今日の太陽と空模様2017/07/14

20170714太陽
今日も明け方まで曇り、朝から天気が良くなりました。時々雲が湧きます。午後そろそろ太陽観察できる時間帯になったのでX線フラックスの様子などを事前確認。

20170714太陽リム
すると、なんと11時前後にものすごくグラフが跳ね上がっていました。ピークはM2クラス。しかもまだ急には衰えずC5クラスに留まっているではありませんか!驚いて大慌てで観察しました。

左は14:30頃の太陽。もう2時間早く観察していればMクラスの状態を見ることができたでしょう。この像でもまだ活動領域12665東側がとても明るいですね。太陽が裂けて中身が出てきてしまったかのようです。なかなか見ることができないのでテンションMAXでした。12666も明るいですね。プロミネンスはあまり目立ちませんでした。

20170714X線フラックス
右にNOAAが出しているGOESのX線フラックスグラフを引用します。7日0:00UT(9:00JST)から今日14日5:30UT近くまでつなげてあります。1週間に2回もMクラスなんて、どうしちゃったんでしょ?このあとしばらくグラフをモニターしてましたが、ゆっくり下がってしまいました。(※それでも16:00現在まだC1クラス!)

実は上記の太陽観察時、太陽方向だけなぜか雲がかかってなかなかどいてくれませんでした。下のA画像はそのとき撮った彩雲。太陽は屋根で隠れています。太陽中心に同心円なので光環と言えなくもありません。上の太陽は雲が薄いタイミングで撮影しました。

日没1時間あまり前になってベランダから空を確認すると、太陽方向の雲がだいぶ広がっていました(B画像)。金床雲の端みたいにも感じましたが、このとき雷雲はないようです。太陽は厚い雲に隠れていましたが、左のほうに幻日が見えました(C画像)。明るくはありませんが色がはっきりしています。また良く見ると上には環天頂アークもぼんやりと見えていました。D画像はアークの左端近くを拡大したもので、太陽は右下方向になります。環天頂アークはいつでもU字型全部が見える訳ではなく、断片的だったり端しか見えないことも多いです。

  • 20170714彩雲

    (A)
  • 20170714日没1時間余り前の西空

    (B)
  • 20170714幻日

    (C)
  • 20170714環天頂アーク

    (D)


20170714-1030降水
時は遡りますが、午前中に記録的短時間大雨情報がありました。またしても愛知県です。10:20から10:40にかけて犬山市付近で約120mm、小牧市付近で約120mmなど、複数回ありました。12日午後にも激しい雷雨があったばかり。現存する日本最古の様式である天守閣を持つ国宝「犬山城」では、落雷によってしゃちほこの片方が全損という悲しいニュースも流れました。

2005犬山城と夕暮れ
左上画像は気象庁サイトからの引用で、本日14日10:30の高解像度降雨ナウキャスト。愛知県犬山市や岐阜県各務原市あたりが赤紫に染まっています。右画像は夕闇迫る(しゃちほこが)在りし日の犬山城(2005年撮影)。


夕方17:30には山形県米沢市付近で約110mmという情報がありました。ニュースなどで大雨情報を断片的に聞いていると、「ある時間にある場所で大雨」という内容がことさら強調されるため、「そこ以外は降ってない」「その時間が過ぎたらすぐ止んだ」といった印象を生みやすいです。

20170714-1730米沢市
そういうケースももちろんあるでしょうが、そうではない場合のほうが多いでしょう。例えば米沢市の大雨情報以降、15分ごとの降雨状況を見てください(左)。同様に大雨だった地域はたくさんありますね。犬山市や米沢市がたまたま記録的短時間大雨レベルだったと言うだけです。ギリギリ届かなかったけれどすごい雨が何時間か降った地域はたくさんあるのです。All or Nothingで考えてはいけませんね。

参考:
アーカイブ:記録的短時間大雨情報のリスト

突然の雨と虹2017/07/05

20170705積乱雲
16時を回った頃、突然バラバラと音がして大粒の雨が降ってきました。かなり斑っ気のある降り方でしたが、短時間の体験なら色々な種類の雨粒や降る音を観察できて楽しいです。見上げると北西方向に大きな入道雲。隣町の友人から「スコール!」というメールが入りましたが、私の街ではさほど多く降りませんでした。

