木星と土星を従えた夜明けの月2021/04/07

20210407明け方の東空
昨夕から今朝にかけての空は度々雲に覆われ、落ち着いて観察ができませんでした。ゆっくりと回復傾向にあったので、明け方の月と木星・土星の並びを楽しみに待つことにしました。

暗いうちに近くの広場まで行きましたが、低空は薄雲が流れ、月も朧。それはそれで風情があったので、写真を撮りつつ眺めて楽しみました。南の空から接近してきたハッブル宇宙望遠鏡の軌跡が明るく綺麗に見えたけれど、月や惑星に接近するころには暗くなってしまいました。

一通り眺め終わったので帰ろうと思ったら、白み始めた東天がまた美しく、足が止まってしまいました。消し忘れた電球のようにいつまでも灯る月。思わず再度カメラをセットし直して撮ったのが左画像です。

20210407明け方の月
頭上には淡い天の川と、明るく光るアルタイル。や座やいるか座、こうま座も見えます。月の右上に土星、左に木星。その背後はやぎ座です。昨年12月に夕空で超接近した木星土星の背後にもやぎ座の星々がありましたね。早いもので、ペガスス座の頭部やみずがめ座の三ツ矢マークも昇ってきましたよ。

月齢24.4を迎えた月は虹の入り江が夕方を迎え、コペルニクスやクラヴィウスはほぼ夜でした(右画像)。いまは裏側のオリエンタレ盆地付近が見えない秤動位置ですね。この月は向こう数日でどんどん細くなり、4月12日に新月を迎えます。

今日の太陽2021/04/02

20210402太陽
昨夜はべた曇り。今日未明から少しずつ晴れ間が出てきました。朝からは快晴、午後はやや雲が多くなっています。

20210402太陽リム
左は9:30過ぎの太陽。活動領域12811・12812は右上リムぎりぎりです。黒点は見当たらず。右下リムに明るく小さなプロミネンスがある他、何ヶ所か小さなものが見えてます。

20210402-0432UT_SOHO-LASCO-C3
金星は外合を一週間ほど過ぎました。太陽観測衛星SOHOからLASCO-C2カメラ写野外になったため、より広角のC3カメラのみが捉えています(右画像)。このまま今月25日ごろまで写っているでしょう。写り始めは2月22日頃でしたから、実に二ヶ月間。内惑星と言えど、さすがに外合中の移動はゆっくりですね。

今日の太陽と金星の黄経外合2021/03/26

20210326太陽
明け方は霧でしたが、日が高くなると解消しました。でもちょっと霞が濃いかも…・

20210326太陽リム
左は10:10過ぎの太陽。活動領域12810、12811、12812は健在ですが、12810は間もなくリムに到達しそうです。811・812の黒点は小さいながら頑張ってますね。どこまで持つかな?

午後は一転、曇り空。県中部・北部ではそれなりに雨が降ったとのこと。夕方には快晴に戻りました。

202103260748UT_SOHO-LASCO-C2
右画像は太陽観測衛星SOHOサイトからの引用で、本日16:48JST(26日7:48UT)のLASCO-C2カメラ画像。外合から1時間も経ってない金星が太陽とほぼ縦並びになってますよ。SOHOカメラは概ね黄経方向を左右にしていますから、黄経の合・内合・外合などの現象時は太陽と惑星とが縦に並ぶ様子を見ることができます。

金星の黄経外合は本日15:58ごろ。このあと金星はゆっくり宵空に回ってきますが、今季はあまり高くならないため、低空を這いずったまま夏が終わり冬になって、2022年1月9日 9:48にはもう黄経内合になってしまいます。「今年は低空の金星を探す」という難関に挑戦するのも乙なものですよ。

今日の太陽2021/03/23

20210323太陽
明け方からよく晴れています。気温は氷点下にならなかったものの、2度台まで下がりました。夜半まで雨だったため、当然ものすごい結露に見舞われました。今日は彼岸明け、つまり春分から3日経ちました。雨上がりですが、花粉光環はみえません。

20210323太陽リム
左は9:40過ぎの太陽。モニター画面を見るなり「あれ?黒点が増えてる?」。昨日確認できた新しい活動領域12811を追いかけるように、左側から少し大きめの黒点が出てきたのです。活発な領域が並んでるのは裏側にあるときからSTEREO画像で分かっていましたが、この黒点は予想外でした。午前の時点で採番されていませんが、これは番号が付くでしょう。右端と左上リムに立派なプロミネンスが見えています。

20210322-2224UT-SOHO-LASCO-C2
太陽観測衛星SOHO-LASCO-C2カメラ(写野の狭いほう)に、間もなく外合を迎える金星が写っています。黄道座標系での外合(黄経外合)は3月26日15:58ごろですが、天文年鑑など多くの書籍や天文情報サイトには3月24日7:14という赤道座標系での外合(赤経外合)の時刻が書いてあります。これ、意味合いが変わってしまうのでご注意。(→2015年8月15日記事「金星は内合を過ぎた?過ぎてない?」参照。