うつろう宵の空模様2018/12/09

20181209幻日
今日も曇りがちな一日でしたが、ときおり太陽が顔をのぞかせています。(太陽面観察できるほどではありませんでした。)周囲には久しぶりに見る彩雲がいっぱい。寒気が日本へ入ってきたので、上空が冷えている証拠ですね。

夕方に天気チェックのためベランダへ出ると、ヒンヤリした空気のなかに傾いた太陽と淡い幻日が見えました(左画像)。彩雲も相変わらず出ています(右下画像)。

20181209彩雲
上空に目を凝らすと、ごく淡い環天頂アークも見えました。何枚か写真を撮ったのですが、淡すぎてうまく虹色を取り出すことができませんでした。もう少し早い時間に見えていたなら、はっきりしたアークだったかも知れません。惜しいことをしました。

20181209月と土星
今夕は日没後に月と土星が大接近してるはずなので低空の雲行きが気になっていましたが、幸運にもだんだん雲は無くなってくれて、かなり透明度の良い空になりました。日没頃にはもう月齢2の細い月が見え始め、ほどなく土星も見えてきました。

右画像は17時過ぎに180mm+APS-Cで撮影し、半分ほどにトリミングしたものです。土星は原画上できちんと楕円になっていました。低空の電線などが画面に入るくらい低かったけれど、こんな素晴らしい眺めに出逢えて本当に幸せです。

今日の太陽と彩雲2018/10/31

20181031太陽
昨夜から今朝にかけては雲が多く、星月の観察は無理でした。朝のうちも雲が多めでしたが、日が高くなると次第に青空が広がってきました。

20181031太陽リム
左は11時少し前の太陽。活動領域はありません。昨日少し見えていた左上のプロミネンスが大きく見えています。左下にも見えていますね。右リムのプロミネンスはそろそろ隠れそうでしたが、右上はまだがんばってますね。

太陽観察中から気になっていましたが、太陽下方の雲が色付き、見事な彩雲となりました(下A・B画像)。所々に波状雲も見えています。ときおり彩雲は大きく発達し、かなり広範囲にわたって不規則なシャボン玉色が空を飾りました。うーむ、めっちゃキレイ…。10月最後の空は美しい思い出いっぱいです。

  • 20181031彩雲と波状雲

  • 20181031彩雲



2018年・真夏日と熱中症
少し風があるせいか、今日は昨日より涼しく感じます。つい1ヶ月前まで「真夏日地点が何ヶ所…」などと騒いでいたのが嘘のようです。

1週間ほど前に消防庁から9月の熱中症搬送者数の確定値が発表になりました。これに伴い、右図の通り2018年の「真夏日と熱中症」グラフ確定値版を仕上げました。2011年以降の各年のグラフはアーカイブ「真夏日と熱中症」にまとめてありますのでご利用ください。

午後に一瞬だけ幻日あらわる2018/10/17

20181017幻日
今日も雨のち曇りのお天気。午後に少し晴れ間があったので太陽観察できるかなと待ち構えましたが、雲のムラが多すぎてあきらめました。

機材を片付けていると、太陽左側に小さな幻日が現れ始めました。これは思いがけないプレゼント!大慌てで何枚もシャッターを切りました(左画像)。右側にもごく淡く見えていましたが、撮影しても写りそうも無いから諦めました。この撮影から30分もしたら、雨が降りそうな雲行きになってしまいました。天気が極めて不安定です。

降下したはやぶさ2がとらえた衝効果2018/09/21

201809210409UT_はやぶさ2の衝効果
本日21日午後、小惑星探査機「はやぶさ2」が、小型探査ロボット「ミネルバ」を分離・降下させることに成功したようです。ロボットたちの状態や今後の探査データはこれからですが、初代はやぶさでの失敗経験を糧に、うまく進めて欲しいですね。

探査ロボを降下させる際にはやぶさ2自身もギリギリまで小惑星リュウグウまで降下しました。最接近高度は55m(13:06/探査機時刻)とのこと。太陽電池パネルを広げると差し渡し6mにもなる探査機が、地球の20階建てビルくらいまで降りている姿を想像するだけで愉快になります。

さて、この降下前後に撮影されたリュウグウ表面にはやぶさ2本体の影が写っていました(左画像/JAXAサイトから引用)。これを見て主役たる探査機の影には目もくれず、「衝効果だ!」とすぐ分かっちゃった方はかなり重症(褒め言葉)です。(…ちなみに私も…。)影の周囲がスボットライトを浴びたかのように明るくなる衝効果(Opposition Effect)。単純な反射を考えただけでは説明が付かないこの現象は気象光学などの分野でお馴染みですが、宇宙空間でも確認できます。以前、2015年5月19日の記事では土星の衝効果や関連話を掲載しました。

初代はやぶさの衝効果
初代はやぶさの見た小惑星イトカワ表面の衝効果画像も残っています(右画像/JAXA資料から引用)。影の形がそっくりなのが印象的ですね。この他、宇宙で撮影された衝効果は幾つもありますが、NASAのライブラリから何枚か引用して下に掲載しました。

光源(太陽)−被写体−撮影カメラが作る角度(位相角)が限りなくゼロに近くなると、衝効果が強く現れます。いずれの画像も撮影したカメラの真後ろに太陽があるのです。衝効果の真ん中に必ずカメラの影があるはずですが、対象が遠い場合は影が小さすぎて見えません。地上の風景でも見ることができる場合があるので、ぜひ探してみてください。

  • 19681224アポロ8号の捉えた衝効果

    A.アポロ8号ミッションでの衝効果
    (中央左下がやや明るい)
  • 19721210アポロ17号衝効果

    B.アポロ17号ミッションでの衝効果
    (撮影者の頭周囲=カメラ位置周囲が明るい)


  • 20160626探査機カッシーニによる衝効果

    C.探査機カッシーニによる衝効果
    (画像中央・土星の環の一部が明るい)
  • 20060821探査機カッシーニによる衝効果

    D.探査機カッシーニによる衝効果
    (画像中央・土星の環の一部が明るい)