板垣さんがM31に新星候補を発見2019/06/26

20190626 PNV_J00455384+4217028
本日6月26日0時過ぎ、山形県の板垣公一さんがM31・アンドロメダ銀河に17等の新星らしき天体を発見したようです。(※超新星ではなく新星とのこと。)昨夜から今朝にかけて珍しく晴れ間が安定していたため、明け方に見えていたM31に望遠鏡を向けてみました。

実はこの情報を知ったとき、すでに別天体を撮影中でした。天体観察はいつも狭いアパートの庭。360°見晴らしよいはずがなく、その夜に撮りたい方向以外は諦めて機材設置しなくてはいけません。

残念ながらM31は電線が多い方向でした。ひと晩快晴であっても夜時間がとても少ないこの時期、重い望遠鏡を移動再設置する時間はありません。やむなく薄明まで別天体を撮影しきった後、新星候補を電線越しに撮ってみることにしました。下弦の月明かりがあったので薄明でもさほど関係なく、またギリギリまで遅らすことで写野が電線密集帯から開放される可能性も考えた上での判断でした。

20170803_M31
撮影中にすっかり明るくなってしまいましたが、なんとか30分あまりの露出から画像を取り出すことができました(左上画像)。対象天体は確かに17等前半のようです。

薄明光を抑えるため背景を暗く落としていますが、実はこの写野、アンドロメダ銀河の最外周部なのです。撮影箇所は右画像の黄色矩形。条件良い場所で撮影すれば淡い銀河光(ハロ)や銀河内部の散光星雲などまで写るような場所だと分かるでしょう。それにしてもよくこんな場所を探しますねぇ。

台風になるかも知れない熱帯低気圧が発生2019/06/26


20190626-0600jst熱帯低気圧
気象庁によると、本日6月26日3:00、台風になるかも知れない熱帯低気圧が発生しました。この熱帯低気圧、実は17日21時の天気図からずっとフィリピン東海上をさまよっていたもので、特に発達することもなく、なんとなく沖縄の南までやってきたのです。ここまで北上しておいて今更台風になるの?とも思いますが…。

左は発生から3時間経った本日6:00の気象衛星ひまわり画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。まだ該当地域が十分明るくないため、赤外画像を使っています。オレンジ点円は熱帯低気圧中心の直径1000km円を表しています。渦を巻いているわけではありませんが、発達した雲がまとまってますね。

このまま余り発達せず終わる可能性もありますが、少なくとも梅雨前線上にあって前線を大いに刺激することは間違いありません。今日の予報では北上して沖縄や九州に接近する見込みとのこと。お近くにお住まいの方、お近くに出かける御用がある方は十分注意してください。

なお台風になった場合、令和の1号ではなく、3号からとなります。今年は既に2号まで発生しているからです。また、これまで3日先までしか発表されなかった台風強度予報が「5日先まで」に変更になります。(※今年3月14日以降施行されていましたが、ずっと台風が発生してませんでした。→気象庁報道資料

気象庁によると本日26日、九州北部、四国、中国、近畿の各地方が梅雨入りしたとのこと。上記の熱帯低気圧が前線を押し上げているようです。2018年までの確定値(未確定年を除く)によれば、梅雨入り最遅日は九州北部地方が6月22日(1967年)、四国地方が6月21日(1967年)、中国地方が6月24日(1968年)、近畿地方が6月25日(1958年)でした。今年の日付がこのまま確定されると、四つの地方全てで最遅日を更新することになります。(→参考:アーカイブ「梅雨」


今日の太陽2019/06/26

20190626太陽
朝からよく晴れています。昼前から南風が強まり、午後は風速5m/s前後に達しました。気温も真夏日一歩手前…。

20190626太陽リム
左は13:40前の太陽。活動領域12742と12743は健在です。12743周囲の白斑も見えていますね。左下にあったものは消えたようです。プロミネンスはかなり活発で、4時の方向と7時から8時にかけての方向に広く展開してました。左上のものも目立ちますね。