穏やかな夜に彗星観察2017/11/21

20171121パンスターズ彗星(C/2016 R2)
昨夜から今朝にかけて穏やかに晴れ、落ち着いて彗星観察ができました。少し透明度は落ちていましたが、特に夜半以降は雲が全くありませんでした。

まず、19日に妙な色で写ったパンスターズ彗星(C/2016 R2)に望遠鏡を向けました。機材類は一緒ですが、露出を倍に伸ばしました。前回ほど青白くはないものの、色彩強調するとやはり青成分が多いですね。うむむ、もう少し明るくならないかなぁ…。

20171121アサシン彗星(C/2017O1)
お次は北極星に6.5°まで接近したアサシン彗星(C/2017O1)。こちらはいつもの通り(?)エメラルドグリーンのコマがまだしっかり広がっています。なかなか息の長い彗星ですね。

我が家からの北天は住宅や街灯の直接光もあって光害カブリが特に多いのですが、明け方近くに撮ると多少マシになります。北極近くだと何時に撮っても高度も方位もあまり変化がないので、いちばん光害が少ない時間にすることができるのです。

20171121紫金山彗星(62P)
ラストは紫金山彗星(62P)。今回はしし座の後ろ足にある三連銀河と一緒に撮影しました。ここ数日は銀河の3°くらい南側を通過中で一緒に撮りたかったのですが、天気が思うように行きませんでした。やっと撮れて大満足。

左画像は右方向が北になります。銀河は画像右側、そして彗星は画像左側で緑色に光っていますね。他にも小さな銀河がたくさん写っていますよ。この撮影だけ上のふたつと機材が違い、より広範囲を撮影しています。左上の輝星はιLeo。撮影終了時点で天文薄明開始となりました。

それにしても三つも彗星を撮ると、下処理だけでたっぷり4、5時間はかかります。撮り終えてすぐ処理を始めたとしても、ある程度仕上がった像を目にするのは昼頃になってしまいますね。途中の調整も必要だから全自動で処理することも不可能。天体撮影というものは実に手間暇かかり、根気が要るものですね…。

やっとはっきり写ったハインゼ彗星2017/11/20

20171120ハインゼ彗星(C/2017 T1)
昨夜も雲が多く、星の観察向きではありませんでした。でも夜半から2時間ほどの晴れ間があり、ハインゼ彗星(C/2017 T1)の再々撮影をすることができました。

前夜の撮影では恒星に重なってしまいましたが、今夜は近くに恒星が無いことを確認の上で撮影に臨みました。風もなく、おかげでやっとしっかりした像として写すことができました。これなら白黒反転しなくても見えますね。ただ、60分露出を目指したのにラスト12分は雲がかかってしまいました。画像は彗星位置基準コンポジット、上方向が天の北方向、約48分の露出、上下画角は約0.7°、彗星光度は約16.5等です。

ハインゼ彗星のいるうみへび座にはたくさんの銀河があり、中でもNGC3312などのある「うみへび座銀河団」が有名です。今回の写野にも複数の銀河がまとまっているエリアにかかっていました。むこう数日間かけてこの銀河達の中を横切っていきます。

機材を片付ける際にとても寒く感じたので気温を測るとマイナス1.5度!今季初めての零下だと思います。

妙な色の尾を伸ばすパンスターズ彗星2017/11/19

20171119_パンスターズ彗星(C/2016 R2)
昨日は朝から小雨模様で、夕方近くまで降っていました。日付が今日に変わって2時間ほど経つと雲が取れてきたため、明け方に撮れそうな彗星を撮影しました。

まずオリオン座の一角に輝くパンスターズ彗星(C/2016 R2)。この彗星は12月から1月にかけて11等台を保ち、当面楽しめそうな天体です。今回が初撮影ですが、画像を仕上げてビックリ。尾が青白いのです。別に特殊にフィルターを使ったわけでもないし、特殊な画像処理をしたわけでもないのに…。この独特の青みは何だろう???

