今日の太陽と空模様2017/06/19

20170619-1200気象衛星
昨日夕方から降り出した雨はひと晩続き、風もそれなりに強く吹く時間がありました。雨はともかく風の原因は何だろうと天気図や衛星画像を確認すると、関東南岸に発達中の低気圧があり、茨城沖へ進行していたのでした。

左画像は本日19日12:00の気象衛星画像(画像元:NICTサイエンスクラウド/経緯線などは筆者)。今日もまだ低気圧の渦がはっきり見えます。これが昨夕から東関東・東北地方に風雨をもたらした原因でした。小さな台風みたいですね、やれやれ。

20170619太陽
低気圧のおかげで今日は快晴になることはありませんでした。午後に日差しは出たのですが、常に薄雲がかかった状態。でもせっかくなので太陽面を撮影しました。

20170619太陽リム
左は16時過ぎの撮影。雲によって斑やカブリが生じています。活動領域12662の黒点がほぼ中央ラインに到達しました。右側の少し明るいところは12663です。左半球にとても目立つダークフィラメントが出ていました。プロミネンスは右下の小さなものだけです。

20170619内暈
右は太陽面撮影直後の西空。こんなに雲がありました。左側の太い雲の帯は飛行機雲です。周囲にうっすらと内暈が見えましたが、これ以外のハロは確認できませんでした。

今日の太陽とハロ現象2017/06/17

20170617太陽
昨夜は夜半まで夕刻の荒れた天気による雲が残ったものの、夜半過ぎからは良い天気になりました。まだ下弦の月が明るいのと明け方があっと言う間に始まるので、たいしたことができません。試写や調整、撮影の練習などをしました。空気がヒンヤリして気持ちの良い朝でした。

20170617太陽リム
朝からは気持ちの良い青空。昼前後からゆっくり天気が下ってゆくのが分かりました。左画像は14:15頃の太陽。活動領域12662と12663が横並びで見えています。先に右リムへ到達するほうが後から番号の付いたほう。活動領域はしばしば東西の並び順と番号が逆転します。左上に突き出たプロミネンスが素晴らしいですね。

20170617夕方のハロ現象
時間が経って夕方の空を見ると、低くなった太陽の周囲にいくつかのハロ現象が確認できました。幻日はとても淡く、また右側のものは見えませんでした。右画像で一番はっきり見えたのはタンジェントアークです。

明日は今日より雲が多くなる予報。もしかしたら雨が降るかも知れません。

昼時に現れたハロたち2017/05/31

20170531内暈
昨夜はほぼ曇り、今日も朝から雲が多めで太陽観察はできません。それでも何か見えないか気にしていたところ、昼過ぎにやや濃い感じの内暈が現れていました(左画像)。

正午を過ぎていましたが環水平アークが見える時間なので目を凝らしていると、何となく虹色に見えるアークを発見(下左画像)。でもあまりに薄すぎてどこまで伸びているのかもよく分かりませんでした。下左画像を強めに画像処理したのが下右画像。こうすることでやっとアークが分かりますね。画像上部には内暈最下部が濃く見えています。きっと見えない程度のアークは日常的に出ているけれど、誰にも気付かれずに消えてしまう…そんなことがたくさんあるんだろうなと思いました。

午前中から風が強まり、6m/s前後に達しています。午後には暈も消え、雲の厚みが増えてきました。西日本ではもう雨が降り出しているようです。関東も明日朝までには降り出すでしょう。

  • 20170531環水平アーク
  • 20170531環水平アーク

今日の太陽とハロ2017/05/30

20170530太陽
昨夜は一晩中晴れ、今朝からも時々雲が湧くけれど良いお天気。ただ、明日から天気が下るそうで、今日もいつ曇ってきてもおかしくないでしょう。

20170530太陽リム
左は14:20前に撮影した太陽。活動領域12659はほぼ右リム上で、ほんの少し明るく見えます。他に番号が付いた活動領域はありません。プロミネンスも小さいものだけですね。

(追記)Space Weatherニュースで知ったのですが、左画像左側やや下に見える下向きの円弧状ダークフィラメント(※一昨日から見えていた)は大きな爆発的変化の途中だったんですね。動画で見るとすごいです。Space Weatherにある動画の元ソースはSDOサイトのDataメニュー>>Dairy Moviesで2017-05-30の「0304」(=AIA304カメラ)動画選択で見ることができます。

20170530幻日
午後の外出から徒歩帰宅する際に幻日が現れました。あまり明るくないものでしたが、太陽の左右とも見えました。雲の具合で濃くなったり薄くなったり変化しています。右は帰宅後にベランダから撮ったもの。内暈と共に左右の幻日が確認できますね。天気の変わり目によくお目にかかる光景です。