三重の中村さんがとも座に突発天体発見2021/04/11

20210410_TCP J08144930-2215000
4月9日21時前、三重県の中村祐二さんがとも座に14.5等の突発天体を発見したとのこと。カウントが間違ってなければ中村さんの新天体発見は今年に入って5個目となります。勢いが止まりませんね。

昨宵は薄雲が出ていたものの何とか確認撮影ができそうだったため、明るいうちから準備。ひとつ気がかりだったのは南に低い位置なので、狭い庭のどこで撮ったら建物に隠されず露出を最大にできるかということでした。宵の時間帯は付近の住人や車両の出入りが激しく、街中撮影はひどく神経を使うのです。

とも座と聞いたら反射神経的に「南半球向けの星座じゃん!」と尻込みしてしまう私ですが、不幸中の幸い(?)で、今回の突発天体は4月8日にやっと撮影できたおおいぬ座の突発天体よりも南緯が少しだけ高かったのに救われました。低空の薄雲+光害でだいぶ被ってしまいましたが、1時間あまりの露出でどうにか写ってくれました(左上画像)。周囲の星々と比べ、若干暗くなったかなという印象ですが、誤差の範囲かもしれません。これもおおいぬ座の突発天体同様に青白い色をしていました。

明け方に向かって次第に天気が良くなり、南中を過ぎていたNGC3147の超新星「SN2021hpr」を引き続き撮影できました(下A画像)。星仲間の(の)さんから「とても明るくなってる」と教えて頂いてたからです。いざ撮影すると本当にびっくりするくらい明るい!ほぼ同じ条件で撮影した4月3日撮影画像と比べてみてください。(の)さんによると現在14.9等とのこと。発見光度17.7等から大躍進です。

少し休憩してから、明け方ようやく高度が出てきて庭から撮影が可能になったアトラス彗星(C/2020 R4)にも望遠鏡を向けました(下B画像)。現時点で日本から見える一番明るい彗星で、8等前後をキープしているようです。ずっと低かったため、私はこれが初撮影。エメラルドグリーンのコマがよく広がっており、西南西に向かって短い尾も見えます。想像以上の立派さに驚かされました。かなり移動が速く、もう少しひとこま当たりの露光を抑えないと彗星がブレてしまうことも分かりました。

計算上の光度ピークはおおよそ10日後で、未明に南中を迎えるヘルクレス座の中という最高の条件。天気さえ良ければしばらく追いかけてみようと思います。

  • 20210410_SN2021hpr in NGC3147

    A.SN2021hpr in NGC3147
  • 20210411_アトラス彗星(C/2020 R4)

    B.アトラス彗星(C/2020 R4)


ネオワイズ彗星がバラ星雲に接近2021/02/10

20210209ネオワイズ彗星(C/2021 A2)
昨夜はネオワイズ彗星(C/2021 A2)がバラ星雲に接近する日。ただ、ネオワイズ彗星が思っていたほど明るくないことや移動が速くて写しづらいこともあって躊躇しました。ですがせっかく晴れているので機材をセット。やらないで後悔よりやって後悔(?)したほうがいいと、気楽に撮影しました(左画像)。

やはり街中からでは彗星が淡すぎ、核がようやく分かる程度でしたが、兎にも角にもツーショットをカメラに収めることができました。宵の時間から急激に気温が低下、撮影した21時台にはもう氷点下でした。

この他、夜半から今日明け方にかけて幾つかの銀河を撮影。90分未満という短時間露出のため光のノリが悪く、ゴリゴリに強調すると荒れてしまいます。ですので、控えめの画像処理にしてあります。

下Aは星仲間の(の)さんから「超新星候補天体が発見されたらしいけど写らなかった」と教えてもらったNGC4041。報告位置に17.5等より明るい天体はありませんでした。下Bはセイファート銀河(活動銀河)のひとつであるNGC4151。中心に超大質量ブラックホールを有すると言われます。街中の簡易撮影ではこの程度ですが、暗い空でしっかり写すと倍以上の大きな腕が巻き付いていることが分かるでしょう。

下Cは「THE BOX」と愛称がついた4つの銀河、NGC4169・NGC4170・NGC4174・NGC4175です。ヒクソン・コンパクト・グループの番号は61(HCG61)。すぐ左側にはAbell1495という銀河密集域が見えます。下Dは相互作用銀河で知られるNGC5560・NGC5566。腕が不自然に引き伸ばされていますね。遠方の銀河は多様で、ほんとうに何回見ても面白い。

