アトラス彗星が明るい2020/10/19

20201019_C/2020 M3アトラス彗星
昨宵から今朝にかけ、久々に晴れてくれました。時折通過する浮浪雲はあるものの、ひと通りの観察ができそうです。夜半前は火星、夜半過ぎから彗星と決めて準備しました。

まず彗星からご紹介。ネオワイズ彗星(C/2020 F3)が去ったあと彗星の話題がぱったり途切れたようですが、実は南天から徐々にアトラス彗星(C/2020 M3)が頭角を現していたのです。我が家から隣家に隠れて南の低空が見えない、そもそも天気が良くない、ということでしばらくお預けを食らってましたが、ようやく望遠鏡を向けることができました(左画像)。

既に8等台中盤で、とにかくコマが大きい!光害地で、しかも高度30°もない空なのに視直径15′角近く確認できます。西に伸びる短い尾も分かりますね。最盛期の11月上旬にはオリオン大星雲に3°近くまで接近するので、映える光景がもっと条件良く楽しめることでしょう。

20201019_C/2020 S3エラスムス彗星
お次は、これも最近急増光中のエラスムス彗星(C/2020 S3)。9月17日に発見されたばかりですが、明け方で高度を下げつつ光度を上げています。現在は10等を下回るものの、12月には6等台になる予報も出ているようです。ただし日本からはせいぜい11月中旬までで、それ以降は南東の地平へ消えてしまうのが惜しい…。

我が家からは電線群の中なので撮影に難儀しました。何度か写野を電線の影が横切りましたが構わずコンポジットしています。前述のアトラス彗星と違って日々高度が下がる一方なので、1日でも早い観察が吉ですね。

さて、19日に日付が変わる前に観察した火星。21時台には大シルチスが見えるアングルなので早めに望遠鏡を向けたものの、シーイングがひどすぎてがっかり。でも時間が経つほど落ち着いてきました。と言っても「中の下」くらいです。

22:10ごろと23:45ごろに撮影したものを下に載せました。併せて対応する火星図も掲載しておきます。大シルチスは22時の画像で右側に見えていますが、23時にはもうリムぎりぎりになってしまいました。代わって子午線湾が中央近くにやってきましたね。北極側の雲が均等ではなく、アギダリア平原側に偏っているのが分かります。

もう少し経てば中央経度0°なので撮影を続けようかとも思いましたが、天気は下り気味。夜時間が長くなったものの悠長にもしてられませんので、このあとは彗星撮影に切り替えた次第。案の定薄明時にはもう曇り始めました。気温は今期初くらいの一桁(7度台)と冷えこんでます。貴重な晴れ間に色々観察できて本当にラッキーでした。

  • 20201018火星1

    2020年10月18日 22:10
  • 20201018火星2

    2020年10月18日 23:45


  • 20201018_2210火星図

    2020年10月18日 22:10
  • 20201018_2345火星図

    2020年10月18日 23:45


かつて尾を伸ばしていた小惑星Gaultは今…2020/08/28

小惑星Gault(6478/1988 JC1)
昨夕は比較的透明度の良い空。日中に酷く疲れていたこともあって月没まで仮眠し、月明かりの影響が少ない時間帯に暗い天体の観察をしようと考えていました。ところが夜半をすぎる頃からビミョーな雲行き…。

ひとまず真夜中から望遠鏡を向けたのは小惑星Gault(6478/1988 JC1)。覚えていらっしゃるでしょうか、2019年始めから春頃にかけて「長い尾を伸ばす小惑星」として話題になりました。この小惑星、ちょうどいま増光しているのです。去年話題になった頃より明るくなっているので、現在の様子を確かめようと思ったのでした。

撮影画像は左上の通り。一般的な小惑星のように点像でした。反転したりコントラストを上げたり、散々画像処理してみても尾らしい光は見当たりません。またそのうち何かがぶつかって尾を伸ばすことを期待しましょう。ま、Gaultに限らず小惑星はたくさんありますからね。

ところで、この撮影中から局所的な雨雲が点在し始めました。予定の半分も撮影できずに雲がやってきて終了。まだ雨は降りそうもなかったので雲を使ってフラット撮影。ところが何枚か撮ったところでポツポツ降り始めてしまいました。こういう浅い雨をやり過ごす用に大きめの自転車カバーを用意してあるので、急いで覆いました。

