湿度100%の空で月と小惑星の観察2021/01/26

20210125_14019月
日中が暖かかったせいか、昨宵の気温も急には下がりませんでした。常に薄雲が流れており、その向こうから丸みを帯びてきた月が照らします。雲の薄いところを通して月面を撮影してみましたが、コントラストやシャープネスがやや落ちてしまいました。

左は20時少し前の撮影で、太陽黄経差は約140.19°、撮影高度は約71.5°、月齢12.25。29日明け方に満月を迎えます。南部のシラーがよく見え、シッカルドやアリスタルコスが朝を迎えています。リュンカー山を期待しましたが、まだ影の中。1日後は見頃だけれど天気が崩れそう。

秤動で月全体がかなり正面を向いていたため、危難の海がリム寄りで小さく感じました。縁の海あたりは全く見えません。北側のフンボルト海がリム上にあり、少し凹んでいますね。月のリムは結構デコボコしていて、月齢に関係なく真円にならないところが面白いのです。

少し経つと、空に貼り付いて取れなかった薄雲が無くなりました。遅い時間に月を撮ればよかったと後悔しましたが撮り直しはしませんでした。昼の暖かさで空中に充満した水蒸気が一斉に凍り、機材も周囲もガチガチ。

20210126小惑星Apophis(99942/2004 MN4)
霧が出る予報でしたが明け方まで天気が持ちそうだったため、一週間前にも撮影した小惑星アポフィスを再撮影しました。本当は月が明け方に残らないうちに再撮影を予定していたのですが夜間の天気が芳しくなく、今朝になってしまった次第。ただ、月明かりはあったけれどシーイングがそれなりに良かったのは幸いでした。

一週間で0.4等ほど明るくなり、17等台後半に入りつつあるため、かなりはっきりした像を結んでくれました(右画像/中央の点像)。2時間あまりの露出でも随分動きますね。さすが(?)は「潜在的に危険な小惑星」。現在の地球との距離は約0.179天文単位。もう一ヶ月あまりで0.113天文単位まで接近します。

天候悪化寸前に月・火星・天王星の接近を観察2021/01/22

20210121_月・火星・天王星の接近
昨夕から低空が霞み始め、週末に向けて下り坂の天気が始まる気配を見せていました。宵空に浮かぶ上弦の月と火星がきれいに見えるのも今のうち…そう思い、早めに観察開始です。

前夜の20日宵に火星と天王星がいちばん近く見えましたが、昨宵はもう離れ始まっていました。月が近くだったので三天体まとめてパシャッ。左画像には多段階露光で月や惑星、背景の微光星、ごく淡い地球照まで押し込めてみました。敢えてマーカーを入れませんので、天王星を探してみてください。

お月様は毎月のように空を一周しますから、「月・火星」や「月・天王星」のペアが接近する様子は頻繁に見ることができます。でも三天体同時というのはなかなか起こりませんね。火星と天王星の接近はおよそ2年毎に起こりますが、次回は特別に1年半あまり後の2022年8月2日となります。明け方の空で今回より若干近い状態が観察できるでしょう。その10日ほど前、7月22日には下弦過ぎの月も一緒の三天体接近が見えますよ。

20210121_09569月
ちなみに、向こう10年間で火星・天王星の離角が一番小さいのは2026年7月4日15時頃の約0.1°。梅雨時期ですが、晴れれば当日明け方低空に20′角まで接近した両惑星が見えるはずです。

昨宵は月の拡大観察も行いました。雲がわき始めており、かなり慌ただしい撮影です。右画像は18:40頃の撮影で、太陽黄経差は約95.69°、撮影高度は約62.9°、月齢8.19。上弦を迎えたばかりで、もう月面Xや月面LOVEにすっかり日があたっていました。月面グーはちょうどいい感じ。

今年の中では最も小さな上弦とのことで、いつもははみ出してしまう写野内にピッタリ収まりました。シーイングがやや落ち着いている時間だったのでそれなりに細部まで写っています。観察終了後に一息つく間もなく、全天が雲に覆われてしまいました。

四天体の会合は全部揃わず…2021/01/14

20210114天体会合
4日前の1月10日に「木星・土星・水星」の相互接近がありました。今夕はその三惑星に加え、昨日新月を迎えたばかりの初月が加わった「四天体会合」が見える予定でした。木星と土星が太陽にぐんぐん接近してることに加え、昼間の太陽の様子から空の透明度が落ちていることが分かっていたためあまり期待はしなかったけれど、どこまで見えるか確認するため、4日前に撮影した陸橋まで散歩に行くことにしました。

日没後に現場到着すると、案の定150km先の富士山が全く見えません。空に向かって富士山のシルエットが作る反薄明光線が見えたため、位置の再確認はできました。あとは暗くなるのを待つばかり。低空がドロッとして暗く濁っています。今日観測された黄砂の影響も否定できませんが、大部分は日中の暖かさによる水蒸気のせいでしょう。なにしろ桜が咲きそうな気温でしたからね。

20210114天体会合
少し経つと極細の月を双眼鏡で発見、続いて木星と水星を確認。その後肉眼でも見つけることができました。しかしながら土星は最後の最後まで無理でした。もともと暗い上に、ちょうど超低空の濁った大気層にかかる位置だったから仕方ないですね。10日並の透明度だったら見えたかも知れませんが、こればかりは時の運。

条件を変えつつ、十数分の間に50コマほど撮影(左上画像)。名残惜しみつつ帰途に付きました。どこに何があるかは右のマーカー入り画像で確認してください。特殊なアルゴリズムで薄明中の微光天体の光だけを若干強めてあります。実際はほとんど見えないような弱いコントラストでした。

夜明けの空に輝くハッブル宇宙望遠鏡2021/01/03

20210103ハッブル宇宙望遠鏡
「〇〇年選手」という表現があります。星が好きで望遠鏡やカメラをお持ちのみなさん、ご自身の機材で一番古い(もちろん現在も使用中)ものは何年選手ですか?私の場合、30年選手の反射望遠鏡と20年選手の屈折望遠鏡ですかね。

老いてなお人工天体として活躍中の筆頭は国際宇宙ステーション(1998年から稼働)でしょうが、それだけではありません。ハッブル宇宙望遠鏡(HST)もまた1990年打ち上げという長い歴史があり、満身創痍ながらいまだに現役です。

久しぶりにHSTを見たくなり、調べると年末年始に良いパスがありました。今日明け方薄明開始ごろ撮影したのが左上画像。中央にからす座があり、その南側を西から東へ横切っていきました。ひとコマ間に1秒の間欠があるため点線になっています。他にも三本ほど暗い衛星の軌跡が写ってました。

20210103_22308月
驚いたのはその光度。通常HSTは明るくても最大2.5等程度の予報値。これまで何度も見ているけれど予報より大幅に明るいことはありませんでした。ところが今朝はスピカ(0.95等)よりも明るい!見間違いかと思ったほどです。そうなると分かっていたらもう少し構図を変えたのに…後の祭り。

wikiなどにはHSTの落下時期が2021年などと書いてあります。宇宙望遠鏡の開発史が次々に遅れているためすぐにHSTを落とすようなことはしないでしょうけれど、いまのうちに楽しんでおいたほうが良さそうですね。

右画像は2:30ごろ撮影した月。太陽黄経差は約223.08°、撮影高度は約70.9°、月齢19.05。通過するHSTの上空に煌々と輝いていました。あと三日ほどで下弦を迎えます。