2019年の台風3号が本州南岸で発生2019/06/28


20190627-1800jst台風3号
気象庁によると、27日18:00、本州南岸を通過中であった熱帯低気圧が台風3号「セーパット/SEPAT」になりました。直前の台風2号発生から127日と15時間後、2号消滅からは119日3時間が経っています。三ヶ月近く台風がなかったのですね。

左は発生時の気象衛星ひまわり画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。日本付近は日没を迎えつつあって暗いので、可視光ではなく赤外線白黒画像を使いました。赤点線円は台風中心の直径1000km円を表します。

今回はかなり本州に接近してから台風になりました。ほとんどの低気圧や台風がそうであるように、中心位置から離れたところでも大きな被害が発生します。今回も熱帯低気圧接近前から風雨は強まっており、台風発生がニュースになった頃はすでに関東近くまで影響が及んでいました。「台風になってないからと言って用心しないのは危険」であることを物語っています。

多くの台風は日本から南に離れた暖かい海域で台風に発達するため「気持ちを準備し災害に抗する猶予」があるけれど、本州近くで台風になったものがないわけではありません。試しに気象庁ベストトラックを使って1951年以降の台風発生位置分布+初動方向を描いてみると、下A・B図のようになりました(今回の台風3号は速報位置、それ以前は確定位置)想像以上に多いんですね。油断大敵。

このところの天気予報やニュースが「台風になるかならないか」「梅雨入りするかしないか」といった“イベント偏重”になっていることがとても気になりました。命や財産を守るのに必要な情報は、それではないはずです。報道した瞬間に市民へ届くわけではないから、「情報伝達のタイムラグ」も十分に考慮すべきでしょう。深夜に警戒することを夜のニュースで発表してもなすすべがありません。24時間前に耳に入らないと、たいていの社会人は行動できないんです。

なおフィリピン東海上には新たな熱帯低気圧が発生しており、今回の台風と似た振る舞いをしています。また台風3号と少々前後しますが、アメリカ西海岸近くにも東太平洋エリアでは今年初のTropical Storm「ALVIN」が発生しました。用心してくださいね。

  • 台風発生時の位置

    A.台風発生時の位置
  • 台風発生時の位置(本州付近)

    B.台風発生時の位置(本州付近)


【追記】
気象庁によると台風3号は28日15:00に温帯低気圧へと変わり、21時間という短時間で台風活動を終えました。

台風発生時の位置(年代別)
星仲間のかすてんさんが年代別の発生位置マップをご所望とのことなので、10年刻みで色分けしてみました。詳しく見ていただくため、西側のごく一部をカットして拡大率を上げました。日付変更線近くのものの多くはハリケーンからの越境台風です。

1977年台風1号から今回の3号までは台風毎のACE値(Accumulated Cyclone Energy/台風蓄積エネルギー)を全経路に渡って加算し、これを位置マーカーの直径に反映しました。(※発生時の勢力ではありませんのでご注意!!)位置が重なってしまうケースも多いため、半透明にしてあります。

特にACEが大きいものは番号を振りました。重なって見辛いのですが、文字と同じ色の大きな丸が近くに描かれています。ACEが大きい台風=勢力が大きいとは限らず、弱いままでも長期間活動すれば大きな値になります。どの年代の、どのあたりで発生した台風が大きなエネルギーを持つことになったか一目瞭然ですね。念のため、過去に強い台風が無かったと言うことではありません。1976年以前の台風ベストトラックに風速データが無くて計算できないだけなので誤解の無いようにお願いします。



コメント

トラックバック