月初めの素晴らしい空に彗星ふたつ観察2018/11/01

  • 20181101ステファン・オテルマ彗星(38P)

    A.ステファン・オテルマ彗星(38P)
  • 20181101ジャコビニ・ツィナー彗星(21P)

    B.ジャコビニ・ツィナー彗星(21P)


10月最後の星空から11月最初の星空へバトンタッチ。夜半過ぎくらいまでは雲が流れ、しかも二層になっていて厄介でした。低い雲は速く、高い雲は遅く移動し、なかなか雲間がありません。仮眠を取ってやり過ごしていると、2時くらいからメチャメチャ透明度の高い空がやって来ました。気温が急激に下がったためと思われ、明け方には5度台まで冷え込んでしまいました。

ちょうど下弦の月があり、まだ淡い天体向きではない空ですが、見頃の彗星を写したい気持ちが勝りました。偶然にも、もう見えないだろうと思っていたジャコビニ・ツィナー彗星(21P)が南中頃に少しのあいだ近隣住宅の隙間から写せると分かり(南下の速度が遅くなった?)、このタイミングを待つ間に月から離れたステファン・オテルマ彗星(38P)も狙ってみました。

38Pは正に見頃で、月があってもしっかり写ります。三日前の10月29日の撮影では緑に広がるコマしか写りませんでしたが、今回は短いダストテイルがよく分かります。画像右上のぼんやりした光芒はNGC2339というふたご座にある銀河。いっぽう、21Pは液晶モニタで全く見えなくなりました。撮影中盤から突如原因不明のピンぼけが生じて星像が肥大してますが、無理矢理コンポジットして仕上げました。彗星は急速に暗くなっていますが、まだ西向き(右向き)の尾の存在が分かります。さすがにコマはよく分かりませんでした。

薄明の中で後片付けをしていると、東に何やら明るい星。なんだろうと思ったらアルクトゥルスでした。明け方のしし座やおおぐま座がどんどん高くなるシーズンを迎えます。

コメント

トラックバック