読み通り雨雲は20分程で去ったのですが…なんと、満天の星空が戻ったのにまだ雨が続いています。大雑把に言うと、小さい雨粒(地面や樹木の葉にあたっても音が聞こえない程度)は毎秒約5mの落下速度ですから、上空500mの雨雲からまっすぐ落ちるなら1分半以上、水平に流れたり巻き上げられたりしてたら数分はかかると考えられます。完全に雨が途切れて望遠鏡のカバーを外すまで10分以上待たされました。どんな落下コースだったのでしょうか?満天の星を見ながら顔が洗えるくらい濡れることになろうとは…。山で星見のおりに風向きの関係で星空に雪が舞った体験はありますが、今回のような雨は初めてでした。

20200828火星
そのあとフラット撮り増しを行いましたが、どうにも達成感がありません。せっかくなので、次の大きな雨雲が来るまでの30分間、火星に望遠鏡を向けました(右画像)。雨が降るまでシーイングが良かったのに、その後大気が揺らめきだしてしまったのは残念ですが、ひとまず小さな極冠のきらめきを眺めることができました。

既に昇っていた金星やオリオンなどもよく見えました。冬ほどではないにしろ、透明度だけは明け方まで良かったようです。

旧暦七夕夜を楽しむ2020/08/26

20200825_08592月
昨夜は旧暦七夕(伝統的七夕)でした。透明度は前夜からやや落ちたものの、雲がほとんど無い宵空。七夕伝説を飾る星々はもちろんのこと、上弦前の月や木星、土星など一気に楽しむことができました。

久しぶりにネオワイズ彗星(C/2020 F3)を撮ろうと準備、暗くなる前に慣らし運転として南空の尽きを撮影しました(左画像)。高度30°を割り込んでいたのでそれなりにシーイングが悪いですが、よく晴れた宵の月というだけで三割増しに美しく見えるもの。秤動は向かって右(月面東側)が正面を向く方向ですから、東側のリム沿いに並ぶ海がよく見えます。

月面Xデーは26日なので、まだX地形には太陽光が当たっていません。その代わりテオフィルス・クレーターの「月面グー」がよく見えていますよ。肉眼では分かりづらいけれど、左画像のようにミネラルムーン色調にすると「静かの海」の斑色模様もしっかり確認できますね。

20200825ネオワイズ彗星(C/2020 F3)
さてネオワイズ彗星ですが、日没後の位置はだいぶ低くなっており、とりわけ西側に多くの住宅地を抱えた我が家からの撮影はそろそろ限界。今回も天文薄暮終了前から苦労して導入したのに、撮影可能時間は1時間もなく、途中で障害物に重なるなど困難な道程でした。宵はまだ光害が強く残るという弊害もありますね。

いちおう撮れたのですが(右画像)、尾を意識して頭部を右シフトした割にはほとんど写っていません。9時方向から10時方向にかけてごく淡いダストの尾が認められますがイオンテイルは全く写りませんでした。空の良いところではまだ見えるのでしょうか?まだまだ明るい彗星ですから、最後にもう一回くらい抜群の条件で撮ってみたいものです。

面白い形のシュヴァスマン・ヴァハマン第1彗星2020/08/21

20200821シュヴァスマン・ヴァハマン第1彗星(29P)
彗星観測者が集う「星の広場」サイトなどで「シュヴァスマン・ヴァハマン第1彗星(29P)が面白い形になってる」と知って写したいと思っていたのですが、昨夜から今朝にかけて良い晴れ間があったので撮ってみました。

彗星番号で分かる通り、シュヴァスマン・ヴァハマン第1彗星は周期彗星です。公転周期は約14.7年ですが、近日点距離(約5.724AU)と遠日点距離(約6.253AU)の差があまり無く、離心率0.0442ですから、木星の外側を円に近い軌道で回る彗星ということになるでしょう。時折アウトバーストを起こして明るくなるため、一年中見張っていても楽しい彗星です。直近のバーストは7月末頃でした。

左は本日21日1時過ぎからの撮影で、彗星基準コンポジットです。中央の長細い恒星(彗星移動で流れている)のすぐ右に、淡い光芒に包まれた点像が見えますね。ここが彗星核。光芒はコマではなく「尾」なのですが、左下(南東)に偏った半月状に見えます。どう見ても点対称や一方方向にスラリと伸びた尾じゃありませんね。

シュヴァスマン・ヴァハマン第1彗星がこのような姿を見せるのは今回が初めてではなく、これまで何度と無く起こっています。地球から遠いために尾が視線に対して奥方向へ向かうため、このように偏って見えてしまうのでしょう。ちょうど竹箒を柄の方向から見てる感じです。観察可能な方はぜひ明るいうちにご覧ください。なお画像右上から差し込む奇妙な光はおひつじ座41番星(3.6等)の迷光です。私の光学系では写野外至近にある肉眼等級の恒星がこのような悪さをしてしまいます。彗星に重ならなくてよかった…。