急速に晴れた明け方のリニア彗星2016/04/08

20160408リニア彗星(252P)
昨日は一日花散らしの雨でした。夕方まで続いた悪天は夜半前に回復し、日付が8日になって2時間もすると大部分が星空となりました。でもせっかくの新月夜なのに、湿気がひどくて透明度はがた落ちです。

薄雲が残っている状態で薄明開始まで1時間余りでしたが、急きょ望遠鏡をセット。なんとか3:47の薄明開始まで10分あまりリニア彗星(252P)を撮影できました。左画像の画角は約5.3°×3.5°、上方向が天の北方向、恒星位置基準の合成処理です。画像下、やや左に球状星団M14を入れてみました。

撮影画像を見ると6日の撮影時よりもひとまわり暗くなった気がしました。気象や撮影の条件が違うため簡単には比較できませんが、もう肉眼光度以下は確実で、7等台近くまで落ちたと思われます。これからは急速に暗くなるでしょう。まだ見てない方は、向こう一週間がラストチャンスですよ。

参考:
リニア彗星(252P)に関係する記事(ブログ内)

今日の太陽とタンジェントアーク2016/04/08

20160408太陽
明け方は1時間ほど晴れましたが、日が出た時間頃から再び雲が多くなりました。今日は夕方まで雲が多そうです。

20160408太陽リム
左は9時半前の太陽。雲越しに撮っていますので不鮮明です。しばらく光球面に目立った領域がありませんでしたが、左リムから大きな黒点と活動領域が見えてきました。今後に期待です。プロミネンスは細かなものが幾つも見えました。

あらためて空を見ると、太陽直下に水平虹の様なものが見えました(下左画像の矢印のところ)。太陽からの離角は内暈半径程度なので、環水平アークではありません。内暈は出ていませんが、内暈下部に沿うような下部タンジェントアークではないかと思います。下右画像はアークの拡大です。上部タンジェントアークは見えませんでした。

  • 20160408下部ラテラルアーク
  • 20160408下部ラテラルアーク

桜とツバメと幻日と2016/04/08

20160408夕方
予想通り、夕方近くまで雲が多い一日でした。17時を過ぎると夕日が出始めたので、ベランダでしばし日光浴。そのうち、雲間にごく淡い幻日を見つけました。左画像の矢印のところですが、分かりますか?(右下は拡大画像です。)

20160408幻日
幻日は数分ほど見えていましたが、間もなく姿を消してしまいました。今日は太陽左側のみで、右側の幻日は皆無。もう少し雲が引く時間が早ければ色々な現象が見えたかも知れません。これも時の運ですね。

20160408桜
低くなった夕日が街を美しく染めました。近くの公園に咲き誇る桜にも夕日が差し、大変きれいに輝いています。見とれていると空のどこかから聞き慣れた鳴き声が…。

それはツバメでした。今季最初のツバメがやってきたのです。このところ空を見上げて探していたのですが、やっと巡り会えました。今日はこの桜の上空で三羽確認。徐々に増えることでしょう。