降下したはやぶさ2がとらえた衝効果2018/09/21

201809210409UT_はやぶさ2の衝効果
本日21日午後、小惑星探査機「はやぶさ2」が、小型探査ロボット「ミネルバ」を分離・降下させることに成功したようです。ロボットたちの状態や今後の探査データはこれからですが、初代はやぶさでの失敗経験を糧に、うまく進めて欲しいですね。

探査ロボを降下させる際にはやぶさ2自身もギリギリまで小惑星リュウグウまで降下しました。最接近高度は55m(13:06/探査機時刻)とのこと。太陽電池パネルを広げると差し渡し6mにもなる探査機が、地球の20階建てビルくらいまで降りている姿を想像するだけで愉快になります。

さて、この降下前後に撮影されたリュウグウ表面にはやぶさ2本体の影が写っていました(左画像/JAXAサイトから引用)。これを見て主役たる探査機の影には目もくれず、「衝効果だ!」とすぐ分かっちゃった方はかなり重症(褒め言葉)です。(…ちなみに私も…。)影の周囲がスボットライトを浴びたかのように明るくなる衝効果(Opposition Effect)。単純な反射を考えただけでは説明が付かないこの現象は気象光学などの分野でお馴染みですが、宇宙空間でも確認できます。以前、2015年5月19日の記事では土星の衝効果や関連話を掲載しました。

初代はやぶさの衝効果
初代はやぶさの見た小惑星イトカワ表面の衝効果画像も残っています(右画像/JAXA資料から引用)。影の形がそっくりなのが印象的ですね。この他、宇宙で撮影された衝効果は幾つもありますが、NASAのライブラリから何枚か引用して下に掲載しました。

光源(太陽)−被写体−撮影カメラが作る角度(位相角)が限りなくゼロに近くなると、衝効果が強く現れます。いずれの画像も撮影したカメラの真後ろに太陽があるのです。衝効果の真ん中に必ずカメラの影があるはずですが、対象が遠い場合は影が小さすぎて見えません。地上の風景でも見ることができる場合があるので、ぜひ探してみてください。

  • 19681224アポロ8号の捉えた衝効果

    A.アポロ8号ミッションでの衝効果
    (中央左下がやや明るい)
  • 19721210アポロ17号衝効果

    B.アポロ17号ミッションでの衝効果
    (撮影者の頭周囲=カメラ位置周囲が明るい)


  • 20160626探査機カッシーニによる衝効果

    C.探査機カッシーニによる衝効果
    (画像中央・土星の環の一部が明るい)
  • 20060821探査機カッシーニによる衝効果

    D.探査機カッシーニによる衝効果
    (画像中央・土星の環の一部が明るい)


夕空に小さな幻日や細い月2018/09/11

20180911夕空
昨夕は豪雨があり、その後から急に寒さを覚えたので外気温を測ると20度を下回っていました。今日も明け方まで雨が残り、朝からも日差しがなくてヒンヤリした日々でした。夕方近くなって外出先から夕日が見えました。やっと雲が途切れたようで、自宅へ戻る折に右側の幻日が綺麗に見えていました。

カメラを持っていなかったので、帰宅後ベランダから見えた夕景と左側の幻日を下に掲載しました。このとき右側のほうは消えていましたが、左右の幻日とも小柄で、気が付けなかった方も多いでしょう。薄明光線もいっぱい見えていました。

  • 20180911左の幻日

    左側の幻日
  • 20180911薄明光線

    薄明光線


20180911月齢1.65
その後雲が多くなってきたのであまり期待しませんでしたが、少し暗くなってから確認すると、偶然にも雲間から極細の月が姿を見せてくれました。撮影時の月齢は1.65。つまり二日月より細い月です。

月はすぐ雲に隠れてしまいましたが、あまり違わない高さにあった金星はしばらく輝いていました。金星ももう暗くなる頃には沈んでしまいます。宵の明星もそろそろ終わりですね。

月の周りに美しい光環2018/08/31

20180831月光環
すっきり晴れる夜がないまま8月が終わってしまいますが、昨夜から今朝にかけては流れる雲の間に月や明るい星がチラチラと見えていました。

月に雲がかかると、周囲に美しい光環が見えました。またごく淡い内暈も見えていました。カメラを構えて待っていたわけでは無いためなかなかタイミングが合いませんでしたが、3時頃になんとかカメラに収めてみました(左画像)。

20180831月光環
撮影画像に写っていた恒星を星図で照合すると、ちょうどうお座(略称:Psc)に月があったことが分かりました(右画像)。二匹の魚がリボンでつながれているような星座絵の、リボンが中間で折れているあたりになります。

月はこれから少しずつ細くなりながらも、赤緯の高い状態が続くので見やすいでしょう。9月3日にはヒアデス星団のど真ん中に位置し、7日明け方にはかに座のプレセペ星団に約3.5°まで接近、そして9日明け方には水星に1°内まで大接近します。ただし超低空で、すぐ日が登ってしまうので見辛いと思います。観察を試みる方は東に高い地物が無い場所か、または日が登った後に観察する手段を模索してみてください。

ほぼ満月の周囲に淡い光環2018/08/26

20180826月の光環
そろそろ満月なので一晩中空が明るく、淡い天体観察は望めません。昨夜から今朝は月夜の明るさに輪をかけて淡い雲が空を覆っていました。時々部分的に綺麗な星空が顔をのぞかせるのですが、時間をかけて撮影できるほどの雲間はありませんでした。

明け方前に月を見ると淡い光環が虹の環を作っています。花粉光環のようなキリッとした美しさはありませんが、これはこれでよいものです。月の直接光をアパートの屋根に隠し、周囲を写し取ったのが左画像。色合いは強めにしてあります。

光環ができる空なら他の現象も見えるのではと30分くらい観察しましたが、何も見えませんでした。昨日午前中から彩雲がたくさん出ていたので、今日の昼にも何か見えるかも知れませんね。