周極するラブジョイ彗星2015/05/14

20150514ラブジョイ彗星の日周
今年1月から2月にかけて肉眼彗星となり話題になったラブジョイ彗星(C/2014Q2)。さすがに暗くなりましたが、現在でも8等星前後を保ち、日本で見える彗星ではトップの座をキープ中。

そのラブジョイ彗星が北極星や天の北極に大接近しつつあります。今月28日頃がいちばん近く、約1度の所をゆっくり通り過ぎてゆくのです。すでにかなり近づいていますので、「日周運動」が撮れないかやってみました。昨年の12月18日12月19日12月23日12月27日などで日周撮影に使った「比較明合成」の手法を今回も使います。

20150514ラブジョイ彗星の日周
85mm+APS-C一眼の固定撮影で、夜明け前1:30-2:30の北天を合成したものが左上の画像です。1時間という切り詰めた時間でも、さすがに恒星が重なりまくって彗星がどこなのか分かりませんね。そこで中央付近をトリミングし、さらに色彩を思い切り強調してみました(右画像)。こうすると、淡い緑色をした彗星の軌跡が浮き出てきます。

ちなみに天頂から南天側は薄雲が広がっていてヒヤヒヤしました。春は天候不順でなかなか落ち着いて撮れませんが、さらに北極に近づいたラブジョイ彗星をまた狙いたいと思います。

参考:
ラブジョイ彗星(C/2014Q2)に関係する記事(ブログ内)

今日の太陽2015/05/14

20150514太陽
夜明け前から空全体に薄雲がかかっています。日が昇ってからも変わりません。ときおり思い出したように強めの風が吹きます。左は9時頃の太陽。薄雲越しの撮影です。

左側の大きなプロミネンスは少し光球面に入り込んでいます。その少し下の縁からも大きめのプロミネンスが出てきたようです。いっぽう右に寄ってきた活動領域12339+12345は何やら複雑な内部の模様を見せていますね。全体的に細かな黒点が目立ちます。

20150514太陽リム
(補記)しばらくして気付いたのですが、右上縁あたりに煙っぽいプロミネンス(?)が立ち上っていました。あまりに淡くて見逃していましたが何でしょうね?昨日画像も同様に処理したら、低い位置で盛り上がり始めているのが確認できました。

くっきりしたハロ2015/05/14

20150514ハロ
暑い一日です。関東では真夏日(最高気温30度越え)が各地で観測されたそうですが、私の街近くのアメダスポイントも13:00に27.3度で夏日(最高気温25度越え)でした。風速もかなりあって15:00に6.9m/s(この時点で本日の県内最速値)を記録しています。茨城県全体ではなぜか県北のほうが暑く、30度を越えたところも。まだ5月中旬なんですけれど…。このぶんだと7月には50度ですか(笑)

左上は15時過ぎに見えた内暈です。こんなはっきりしたものは久しぶり。内暈ではあるけれど下半分がほとんど見えず、上部が特に明るいので「外接ハロ」がくっついて上側が強調されたようなものかなと思いました。
20150514ハロ上部拡大
右はこのハロ上部を拡大撮影し、コントラスト強調したもの。外接ハロと内暈は上部でくっつき、左右にいくと離れるので見分けられますが、この画像だけでは何とも微妙…。その他の現象は16時現在まで認められませんでした。16時頃にはもうかなり雲が厚くなっていました。

(追記)18時前に確認したら、太陽右側の幻日がうっすら見えました。下画像左は太陽と幻日(矢印のところ)、下画像右は幻日部分の拡大撮影です。太陽左は雲が濃くて何も見えませんでした。

  • 20150514幻日
  • 20150514幻日拡大