かなり広がってるのでダストテイルに見えますが、ダストでこんな色にはなりません。実はイオンテイルのみが発達している?うーん、しばらく様子を見てみましょう。

20171119_ハインゼ彗星(C/2017 T1)
お次はハインゼ彗星(or ハインズ彗星/C/2017 T1)。三日前の撮影のときに暗すぎて写りが悪かったたため、露出を倍にして恒星と分離させようと試みました。

ところがなんと近くの恒星像に重なってしまい大失敗。辛うじて核が見えていますが、尾はダメ…。まぁ「彗星撮影あるあるネタ」なんですけどね。めげずに、また次の機会にトライしましょう。ここまでやって、もう薄明開始となってしまいました。せめてあと30分早く晴れてくれたらもうひとつくらい彗星撮れたのに…。

いずれの画像も彗星位置基準コンポジット、上方向が天の北方向、上下画角は約0.7°です。明け方は時折4m/sを越す風が吹き、像が甘くなっています。

明け方に観察できた暗い天体たち2017/11/16

20171116小惑星ファエトン(3200)
昨夕から雲が出て、夜半過ぎまで曇ってしまいました。でも1時過ぎ頃からゆっくり雲が引き始めたので、いくつかの天体を観察しました。月明かりの影響が無くなるこの時期を狙って撮影したかった暗い天体です。

まずはふたご座からぎょしゃ座へ移動している小惑星ファエトン(左画像、▲印の恒星状天体)。現在15等程度です。この天体は小惑星の分類ながら、ときおり彗星活動も確認されてきた天体で、彗星の成れの果てと考えられています。

毎年12月中旬に見ることができる「ふたご座流星群」の母天体としても有名で、今年の流星群に合わせるように10等級まで増光する見込みです。また最大級の地球接近小惑星のひとつでもあり、今回は12月17日8時JSTごろに約1030万kmまで地球へ近づきます。

20171116ハインゼ彗星(C/2017 T1)
次は期待の新彗星であるハインゼ彗星(C/2017 T1)。番号の通り、今年の10月に発見されたばかりです。現在は16等程度。少し前から何度か挑戦していたのですが、やっと写りました。暗すぎてはっきりしないので、右画像は白黒反転してあります。画像中ほどの▲印の天体が彗星です。他の観測者からの報告にもありますが、西向き(画像右方向)に小さな尾が見えているようです。画像右上の輝星はうみへび座14番星(HIP43305)。

ハインゼ彗星は現在明け方に見えるうみへび座にひっそり輝いていますが、年末から来年1月にかけて天の北極に近づきながら9等台になる予想で、これまた楽しみな彗星ですね。(※記事下に星図があります。)

20171116紫金山彗星(62P)
ラストはしし座と一緒にだいぶ高く昇るようになった紫金山彗星(62P)。10等級程度です。これはもう今が最盛期で、12月に入ったら暗くなり始めるでしょう。緑色のコマが美しく広がっています。尾は見えないようです。なおこれらの画像はいずれも彗星位置基準コンポジット、上方向が天の北方向、約32分の露出、上下画角は約0.7°です。

明け方には細くなった月がスピカや火星と共に東の空を飾っていました。もうアルクトゥルスが薄明の中で高くなり始めていますよ。

【おまけ】
ステラナビゲーターによるハインゼ彗星の星図を掲載しておきます。ファインディングの目安にご利用ください。

  • ハインゼ彗星(C/2017 T1)星図1

    ハインゼ彗星・2017年11月から12月中旬
  • ハインゼ彗星(C/2017 T1)星図2

    ハインゼ彗星・2017年12月下旬
  • ハインゼ彗星(C/2017 T1)星図3

    ハインゼ彗星・年末年始



  • ハインゼ彗星(C/2017 T1)星図4

    ハインゼ彗星・2018年1月上旬
  • ハインゼ彗星(C/2017 T1)星図5

    ハインゼ彗星・2018年1月中下旬