8月の皆既日食で月影は気象衛星から見えるかな?2017/06/25

20170821日食図
昨日に月が新月を迎えました。この月が地球をもうふた巡りすると…つまり2回後の新月(2017年8月21日UT、日本時間で22日になりたての頃)のとき、北アメリカ大陸を横断する皆既日食が起こります。気軽に旅行へ行ける土地での条件良い皆既日食…ということで、日食ファンのみならず期待を寄せる方も多いでしょう。

左は今回の日食図(元画像:NASA Eclipse Web Site)。アメリカを横断する日食としては約100年ぶり、という報道を見かけました。横断の定義が曖昧ですが、経路が北アメリカ大陸にかかっていたり、金環日食まで含めると結構な件数あります。

右下図は1901年以降2020年までに起こった(起こる)北アメリカ付近の日食図(引用元同じ)。もはやどこがどれだか分からなくなってますが…青ベルトが皆既、赤ベルトは金環です。まぁ、「合衆国を太平洋から大西洋まで横断する皆既日食」ということなら、1918年6月8日以来でしょう。ちなみに全く関係ないけど「アメリカ横断ウルトラクイズ」初回は1977年だそうですから、そこから40年ぶりですね。

北アメリカ付近でこの100年あまりに起きた日食
アメリカ国内でも多くの天文ファンが活動していますから、大盛り上がりが予想されます。豊富な機材を駆使して素晴らしい映像記録が期待できるでしょう。ドローンが大流行のご時世なので、上空から観察旅行者の様子や移動してくる月の影を撮影する強者がたくさんいそうです。ただ心配なのは、現在合衆国の西半分が異常高温に見舞われていること。気温が40度を軽く超す毎日だそうで、人も機材も壊れそうです。高気温だと航空機が飛べないので、移動も大変。8月までに解消しているとよいのですが…。

20170821a
さて日食旅行に行ける方はいいのですが、行けない場合はテレビやネット中継で見ることになるでしょう。当ブログでは毎度お馴染み「気象衛星」を通した月影の観察も併せてお勧めしたいところです(関連記事1関連記事2)。でも、このアメリカ日食による月の影、日本の気象衛星から捉えられるのでしょうか?そう思って計算したのが左図。気象衛星ひまわり8号からは日食開始1時間程度なら見えそう。ただ、この頃は地球そのものの影と入り交じってはっきり見えないかも知れません。うむむ…。

そこで考えたのは、他国の気象衛星が使えないかと言うこと。例えばアメリカが管理するGOESシリーズはちょうど日食エリアをカバーしています。ひとまず地球を監視する多数の静止気象衛星のなかから4つ選び、日食図を衛星可視範囲に変換描画するプログラムを作りました。一例ですが、右下図は緯度経度とも0°上空に位置するヨーロッパのMeteosat-10による今回の日食図。大西洋まで伸びる皆既日食帯を見事にカバーしていますね。色々興味が湧いたので、2015年以降今回までの全日食についてシミュレートも行いました。
20170821c
結果は別途アーカイブにまとめましたので、興味のある方は参考にしてください。時間があれば将来の日食でも行ってみようと思います。なお紫線は中心食帯(※月影の中心は必ず紫線のどこかに存在)、オレンジ線は内部で太陽がわずかでも欠けて見える範囲。日食図は何本もの曲線で構成されますが、一本一本意味があります。これも前出アーカイブの解説図をご覧ください。

原理上は衛星が静止してなくても、撮像範囲が日食エリアを向いているならば写るはず。でも周回衛星は直前にならないと正確な位置計算ができません。よって今回のシミュレーションは静止衛星のみとしました。宇宙からなら現地の天気に関係なく安心して見ることができますね。

今日の太陽2017/06/24

20170624太陽
昨夜から今朝はほぼ曇っていましたが、今朝からよく晴れています。気温は昨日と同程度まで上昇し、15時時点の茨城県内での最高気温は古河の30.0度(13:30)でした。

20170624太陽リム
左は14時過ぎの太陽。薄い雲が空を覆っており、光量が落ちていました。左側に見える活動領域12664はやや明るいですね。右端近くには12662が到達しつつあると思われますが、良く見えません。12662の南側に延びる太いダークフィラメントの一端が光球外に見え始まっていました。その他、昨日同様に右上と左上にプロミネンスが見えています。

明日からまた天気が下り坂のようで、気温も上下するでしょうか。湿度が高いので気温が低くても熱中症になりやすいですね。5月1日以降昨日まで、全国での真夏日地点数について多い順に6位まで並べると次の通り。(集計地点総数は929ヶ所。)

2017年5月30日・277ヶ所
2017年6月19日・242ヶ所
2017年5月21日・187ヶ所
2017年5月20日・165ヶ所
2017年6月23日・156ヶ所
2017年6月20日・149ヶ所

また、消防庁発表による速報値ですが、5月1日から6月18日までに熱中症で搬送された方は4992人に上ります。もうすっかり夏本番。暑さや湿気対策を十分してくださいね。

参考:
アーカイブ:真夏日と熱中症

2017年で最も日の入りが遅いシーズンです2017/06/24

【ご注意】この記事は2017年のものです。お調べになりたい年号に合った記事をご覧ください。
★ブログ内で「日の出・日の入り」や「暦」をテーマに取り上げた関連記事・アーカイブは別ページにリストアップしています。日出没時刻やその最早最遅日は年や場所で変化しますから、記事日付をよく確認の上ご覧ください。

