静かな月夜で始まる2021年2021/01/01

20210101_19760月
2021年1月1日は静かに訪れました。例年だと、そこかしこから除夜の鐘とともにカウントダウン花火が鳴り響き、初詣や初日見物に繰り出す車の音で騒々しくなります。でも今年はびっくりするほど静か。少年のころ田舎で迎えた正月のようでした。

空はきれいに晴れ上がっています。静けさを強調する月光の演出。撮り初めは月と決めていたので、0:00になるのを待ってシャッターを切りました。左画像の撮影中間時刻0:18(モザイクのため複数カット構成)における太陽黄経差は約197.6°、撮影高度は74.8°、月齢は16.96。この時期にしては大気が落ち着いてました。

庭先の気温はマイナス5度。近くのアメダスポイントではマイナス7.0度を記録したようです。当地・茨城県南部としては記録的な冷え込み。かなり乾燥しているため全く結露せず、手のひらはカラカラ。撮影後ほぼ南中した月をあらためて仰ぐと、ものすごく天頂に近くて驚きました。当地では時に南中高度が80°近くになるけれど、満月期とは限りません。あらためて計算したら、2021年最初の月高度は77.4°に達したことが分かりました。昨日、今日と、まさに天から降り注ぐ月光なのでした。

2021年の月に関するメジャーイベントは5月の皆既月食と11月の部分月食ですが、個人的に楽しみにしている超マイナー(?)なイベントが二種あります。そのひとつが「センタームーン」。(※もう一つはまた後日に。)センタームーンは2019年1月20日の記事で紹介したことがありました。天文リフレクションズさんにも詳しい特集があります。

秤動という動きがあるため、なかなか正面を向かない月面。「月の見た目の中心は月面座標のどこなのか」を描いた秤動図を見ると、緯度経度ゼロ近くを通ることは数年おきに数回程度しかありません。しかも真ん中に光が当たってる月相とは限りません。下A-D図として2018年から2021年まで、各1年間の秤動図を示します。リサジュー曲線とか、ペンデュラムのサンドアートみたいですね。今年は月中心近くを何度か横切っており、2018年以来のチャンスであることが分かるでしょう。詳しい解説は時期が近くなってから取り上げたいと思います。

  • 月の秤動(2018年)

    A.2018年
  • 月の秤動(2019年)

    B.2019年
  • 月の秤動(2020年)

    C.2020年
  • 月の秤動(2021年)

    D.2021年


20201231木星と土星の接近
おまけ:右画像は2020年大晦日の「離れつつある木星と土星」。近くの恒星を一緒に撮っていますから、下記データを参考に離角を目測してみてください。低くなったけれどまだ十分に近いですよ。画像下部の薄黒い線は電線。そろそろ撮り納めかな!?

  • α1Cap・α2Cap間が6.35′
  • ρCap・πCap間が32.45′
  • νCap・α2Cap間が40.29′
  • α2Cap・ξCap間が82.38′
  • νCap・βCap間が121.44′
  • πCap・σCap間が125.10′


今日の太陽2021/01/01

20210101太陽
昨夜は快星、2021年最初の朝も快晴スタート。3m/s程度の風が吹いています。

20210101太陽リム
左は10:30過ぎの太陽。活動領域12794・12795の黒点たちは無事年越しできましたが、12795のほうはかなり細かくなってしまいました。12794の黒点両側に明るい部分が見えたのでフレアかと思いましたが、この撮影の20分後あたりに鋭いピークとなったB3.1クラスのフレアは12795のほうでした。

右下リムのプロミネンスは今日も豪華。光球内に入ってしまい見づらいけれど、左下の元プロミネンスも大きいまま残っていますね。いよいよ明日は地球の近日点通過日。年間でもっとも太陽が大きく見える日です。晴れるかな?

オニール橋が見えるかな?2021/01/02

20210102オニール橋付近
昨夜から今朝にかけても快晴夜。乾燥した良い天気が続きます。まだ月が大きいため月メインの観察を考えましたが、機器調整もする必要があり、夜半前に彗星をふたつ撮影(後述)、明け方近くに月撮影となりました。

今朝方はオニール橋の光が頃合い良く、「橋らしく見えるかどうか」を観察するのに好都合。時間をかけて観察したかったけれど、マイナス5度の気温に30分でギブアップ。体に障ってもいけないから、観察できただけで良しとしました。

オニール橋日照シミュレート
左は2日4時近くの様子。オニール橋基準点における太陽高度は約+3.71°。右のシミュレート画像と比べてみると、同等の日照であると分かります。(シミュレートは自作プログラムによるもので、直上から見下ろす投影になっていますのでご注意。)

どうですか、橋が架かっているように見えるでしょうか?あるいは橋の下に夕日が差し込んでいるように見えますか?望遠鏡で見たとき、私などはどうしても先入観が邪魔をしてしまいますから、全く見たことない方々に判断してほしいですね。

20210102月とプレセペ星団の接近
もうひとつ、昨夜の月はすぐ近くのプレセペ星団(M44)と5°程度の離角で並んでおり、とても綺麗でした。右画像は多段階露光で、星団の星々から月面模様まで写し込んだもの。あまりにも明るさの差があり苦労しました。

下A・B画像は夜半前に撮影したボアッティーニ彗星(398P)とアトラス彗星(C/2020 M3)。高度を上げているボアッティーニ彗星は近日点を過ぎたにもかかわらず明るく感じました。アトラス彗星(C/2020 M3)は接近中のカペラ(画像左上)と同一写野。強烈な光に負けてしまいました。コマがあるような、無いような…。カペラから離れたらまた撮ってみましょう。

  • 20210101ボアッティーニ彗星(398P)

    A.ボアッティーニ彗星(398P)
  • 20210101アトラス彗星(C/2020 M3)

    B.アトラス彗星(C/2020 M3)


今日の太陽は2021年でいちばん大きく見えます2021/01/02

20210102太陽
朝からよく晴れています。近くのアメダスポイントによると今朝の最低気温はマイナス5.7度でした。乾燥しているので霜はほとんど付きません。

20210102太陽リム
左は11時頃の太陽。活動領域12794の黒点はリム近くに見えています。左から右まで持ってくれましたね。12795にもまだ黒点はあるようですが、すごく小さくなりました。続く活動領域はいまのところしばらく無さそうです。

本日は今年2021年の近日点通過日。正確には今夜22:51ごろ、地球と太陽が最も近くなります。ということで、恒例の近日点・遠日点太陽比較を下Aとして掲載、また本日撮影時の太陽の向きを下Bに掲載しました。前回の遠日点通過は2020年7月4日でしたが、あいにく天気が悪かったため二日前の画像を使いました。今日の撮影は近日点通過の約12時間前ですから、明日朝の太陽も同程度の近さでしょう。今日曇ってしまった地方の方は明日の快晴を期待してくださいね。

  • 20210102太陽の大きさ比較

    A.太陽の大きさ比較
  • 20210102太陽の向き

    B.太陽の向き


地球の近日点通過日変化(計算値)
2020年12月26日記事にもちょっとコメントしましたが、今年2日に地球が近日点を通過したあと、来年から当面は「1月2日JSTの通過」は起こりません。あくまで計算値でのお話ですが、左図のようにごく僅かずつ遅れてゆくからです。

次に「1月2日JSTの通過」が現れるのは2073年のようです。そのころ地球はどうなっているやら…