雲間のマイナス三日月2021/04/09

20210409夜明けの月
昨夜は晴れ間が多かったのですが、強めの風が未明まで残っていたため吹きさらしで長焦点観測は困難でした。ということで、三日連続の「夜明けの月」を待つことにしました。さすがに今朝の月は低空過ぎて自宅からは絶対に無理。見晴らし良い近所の広場に出かける必要があります。ところが明け方前に湧いた雲が空全体を覆い、ギリギリまで悩む結果になりました。

月の出30分前になってようやく雲が引いてきました。このペースならいける!そう信じ、機材を抱えて出かけることに。現地に着いて東を見るとまだ月は見えません。頭上は綺麗に晴れていたので間もなく月も木々の間から姿を現すだろうとしばし眺めていました。

でも、10分経っても20分経っても見えないじゃありませんか…。明るくなってきた低空を見ると…なんと月がある方向だけ雲に覆われていました。雲が闇に紛れて全く見えなかったのです。しかもその雲は非常に動きが遅かったのでした。万事休す!?

20210409夜明けの月
細い低空の月は1分2分が勝負です。今朝の月齢は26.4、およそ「マイナス三日月」くらいでそんなに細くないものの、天の赤道より南にあったため南寄りに昇って高くならない位置なのでした。

かなり明るくなり雲の存在もはっきり見えるころ、ようやく雲間の月が見え出しました。高度3°くらいから撮影する予定が、すでに6°近くまで昇ってしまいました。延々と雲がかかってましたから、やむなく雲越しに撮影。直前まで全天曇りだったことを考えれば、記録できただけましと言えましょうか。

夜明けの月2021/04/08

20210408夜明けの月
今日明け方も細い月が木星・土星と列を成すはずだったのですが、雲が多くて敗退。すぐ近く、お隣の千葉県との県境あたりまで雨の地域が残っていたため仕方がありませんでした。

明るくなり始めた空を名残惜しく眺めていたら、低空の雲の切れ間から月が顔を出してくれました。

太陽黄経差は約311.33°、撮影高度は約10.1°、月齢25.39。像は揺らめきっぱなしでしたが、すかさず記念撮影しておきました(左画像)。画像水平を実際の水平方向に合わせてありますから、太陽がある方向が分かりますね。色補正しちゃってますけれど、実際はかなり赤味がかっていました。

木星と土星を従えた夜明けの月2021/04/07

20210407明け方の東空
昨夕から今朝にかけての空は度々雲に覆われ、落ち着いて観察ができませんでした。ゆっくりと回復傾向にあったので、明け方の月と木星・土星の並びを楽しみに待つことにしました。

暗いうちに近くの広場まで行きましたが、低空は薄雲が流れ、月も朧。それはそれで風情があったので、写真を撮りつつ眺めて楽しみました。南の空から接近してきたハッブル宇宙望遠鏡の軌跡が明るく綺麗に見えたけれど、月や惑星に接近するころには暗くなってしまいました。

一通り眺め終わったので帰ろうと思ったら、白み始めた東天がまた美しく、足が止まってしまいました。消し忘れた電球のようにいつまでも灯る月。思わず再度カメラをセットし直して撮ったのが左画像です。

20210407明け方の月
頭上には淡い天の川と、明るく光るアルタイル。や座やいるか座、こうま座も見えます。月の右上に土星、左に木星。その背後はやぎ座です。昨年12月に夕空で超接近した木星土星の背後にもやぎ座の星々がありましたね。早いもので、ペガスス座の頭部やみずがめ座の三ツ矢マークも昇ってきましたよ。

月齢24.4を迎えた月は虹の入り江が夕方を迎え、コペルニクスやクラヴィウスはほぼ夜でした(右画像)。いまは裏側のオリエンタレ盆地付近が見えない秤動位置ですね。この月は向こう数日でどんどん細くなり、4月12日に新月を迎えます。

誕生日と満月2021/03/30

20210329_19098月
昨日は特別な満月夜でした。とても個人的で恐縮ながら、自分が生まれてから三度目の誕生日満月を迎えたのです。明け方に満月瞬時だったため、本来は「満月夜」と言ったら前夜(28日夕方)から当日朝までに見える月を指すことが多いのでしょうけれど、29日は朝まで雨でしたからね。それに「誕生日満月」は日付一致が基本ルールで前夜は含みません。昨夜の月は許容範囲です。満開を迎えた桜と満月に包まれ、最高の祝福でした。

昨夕からも薄雲があり、夜には曇ってしまう予想だったから見えないかなぁと半分諦めていました。でも隣家の屋根から月が顔を出す頃にはまだ薄雲越しにはっきり見えました。ありがたや。とは言え、望遠鏡で撮影できるほど鮮明でもなかったため、庭撮りならぬ、部屋撮りで撮影(左画像)。コンデジのズーム機能だけで撮影しました。解像力や収差などはともかく、丁寧に仕上げれば結構ディティールが出てくれますね。

左は22:40頃の撮影で、太陽黄経差は約190.98°、撮影高度は約41.5°、月齢16.14。満月瞬時から19.5時間経過し、もう右側が欠け始まっています。撮影後程なくしてかなり雲(霧?)が厚くなってしまいました。

アーカイブ「誕生日満月の一覧」をご覧いただくと分かりますが、誕生日と満月とが一致するのは日によってばらつきがあるため、多い方も少ない方もいらっしゃいます。私の誕生日では200年間で8回発生しますが、前日3月28日では4回のみ。ホワイトデー生まれの方なら3回、閏日生まれならわずか2回しかありません。逆に、七夕満月やクリスマス満月なら9回もあります。ただし天気まで考えたら、一生のうちにしっかり見ることができるのはせいぜい1、2回でしょう。誕生日満月は意外に貴重なのです。