【日の入りが最も遅い日と日没時刻・2017年調べ】
場所最遅日・日没時刻
日本最北端(北海道・択捉島)6月26日(月)18:58
北海道(稚内市)6月26日(月)19:27
北海道(根室市)6月27日(火)19:03
青森県(青森市)6月27日(火)19:13
北海道(函館市)6月27日(火)19:17
北海道(札幌市)6月27日(火)19:19
宮城県(仙台市)6月28日(水)19:06
福島県(福島市)6月28日(水)19:06
山形県(山形市)6月28日(水)19:09
岩手県(盛岡市)6月28日(水)19:10
新潟県(新潟市)6月28日(水)19:11
秋田県(秋田市)6月28日(水)19:12
長野県(長野市)6月28日(水)19:14
千葉県(千葉市)6月29日(木)19:00
茨城県(水戸市)6月29日(木)19:01
東京都(日本経緯度原点)6月29日(木)19:01
神奈川県(横浜市)6月29日(木)19:01
茨城県(つくば市)6月29日(木)19:02
東京都(新宿区)6月29日(木)19:03
埼玉県(さいたま市)6月29日(木)19:03
栃木県(宇都宮市)6月29日(木)19:05
静岡県(静岡市)6月29日(木)19:05
群馬県(前橋市)6月29日(木)19:08
山梨県(甲府市)6月29日(木)19:09
愛知県(名古屋市)6月29日(木)19:12
三重県(津市)6月29日(木)19:12
岐阜県(岐阜市)6月29日(木)19:13
富山県(富山市)6月29日(木)19:15
奈良県(奈良市)6月29日(木)19:16
京都府(京都市)6月29日(木)19:16
大阪府(大阪市)6月29日(木)19:16
和歌山県(和歌山市)6月29日(木)19:16
富士山山頂6月29日(木)19:17
石川県(金沢市)6月29日(木)19:17
福井県(福井市)6月29日(木)19:17
滋賀県(大津市)6月29日(木)19:17
兵庫県(神戸市)6月29日(木)19:18
徳島県(徳島市)6月29日(木)19:18
高知県(高知市)6月29日(木)19:20
香川県(高松市)6月29日(木)19:20
岡山県(岡山市)6月29日(木)19:22
鳥取県(鳥取市)6月29日(木)19:23
愛媛県(松山市)6月29日(木)19:25
広島県(広島市)6月29日(木)19:27
島根県(松江市)6月29日(木)19:28
山口県(山口市)6月29日(木)19:31
福岡県(福岡市)6月29日(木)19:33
東京都(八丈町)6月30日(金)18:56
宮崎県(宮崎市)6月30日(金)19:25
大分県(大分市)6月30日(金)19:27
鹿児島県(鹿児島市)6月30日(金)19:27
熊本県(熊本市)6月30日(金)19:30
佐賀県(佐賀市)6月30日(金)19:33
長崎県(長崎市)6月30日(金)19:33
鹿児島県(奄美市)7月 1日(土)19:24
東京都(小笠原村)7月 2日(日)18:30
沖縄県(那覇市)7月 2日(日)19:26
日本最東端(東京都・南鳥島)7月 3日(月)17:36
沖縄県(石垣市)7月 3日(月)19:37
日本最西端(沖縄県・与那国島)7月 3日(月)19:41
日本最南端(東京都・沖ノ鳥島)7月 5日(水)18:40

梅雨の時期もそろそろ折り返し点が近づいているでしょうか。近年この時期は空梅雨だの大雨だのと“荒れた梅雨模様”が取り沙汰されます。しかしながら十分根拠のあるデータを比較しないまま「最近の印象」のみで世論が構築されるのは好ましくありません。人間の感覚は結構鋭敏とは思いますが、時に「気のせい」だけのこともありますからね。それに現代人はだいぶ「自然の感覚」を失っているでしょうから。



それはさておき、今年も日没時刻がもっとも遅くなる時期を迎えました。今月7日の記事では日の出が最も早い時期と紹介したばかりですが、今回は日没のほうです。この時期に昼間の時間が長くなることは、「日の出が早い」ことと「日の入りが遅い」ことの2つの原因が相まっているのです。よほど感覚が鋭い人でもない限り、それぞれの時期が異なっているとは気付けないでしょう。



右表は当ブログのユーティリティ:太陽と月の時刻表/夜空の時刻表にある「日出没の最大最小」計算機能を使い、2017年の日没最遅日を全国県庁所在地などで比較したもの。昨年の表と比べると若干の時刻差や順位の違いがありますが、日付単位をひとくくりで見れば入れ替えはありません。北国から始まってだんだん南下し、日本最南端の沖ノ鳥島でもっとも遅い「最遅日」を迎えます。



今回も2017年1月6日の記事前出6月7日の記事のように日没最遅マップを記事末に掲載しました。これはつまり右表を正確・精密に地図化したものです。紫線が日没最遅日の境界、ライトグレイの格子線は2°ごとの経緯線。今までの地図同様に境界線は緯度線に平行ではなく、わずかに右上がりです。日本一日没が遅い島で知られる与那国島は、決して日本一日没最遅日が遅いわけではないことが分かりますね。

冬の地図(日出最遅)に比べ、夏の地図2枚(日出最早・日没最遅)は境界線の間隔がゆったりしています。地図は残り一枚…12月頃にやってくる「日没最早マップ」をもって4枚が出そろいますが、どんな結果になるでしょうか?それは12月のお楽しみに。


2017年日没最遅マップ


今日の太陽2017/06/23

20170623太陽
朝からよく晴れています。気温はぐんぐん上昇し、近くのアメダスポイントでは昼過ぎの時点で気温が29度台となりました。茨城県内では30度に到達したところもあるようです。

20170623太陽リム
左は14:10過ぎの太陽。数日ぶりの観察ですが、左側に小さな黒点を伴う活動領域12664ができていました。右の立派なダークフィラメントの北側には12662もありますが、言われないと分からないほど穏やかになってしまいました。プロミネンスは右上と左上の両方に立派なものが出ています。いやぁ、素晴らしい。