西側は晴れ間があり、薄明光線が差しています。ひょっとしたら虹が見えるかもと期待してカメラを用意しました。案の定10分も待たないうちに虹の右端が隣家から伸びているのを発見(下のA画像)。計算上この時間は主虹のてっぺんが14°と低く、かなり伏せっていますね。しばらく観察するうち妙な見え方に気がつきました。虹が二重になっているのです。最初よく見えなかったので過剰虹かと思ったのですが、どうも違うようでした。過剰虹の場合は主虹内側に同心円として接しますが、この虹は「だんだんV字に分離したような」見え方です(下のB画像)。また過剰虹は主虹から離れるほど間隔が狭くなるのに、この虹は同じ幅で2本あるように見えます。なにより過剰虹の色配列と異なりますね。

他にこのような見え方をするのは反射虹双子虹がありますが、当地で反射虹の原因になるような湖などはこの方向にありません(そもそも低い虹での反射虹は考えにくい)から、自信がないけれど消去法で「双子虹」かな、という結論になりました。この虹は雨粒が変形によって起こるとされ、本来あるべき主虹と少し異なる位置に見えます。なおB画像で虹と垂直方向に団扇の骨のような筋が薄く見えますが、これは雨粒による反薄明光線です。

10分ほどで右端の主虹は消えましたが、入れ替わるように左端の主虹と副虹が見えてきました(下のC画像)。こちらはノーマルな感じ。強調したD画像では主虹の内側が明るく感じ、相対的に主虹から副虹までの空間が暗く感じます。これがアレキサンダー暗帯ですね。…という具合に、短時間ながらひと通り楽しめました。

  • 20170705虹

    (A) 虹1
  • 20170705虹(強調)

    (B) 虹1(強調)
  • 20170705虹

    (C) 虹2
  • 20170705虹(強調)

    (D) 虹2(強調)

今日の太陽と空模様2017/06/19

20170619-1200気象衛星
昨日夕方から降り出した雨はひと晩続き、風もそれなりに強く吹く時間がありました。雨はともかく風の原因は何だろうと天気図や衛星画像を確認すると、関東南岸に発達中の低気圧があり、茨城沖へ進行していたのでした。

左画像は本日19日12:00の気象衛星画像(画像元:NICTサイエンスクラウド/経緯線などは筆者)。今日もまだ低気圧の渦がはっきり見えます。これが昨夕から東関東・東北地方に風雨をもたらした原因でした。小さな台風みたいですね、やれやれ。

20170619太陽
低気圧のおかげで今日は快晴になることはありませんでした。午後に日差しは出たのですが、常に薄雲がかかった状態。でもせっかくなので太陽面を撮影しました。

20170619太陽リム
左は16時過ぎの撮影。雲によって斑やカブリが生じています。活動領域12662の黒点がほぼ中央ラインに到達しました。右側の少し明るいところは12663です。左半球にとても目立つダークフィラメントが出ていました。プロミネンスは右下の小さなものだけです。

20170619内暈
右は太陽面撮影直後の西空。こんなに雲がありました。左側の太い雲の帯は飛行機雲です。周囲にうっすらと内暈が見えましたが、これ以外のハロは確認できませんでした。

今日の太陽とハロ現象2017/06/17

20170617太陽
昨夜は夜半まで夕刻の荒れた天気による雲が残ったものの、夜半過ぎからは良い天気になりました。まだ下弦の月が明るいのと明け方があっと言う間に始まるので、たいしたことができません。試写や調整、撮影の練習などをしました。空気がヒンヤリして気持ちの良い朝でした。

20170617太陽リム
朝からは気持ちの良い青空。昼前後からゆっくり天気が下ってゆくのが分かりました。左画像は14:15頃の太陽。活動領域12662と12663が横並びで見えています。先に右リムへ到達するほうが後から番号の付いたほう。活動領域はしばしば東西の並び順と番号が逆転します。左上に突き出たプロミネンスが素晴らしいですね。

20170617夕方のハロ現象
時間が経って夕方の空を見ると、低くなった太陽の周囲にいくつかのハロ現象が確認できました。幻日はとても淡く、また右側のものは見えませんでした。右画像で一番はっきり見えたのはタンジェントアークです。

明日は今日より雲が多くなる予報。もしかしたら雨が降るかも知れません。