2021年で最も日の出が遅いシーズンです2021/01/06

2021年日出最遅日マップ
昨日は二十四節気の「小寒」。前年の冬至から地球が15°公転し、太陽黄経が285°となりました。明日は早くも節句のひとつ「人日」、七草粥を頂く七草の節句です。早いものですね。

折しも年末寒波より強めの寒波がまた押し寄せ始め、昨日から今日は雲の多い空。午前中に僅かな晴れ間があったので太陽観察しようと待ち構えたものの、雲が増えるばかりで断念。気温は正午時点でも6度しかありません。

冬至を過ぎても日の出が遅くなっていた日本列島ですが、ようやく終わりを迎えています。「日出最遅」の日が北から南下を始めているのです。左は今年の日出最遅日マップ。年ごとに微妙な差があるため、毎年計算・描画し直しています。今日6日は石川県や新潟県、東北南部、関東北部に至る地域の日の出が一番遅い日。明日には本州の大部分、明後日は九州北部や四国全域…という具合に次々と折返しになって、以降は夏に向かって日の出がどんどん早くなります。

2020年12月7日記事に「日没最早日マップ」を掲載しました。南下と北上の違いがあるけれど、似たような間隔で、経線に対して若干右上がりになっているのは一緒ですね。夏のころやってくる「日没最遅」「日出最早」の日毎の間隔はゆったりしています(つまり短期間で折り返してしまう)。どうして違うのかノーヒントで考えてみてください。

今日は太陽の顔を拝めなかったけれど、待ってる間に淡い内暈と明るい幻日が見えました(下画像)。幻日は太陽高度が高くなり始めた頃だったため、色合いがはっきりして小さく引き締まった光でした。よく見ると幻日と内暈は接していないことが分かるでしょう。

  • 20210106内暈と幻日

    淡い内暈と幻日
  • 20210106幻日

    幻日


参考:
日出没・暦関連の記事(ブログ内)

下り坂の空に満月前の月暈2020/12/30

20201230月暈
昨夕から雲が多くなり始め、宵のうちは月すら見えませんでした。ところが夜半前に確認するとそれなりに晴れています。翌朝から雨予報のため機材は早々に撤収してしまったので、拡大観察は無理。しばらくボーッと眺めて楽しみました。

見始めた頃から出ていた月暈は時間とともに濃くなりました(左画像)。と言っても幅が太く色のない内暈です。氷結晶がかなり不揃いなのでしょう。やがて空全体が白くなり、1等星すら判別不可能に。撮影から1時間も過ぎたら月が霞むくらい雲が厚くなってしまいました…。

20201230月暈
撮影は30日0:30ごろ。満月まで残り約12時間です。右にマーカー入りを掲載しました。恒星位置から内暈半径や幅、あるいは24時間後の月の位置を見積もってみてください。

撮影時点で西日本はもう雨or雪が降り始めていました。はてさてどうなることやら。みなさんが少しでも穏やかな年の瀬を過ごせますように。

今日の太陽とハロ2020/12/27

20201227太陽
本日未明から雲が多くなってしまいましたが、午前中は日差しが回復してきました。ハロが見えるような空模様(後述)のあと、太陽観察ができる状態になってくれました。

20201227太陽リム
左は11:40頃の撮影。薄雲越しです。大きな黒点を伴う活動領域12794はほぼ中央子午線に到達しました。追従する12795の2つの黒点群も健在。やや小さめながらプロミネンスがいくつも出てますね。

太陽観察の前は薄雲が空全体を流れ、ときおり幻日や上部タンジェントアークが見えました(下A・B画像)。Aの幻日はとても明るく、減光サングラス越しでないと直視できませんでした。日没近くには明るい太陽柱が見えました(下C画像)。上空が冷えてきましたね。

  • 20201227幻日

    A.右の幻日
  • 20201227上部タンジェントアーク

    B.上部タンジェントアーク
    +淡い内暈+淡い左の幻日
  • 20201227太陽柱

    C.太陽柱


夕空を飾るハロ現象…からの、惑星超接近観察2020/12/20

20201219太陽柱と幻日
昨日はまたしても前日と同じ天気の変化…日中晴れていたのに夕方雲が湧いてしまうのでした。日没まで1時間を切ったころベランダに出ると左画像のようなお天気。このあと雲が激増するのですが、その最中に左右の幻日と太陽柱がよく見えていました。撮影時、太陽はもう雲の中で見えません。跡切れ跡切れの太陽柱がかなり上空まで伸びていて、久々に感動しました。

接近中の木星と土星は日没位置の10°ほど南側(左側)、高度15°あたりで観察します。幻日は内暈(22°ハロ)より少し外側なので、惑星たちの方位は太陽柱と左の幻日との真ん中あたり。こんな気象光学現象の観察でも、目印が無い空で位置関係の把握に役立つわけです。

20201219木星と土星の接近
さて、前日より雲量が少ないのに、またしても木星と土星のところだけ雲が厚くてどいてくれない…という嫌がらせを受けました…。何とか耐え忍び、僅かな雲間から惑星や衛星を撮影したのも一日前と一緒。予定枚数よりずっと少ないですが、どうにか画像を組み上げることができました(右画像)。

撮影時の両惑星離角は約17.3′角。肉眼では木星の輝きが涙やまつげで滲むため、土星の存在が分かりづらくなってきました。指で木星だけ隠すと見えます。撮影はまた一段シフトを上げて、合成焦点距離が6000mmオーバー(35mm換算)です。それでも同一視野なのが驚きですね。この拡大率だと、木星は縞模様(NEB、SEB)だけでなく大赤斑も写ってくれました(向かって左下)。今日もガリレオ衛星は4つ。右にイオ、左はエウロパ、ガニメデ、かなり離れてカリスト。ごく淡くて分かりづらいけれど土星のタイタンも写っていますよ。

19日から23日まで、この写野の大きさを出ることなく超接近が起こります。師走の慌ただしい中、クリスマスツリーに完敗するほど地味な星々の邂逅ですが、ぜひ多くのみなさんに見てほしいと思います。