  • 20210209_NGC4041

    A.NGC4041
  • 20210210_NGC4151

    B.NGC4151


  • 20210209_THE BOX

    C.THE BOX
  • 20210210_NGC5566

    D.NGC5566


近傍銀河の不思議な天体2021/02/04

20210204_AT2021biy
系外銀河の中でも比較的私達に近いもの…Mpc(メガパーセク=約3.26×106光年)換算でたかだか一桁台程度の銀河に、立て続けに超新星候補天体が発見されたということを、星仲間の(の)さんが教えてくれました。そのうちのひとつ、「Whale Galaxy」ことNGC4631に出現したAT2021biyが撮影しやすかったので、今朝方挑戦してみました。

昨夕から今朝までは割と頻繁に雲が飛来し、撮影していても度々中断を余儀なくされる落ち着かない空模様でした。断片的ながらようやく画質が保てる程度の露出を済ませ、仕上げたのが左画像。17等近くまで増光している対象天体がしっかり写っています。色補正が十分ではないけれど、極端に赤いとか青いと言った特徴はなさそう。

(の)さんによるとこの星の正体はまだ分からないそうで、スペクトル分析ではLRN(高輝度赤色新星)の一面もあるし、LBV(青色超巨星)の可能性も否定できないとのこと(→ATel#14360参照)。どっちつかずですなぁ。研究者のみなさんは興味津々でしょう。我々の銀河までの近さからすると一般的な超新星としては暗すぎます。今後の増減光が気になりますね。

20210203ネオワイズ彗星(C/2021 A2)
夜半前にはネオワイズ彗星(C/2021 A2)にも挑戦。1月末に初撮影したとき移動が速すぎたためもう少し小刻みに撮影しようと思っていたのに、慌てていたのか倍の設定にしたまま撮っていました。気がついたときはもう遅く、撮影し直す余裕もありません。そのまま仕上げ、右に掲載しておきます。彗星、のびちゃってますね。

なんとなく北東側(左上側)に光の偏りが感じられます。尾?が伸びてるのでしょうか?暗くならないうちに再々挑戦しましょう…。

明るくなったネオワイズ彗星が地球最接近2021/02/01

20210131_ネオワイズ彗星(C/2021 A2)
今年1月3日に発見されたネオワイズ彗星(C/2021 A2)が急速に明るくなり、11等前後で見頃を迎えています。日本から好条件で観察可能です。

昨日昼間は強かった風も夕方にやんできました。宵はよく晴れていたため、夜半前に彗星が南中を過ぎる頃狙ってみようと準備。増光していることは知ってましたが、実は今回が初撮りです。南天からやってきたためずっと低く、街中の我が家からは南側の建物に隠されていたのです。1月20日過ぎに太陽接近、2月頭に地球接近を迎え、急速に北上してチャンスが訪れた次第。

ネオワイズ彗星は現在おおいぬ座の東隣、とも座にいます。冬の天の川に沿って移動しており、導入してみたら背景の微光星がとても多くてびっくりしました。モニター上では南天の光害と月明かりのため広がりが分かりませんでしたが、核は見えました。計算上では2月3日13:20JSTごろ地球に最接近。従って昨夜も移動が速く(撮影時は8.5分角/時)、露出をかなり切り詰めても彗星位置基準コンポジットでは恒星が点線になってしまいました…(左上画像)。しかも露光予定の2/3ほどで雲に覆われてしまい、その後は皆曇。一晩晴れると思ってたのでショック。でもできるだけ丁寧に処理したら、淡いコマの広がりが確認できました。

ネオワイズ彗星は2月2日10時JSTごろ散開星団M47のど真ん中を足早に横切り、おおいぬ座を一瞬通っていっかくじゅう座に入ります。(※M47通過は昼間ですから、残念ながら日本では見えません。)次第に暗くなりつつも、9日・10日夜にはバラ星雲やクリスマスツリー星団の領域に、また15日夜にはモンキー星雲に接近し、花を添えるでしょう。月明かりの影響も少なく絶好の機会。ぜひご覧ください。

天文に詳しい方には周知の事実かと思いますが、2020年に世間を騒がせたネオワイズ彗星(C/2020 F3)とは別物です。どちらも同じ赤外線観測衛星NEOWISEによって発見されたため同じ名称になります。ネオワイズ彗星、パンスターズ彗星、アトラス彗星などは夜空のあちこちに複数同時存在しますから、確実に区別するために仮符号(この様な表記→「C/2021 A2」)を確認したり、併記するようにしましょう。