っています。

遠い天王星はほとんど動いていませんが、地球のお隣の火星は日毎に動きが肉眼でも分かります。…とは言え、これはあくまで「知っているから」が前提のお話し。まったく知らない状態で気づくことができるかと言われれば、自信がありません。大接近前後以外は火星も目立ちませんからね。

20210121-0000太陽系天体
昨年10月の地球接近時にマイナス2.6等あった火星も、いまや0.2等。木星より明るかったのに、わずか三ヶ月半でベテルギウスと同じくらいまで暗くなりました。

なお2021年1月21日0:00JST現在、日本から見た太陽系の主要天体と月は差し渡しがわずか112°未満の範囲に収まっています(右図参照/Stellariumによるシミュレート)。月以外の天体離角は縮小のほうへ動いており、最終的に冥王星が金星の西へ移る1月28日(なんと105°台!)まで減り続けます。この奥行きを強く意識して空を見ると、新たな視点で物事が見えてくるのではないでしょうか。

今日の太陽2021/01/19

20210119太陽
朝からよく晴れていますが、明け方に強くなってきた風が10時時点で9m/sに達し、昼過ぎもまだ持続しています。東・北日本全体が強風に見舞われていますね。

20210119太陽リム
左は10:45頃の太陽。ついに来てしまいました、太陽がはっきり写せない日々が。モニター画面で光球の縁が大きく波打ってるのが見えます。こんな日は何千フレームをスタックしても、どんなに丁寧に画像処理しても、太陽はぼんやりしたままなのです。しばらくはこんな日々が続くでしょう。

黒点がない活動領域12796と、目立つ黒点がある12797は残っているようですね。右下リムにやや大規模なプロミネンスが展開しています。

20210119-0746UT_SOHO-LASCO-C3
(夜追記)太陽観測衛星SOHOのLASCO-C3カメラ写野に木星が入ってきました。SOHOサイトから7:46UT(16:46JST)画像を右に引用します。2020年暮れに超接近した木星と土星の離角を測る基準となったやぎ座のα星(肉眼二重星)やβ星も一緒に写っています。ついこの前まで西空で実物を見ていたのが嘘のよう…。

それにしても、昨日のSun Grazing Cometsはどこへ行ってしまったのでしょう?

地球に危険をもたらす小惑星アポフィスを観察2021/01/19

20210119小惑星Apophis(99942/2004 MN4)
今日の明け方、小惑星アポフィスを街中から捉えることができました。

2004年6月の発見以降、地球衝突の可能性が度々話題となっているアポフィス(99942/2004 MN4)。小惑星リュウグウの半分程度の直径ながら、リュウグウ同様「潜在的に危険な小惑星(PHA/Potentially Hazardous Asteroid)」に属します。(※衝突の可能性に関しては、wikiGIZMODO・2020年11月/日本語訳記事日本惑星協会・2019年4月/日本語訳記事アストロアーツ・2013年1月記事などを参照のこと。)

この小惑星をいつか撮影したいと思っていましたが、通常は20等以下の暗さ。発見以降アマチュアの小型機材で撮影できるほど明るくなったのは2013年の地球接近時しかありません。(※明るいと言ってもせいぜい16等台。)そんな折、今年春に増光するチャンスが訪れることを知りました。さっそくMPCの軌道要素で自前計算してみると、衝は2月26日16:45JST。この前後に16等前半まで明るくなる見込みです。(※CNEOSによると、地球最接近は3月6日10:15JST、距離は0.11265AU。)今月末の予報光度は18.0等に達するので、気象条件さえ良ければ私の機材でなんとか写し取れるはず。…そう考え、今月下旬から試写準備を始めていました。

冬の関東平野ですから、晴れて乾燥すれば透明度は良いでしょう。いっぽうシーイングは最悪に近く、星が肥大するシーズンでもあります。18日明け方に最初の挑戦をしましたが、透明度もシーイングも悪く、雲の通過もあって全く写りませんでした。今朝はリベンジだったんです。

風があったためベストの天候とは言えませんが、一晩前に比べたら雲泥の差。風に煽られた数コマ以外は一応点像になりました。小惑星の移動に合わせてコンポジットしたのが左上画像です。推定18.4等のため非常に暗いですが、検出できました。今後2月最初の週までは赤緯が下がるため、南中高度はやや不利になります。もっとも満月期ですから元々不向きな期間。その後は北上しながら衝を迎え、見頃になります。狙えそうな方はぜひご覧ください。

20210118火星と天王星の接近
少し時間は遡りますが、昨宵から次第に雲が取れ、気になっていた「火星と天王星の接近」を眺めることができました。ファインダー程度の機材でも確認できます。

右画像は18日21:20過ぎの撮影で、火星と天王星の離角は2°弱。最接近は21日明け方ですが、その時間は沈んでしまうため、20日の晩がベストでしょう。21日の晩は月も近くにやってきます。小型双眼鏡で三天体がいっぺんに見えますよ。