いよいよ2017年の記録的短時間大雨シーズン2017/06/25

20170625-0300降雨
昨日から九州が大雨となっていましたが、今朝明け方には紀伊半島南端の潮岬近くで「記録的短時間大雨」となりました。

左図は気象庁サイトの高解像度降水ナウキャストからの引用で、3:00の様子。この地方では2:30頃から強い雨となり、4:00近くまで豪雨エリアがしつこく残っていました。気象庁発表によると2:40にすさみ町付近で約110mm、2:50に古座川町付近で約110mm、串本町付近で約110mmの雨量となっています。今年夏以降としては初めての記録的短時間大雨です。

ここほどではありませんが、九州各地でも積算降水量が多くなっています。昨日の速報値ですが、鹿児島県・八重山で「1時間降水量の日最大値」が80.0mm(18:51)となり、1976年の観測開始以降の最大値となりました。今朝の段階では大雨の範囲がやや北に移っているようです。各地のみなさん、今後ともお気を付けください。

参考:
アーカイブ:記録的短時間大雨情報のリスト

荒れた天気の一日でした2017/06/21

20170621-1500気象衛星画像
昨日から今日は全国的に荒れた一日でした。特に本州南寄りで多くの雨が降り、また強い風が伴いました。18:00現在の様子をまとめておきます。

左画像は本日15:00の気象衛星画像(画像元:NICTサイエンスクラウド/経緯線などは筆者)。北海道から近畿までを覆うほど大きな雨雲がありますね。渦こそ巻いていませんが、ちょっとした台風のようです。

20170621-1330降水
昨日まで渇水のニュースばかり聞いていたのですが、一転、今日は大雨や増水のニュース。静岡あたりでは浸水もあったようです。みなさんのところは大丈夫でしょうか。静岡県付近の大雨は12時台から14時台まで長いピークでした。右は気象庁サイトからの引用で13:30の降水状況。赤いエリアは神奈川・東京あたりまで伸びています。(このあと当地・茨城に15時頃やってきましたが、やや弱まっていました。)

20170621-1800-24時間降水量
雨は昨日から継続しているところもあるため、24時間降水量も見てみましょう。左は同気象庁サイトから18:00現在の24時間降水量。こうして見ると四国や近畿もダメージを受けていますね。同時刻には広い範囲で10m/sを越す強風も観測されています。お近くのみなさん、土砂災害には十分注意してください。

似たような状況は数日前にもありました。19日の記事に登場した大きな渦の低気圧通過です。下に18日21時と本日21日15時の地上天気図(出典:気象庁、着色は筆者)を並べてみました。比較すると、前回は低気圧中心が沿岸からやや離れて進行し、いっぽう今日の低気圧は本州太平洋側の陸部をダイレクトに通過した、という違いがあります。

本州に接近した段階の中心気圧はむしろ前回のほうが若干強いですが、天気図上で僅かに経路が近いだけで地上に暮らす私たちに大きな差となるんですね。下右図は最初の衛星画像と同じ時間なので比較してみてください。また下右図中、カムチャッカ半島南南東にある低気圧が、下左図の関東南岸にある低気圧の成れの果て(?)です。引き続き天候急変に注意しましょう。

  • 20170618-2100地上天気図

    6月18日21:00
  • 20170621-1500地上天気図

    6月21日15:00


20170621アメダス降水量&風速
【追記】
一日が終わり、アメダス観測値が発表になったので、降水量と風速について10分観測値をもとにグラフ化してみました(右図)。地元では土砂災害警報、各種注意報のほか、電車が遅延する等の影響がありました。交通網の乱れは全国規模だったようですね。(※図の降水量最小単位は0.5mmで、0mmの描画は「0.5mm未満の降水があった」ことを意味します。目盛が細かすぎるのはグラフソフトの仕様ということでご容赦ください。)

今日の太陽と空模様2017/06/19

20170619-1200気象衛星
昨日夕方から降り出した雨はひと晩続き、風もそれなりに強く吹く時間がありました。雨はともかく風の原因は何だろうと天気図や衛星画像を確認すると、関東南岸に発達中の低気圧があり、茨城沖へ進行していたのでした。

左画像は本日19日12:00の気象衛星画像(画像元:NICTサイエンスクラウド/経緯線などは筆者)。今日もまだ低気圧の渦がはっきり見えます。これが昨夕から東関東・東北地方に風雨をもたらした原因でした。小さな台風みたいですね、やれやれ。

20170619太陽
低気圧のおかげで今日は快晴になることはありませんでした。午後に日差しは出たのですが、常に薄雲がかかった状態。でもせっかくなので太陽面を撮影しました。

20170619太陽リム
左は16時過ぎの撮影。雲によって斑やカブリが生じています。活動領域12662の黒点がほぼ中央ラインに到達しました。右側の少し明るいところは12663です。左半球にとても目立つダークフィラメントが出ていました。プロミネンスは右下の小さなものだけです。

20170619内暈
右は太陽面撮影直後の西空。こんなに雲がありました。左側の太い雲の帯は飛行機雲です。周囲にうっすらと内暈が見えましたが、これ以外のハロは確認できませんでした。

今日の太陽と天気の急変2017/06/16

20170616太陽
明け方ようやく晴れて、朝から日差しが豊富です。ただ雲が常に出ている状態で、雲量3割から6割を行ったり来たり。

20170616太陽リム
左は14:50頃の太陽。かなり多くなってきた雲の隙間を狙って撮りました。中央にやってきた活動領域はようやく12663という番号が振られました。今日も活発そうですね。その左にある12662もだんだん中央へ近づきつつあります。昨日左リムに接していた幅のあるダークフィラメントは今日も残っています。また左上へ飛び出したプロミネンスが見事。

20170616-1700降雨レーダー
午後は茨城県の天気が急変しました。15時前に「雷と突風及び降ひょうに関する茨城県気象情報」、前後して「竜巻注意報」が何度か出されましたが、当地ではそのときまだ晴れ間がありました。異変に気付いたのは16時台に雷鳴が聞こえだしてからです。空を見ると急激に暗くなってくるのが分かりました。

17時を過ぎた頃に突然屋外からバラバラバラッと大きな音。玄関を開けると直径5mmから8mm程度の雹(ひょう)が辺り一面に降りそそいでいたのです。雹は5分ほどでやみましたが大粒の雨と雷は断続的に1時間ほど続きました。右は気象庁サイトからの引用で17:00の降雨状況。局所的な短時間大雨が栃木・埼玉・茨城・千葉などで観測されました。

下はベランダから西空の変化を3回に分けて撮影したもの。2時間ほどの間に大きく変わっていますね。18:08と18:36の画像撮影時は雨が降っていました。18:36の画像では北西方向にそびえる積乱雲が日没間際の太陽光によって「反薄明光線」を作り出しています(→参考記事)。もうこんな季節なんですね。

  • 20170616-1640西空

    16:40
  • 20170616-1808西空

    18:08
  • 20170616-1836西空

    18:36