急速に晴れた明け方のリニア彗星2016/04/08

20160408リニア彗星(252P)
昨日は一日花散らしの雨でした。夕方まで続いた悪天は夜半前に回復し、日付が8日になって2時間もすると大部分が星空となりました。でもせっかくの新月夜なのに、湿気がひどくて透明度はがた落ちです。

薄雲が残っている状態で薄明開始まで1時間余りでしたが、急きょ望遠鏡をセット。なんとか3:47の薄明開始まで10分あまりリニア彗星(252P)を撮影できました。左画像の画角は約5.3°×3.5°、上方向が天の北方向、恒星位置基準の合成処理です。画像下、やや左に球状星団M14を入れてみました。

撮影画像を見ると6日の撮影時よりもひとまわり暗くなった気がしました。気象や撮影の条件が違うため簡単には比較できませんが、もう肉眼光度以下は確実で、7等台近くまで落ちたと思われます。これからは急速に暗くなるでしょう。まだ見てない方は、向こう一週間がラストチャンスですよ。

参考:
リニア彗星(252P)に関係する記事(ブログ内)

コメント

トラックバック