夜明けを彩る三惑星2018/12/19

20181219明け方の三惑星
このところ明け方の空を煌々と輝く金星が彩っていますが、低空では水星と木星の競演が始まりました。水星も木星も先月末にはまだ太陽観測衛星SOHOの写野に収まるほどの位置だったわけですが、どんどん西へ移動して太陽から遠ざかり、少し前から明け方に姿を現し始めていたのです。今朝は低空までよく晴れて、左画像のように三惑星を拝むことができました。

三惑星は今後互いに接近をくり返しますが、一番早いところでは3日後の22日、水星と木星とが1°未満まで接近します。左画像の通り超低空の現象ですから、お天気と共に見晴らしの条件が最重要ポイントでしょう。

20181219明け方の三惑星
約1ヶ月後の1月23日には木星と金星が大接近。明るい星のペアなので、前後数日間は素晴らしい眺めが期待できます。始発通勤するような朝が早い社会人の方々ならもう出勤時間だと思いますので、東の空を眺めて一日の活力を得てくださいね。1月2日の金星と月の大接近もお忘れなく。

左画像でどこに何が写っているかは右のマーカー付き画像をどうぞ。もうてんびん座やさそり座が見えていますよ。北東の空にはベガも見えました。

明け方の観察に先立ち、夜半過ぎに月が低くなった頃を見計らってウィルタネン周期彗星(46P)を観察しました。今朝方はペルセウス座にあるカリフォルニア星雲の近くに彗星が差しかかったので、一緒に撮れないか悪戦苦闘しました。星雲は目に見えないしカメラの液晶にも映らないので、星々を頼りに構図を決めなくてはいけません。また月明かりがあるため、撮ってもコントラストが弱すぎてうまく取り出せない恐れもありました。結果は下A画像。強い画像処理をしないと星雲が浮き出なかったためざらついた画像ですが、意外に写っていて驚きました。下B画像はいつもの500mm+APS-C画角です。明け方まで月が残るようになってきたので、今月いっぱいは撮影条件や時間帯を工夫しなくてはいけませんね。

  • 20181219ウィルタネン彗星とカリフォルニア星雲

  • 20181219ウィルタネン彗星



参考:
ウィルタネン周期彗星(46P)に関係する記事(ブログ内)

うつろう宵の空模様2018/12/09

20181209幻日
今日も曇りがちな一日でしたが、ときおり太陽が顔をのぞかせています。(太陽面観察できるほどではありませんでした。)周囲には久しぶりに見る彩雲がいっぱい。寒気が日本へ入ってきたので、上空が冷えている証拠ですね。

夕方に天気チェックのためベランダへ出ると、ヒンヤリした空気のなかに傾いた太陽と淡い幻日が見えました(左画像)。彩雲も相変わらず出ています(右下画像)。

20181209彩雲
上空に目を凝らすと、ごく淡い環天頂アークも見えました。何枚か写真を撮ったのですが、淡すぎてうまく虹色を取り出すことができませんでした。もう少し早い時間に見えていたなら、はっきりしたアークだったかも知れません。惜しいことをしました。

20181209月と土星
今夕は日没後に月と土星が大接近してるはずなので低空の雲行きが気になっていましたが、幸運にもだんだん雲は無くなってくれて、かなり透明度の良い空になりました。日没頃にはもう月齢2の細い月が見え始め、ほどなく土星も見えてきました。

右画像は17時過ぎに180mm+APS-Cで撮影し、半分ほどにトリミングしたものです。土星は原画上できちんと楕円になっていました。低空の電線などが画面に入るくらい低かったけれど、こんな素晴らしい眺めに出逢えて本当に幸せです。

またしても雲間からの星々観察2018/12/09

20181208火星と海王星の接近
昨日から今朝にかけても、晴れ間が少しあるものの雲が多い昼夜となりました。夕空に見えるはずのマックホルツ・藤川・岩本彗星(C/2018V1)を見ようと毎日のようにスタンバイしてますが、曇り画像しか得られません。昨夕も「何でそこだけ雲があるの!?」という状態で悔しい思いでした。

仕方が無いのでそのまま望遠鏡を南天に振って、火星とすぐ側にいる海王星を写しました(右画像/撮影時の離角は約31′=満月視直径くらい)。両惑星は前日7日に2.14′まで超接近し、望遠鏡×高倍率でもひとつの視野に一緒に見えるほど…のはず…でしたが、当地ではやはり雲に阻まれました。

ちなみに当サイトのアーカイブ「天体の接近現象一覧(惑星ペア・トップ200)」によれば、2015-2064年の50年間では15位という滅多に無い近さです。2017年1月1日にも火星と海王星の超接近があり、正月早々の素晴らしい光景に目がとろける思いでした。今回は残念ですが、2019年にもいくつか超接近があるので、楽しみに待つとしましょう。

20181208ウィルタネン周期彗星(46P)
少し経つとやや晴れ間が増える気がしたため、また曇らないうちにウィルタネン周期彗星(46P)に挑戦。…と思う側からまた雲が。1日前と同じ状況でした。それでも辛抱強く待っていると雲がかからない時間がわずかにあり、約7分間だけ撮影できたのが左画像です。昨日より雲の影響が少なく、従って光害の影響も少ないため、写りが格段に良くなりました。

20181208ウィルタネン周期彗星(46P)
昨日と同様に白黒反転させてみると(右画像)、どこまでがコマでどこまでが背景の濃淡なのか分からないほど広がっていますね。街中でこれだけ写りますから、良好な空では「満月の2倍」という観測も納得できます。12月に入った関東でこれだけ天気に焦らされるのも珍しいですが、明け方の気温が氷点近くまで下がってきたので、いよいよカラッとした天候がやって来るかも知れません。良い空で彗星たちを眺めたいものです。

参考:
ウィルタネン周期彗星(46P)に関係する記事(ブログ内)

今日の太陽2018/11/30

20181130太陽
朝からよく晴れています。少しだけ冷たい風が吹きますが、まずまずの穏やかな天気でしょう。

左は10時頃の太陽。活動領域はないと思っていたのですが、昨夜の間に右端近くに活動領域12728の採番がされていました。

20181130太陽リム
SDOなどの画像で明るく見えていた部分のようです。今までも小さな黒点が確認できていたのですがなかなか番号が付きませんでした。左画像ではよく分かりません。左下リムのプロミネンスは見えなくなりましたが、左上は健在でした。昨日ほどではありませんが、まだ大きいですね。

20181130-0018LASCO-C3
太陽観測衛星SOHOのLASCO-C3カメラ画像を見ると、26日に合を迎えた木星、27日に内合を迎えた水星が揃ってさそり座頭部に輝いていました。右に引用の上、ステラナビゲーターのさそり座イラストなどを描き加えました。

木星と水星は次第に太陽の右側(西側)へ離れてゆきますので、少し経つと明け方の空に顔を出すでしょう。この二星は12月22日明け方、南東の超低空で離角0.8°まで大接近します。更に1ヶ月後の2019年1月22日・23日には木星と金星が約2.5°まで接近し、ゴージャズな夜明けを演出します。晴れたらぜひご覧になってください。