雲越しの半影月食を楽しみました2020/12/01

20201130半影月食の経過
昨日、11月最後の夕方は半影月食でした。この月食は国内殆どの地域で「月出帯食」です。当地・茨城県南部は午後から雲がやや多くなってしまい、残念ながら夕空に登りたての月食満月は拝めませんでした。でもその後の経過は(雲越しながら)楽しむことができました。

冒頭画像は月食最大となった18:43ごろを基準に、17:40から概ね30分おきに撮影した画像を組み立てたもの。上が天の北方向になります。最後の頃はもう雲だらけになってしまったため撮影はあきらめましたが、元々淡い半影月食ですから最後のほうは現象が分からなかったでしょう。現象が終わったら晴れてきたので真ん丸に戻った月を撮影。その後はまた雲が多めの空になりました。

最大時の18:43撮影画像と、現象終了時刻(20:53)のすぐ後に撮影した画像を下に並べてみました。画像処理はほぼ統一してあります。見た目のコントラストを上げてありますが、わざわざ上げなくても肉眼やモニター上で暗いことがはっきり分かりました。今回は本影のかなり近くを通ったため、意外なほど月食らしい光景を楽しめました。半影食はピンキリですからね。月のルートをきちんと確認しておくべきでしょう。 来年2021年に日本から見える月食は、5月26日の皆既月食と11月19日の部分月食。11月19日のほうは部分と言ってもほぼ皆既に近い月食となり、お得感満載でしょう。ただしいずれも月出帯食のため、現象全体が低い空となります。高層ビルの都会や高い山に囲まれた盆地などでは見づらいかも知れません。事前のロケハンも大切ですよ。

  • 20201130-1842半影月食

    A.半影月食最大時(18:43)
  • 20201130-2058半影月食後の月

    B.半影月食終了直後(20:59)


参考:
アーカイブ「皆既月食の一覧」
アーカイブ「部分月食の一覧」
月末の皆既月食と「月色」の話(2018/01/29)

今日の太陽2020/12/01

20201201太陽
昨夜から今朝にかけて薄曇のち快星、朝からもよく晴れています。夜のうちはかなり湿気があったけれど、日が高くなると乾燥しますね。もう12月、一年過ぎるのが早く感じます。

20201201太陽リム
左は10:10頃の太陽。昨日の時点で活動領域が7つ。加えて、昨日から見え始まった左下リム近くのプラージュ域にはっきりと黒点が見えます。間もなく採番されるでしょう。なお昨日掲載したX線フラックスで11月29日13:11UTに発生したM4クラスフレアというのはここから発生したもののようです(→Space Weather関連記事)。日本から見えない時間だったのが惜しいですね。

20201201_SDO画像
右は昼前時点のSDO画像と活動領域番号です。活発な領域が南緯20°から30°に集中していることが分かるでしょう。数日後には左からまたひとつやってきます。北半球も頑張れ!