2020年の台風17号が発生2020/10/20

20201020-0900JST台風17号
気象庁によると、昨日から台風になるかも知れないと報道のあった熱帯低気圧が本日9:00に台風17号「ソウデル/SAUDEL」になったとのことです。直前の台風16号発生から7日と18時間後、16号消滅から5日と12時間後の発生となりました。

左は発生時の気象衛星ひまわり画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。ナチュラルカラー処理のため、薄水色の雲は活発に上昇した氷粒状態、白やグレイの雲は低層の水粒状態を表します。オレンジ点線円は熱帯低気圧中心の直径1000km円を表しています。昨日よりも雲が増えた感じですね。

このあと台風17号はルソン島を横断しながら西進し、勢力を強めつつベトナム方面へ向かう予報です。フィリピンやインドシナ半島は今年も1号、2号、3号、7号、11号、15号、16号と、立て続けに台風被害を受けています。台風間隔が短い時期もあるため、復旧の間もなく次の台風が…ということもあるでしょう。日本に直接影響はなくとも、アジア圏、いや地球全土が一蓮托生。17号はどうか被害がありませんように。

なお、台風17号の北東、本州の南、小笠原のすぐ西、沖縄の東の位置にもミニ台風と呼べそうな小さい渦があって、ここにも熱帯低気圧が発生しています。これは北西に進んでいるため日本に影響が出るかも知れません。大きな台風に目を取られて足元にある小さな渦の動向を見逃さないよう、十分ご注意ください。

台風になるかも知れない熱帯低気圧発生2020/10/19


20201019-1200JST熱帯低気圧
気象庁によると、本日9:00に「台風になるかも知れない熱帯低気圧」が発生したとのこと。

左は発生から3時間経った本日12:00の気象衛星ひまわり画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。ナチュラルカラー処理のため、薄水色の雲は活発に上昇した氷粒状態、白やグレイの雲は低層の水粒状態を表します。オレンジ点線円は熱帯低気圧中心の直径1000km円を表しています。

昨日あたりから大きな渦構造を形成しつつあったので、そろそろやばいかなぁと感じていました。西あるいは西北西に向かっているようなので日本に大きく影響することはなさそうですが、予報円最北に沿って進行すると先島諸島あたりは影響が出そうです。

世の中はゆっくり海外旅行解禁に向かっていますが、まだまだコロナ禍は続いています。仕事や旅行で出かけた先で台風やハリケーン、爆弾低気圧などにより足止めを食らわないよう、油断せずに最新の気象情報をチェックしてくださいね。

ループした台風が返り咲くことはあるか?2020/10/13


1991年・台風20号
先日に伊豆諸島を横切り、南下しながら熱帯低気圧に勢力を落とした台風14号。あたかもループしながら再発達し、元のコースに戻るかのような素振りでした。今回は「台風消滅」という末路でしたが、「再発達」ということはあり得るのでしょうか?

このことを星仲間のかすてんさんがブログで触れていたので、自分でも気になって調べてみました。ちなみに台風進路がループしたものについては2018年台風12号の記事を書いた際に調べています。このときは「経路がループしたか」ということだけで、勢力の増減は気にしていません。

まず、今日時点の気象庁ベストトラック(今年の2号まで)に載っている1813個の台風についてループ台風を再計算すると227件(熱帯低気圧時期を含む)ありました。これでは多すぎるので、小さいトロコイダル運動ではなく「ある程度時間をかけて大きくループしたもの」に絞ると63件。この中で更に「いったん勢力が熱帯低気圧になった後で再び台風になったケース」…いわゆる「復活台風」かどうかで絞って8件。このひとつひとつを詳しく調べたら、「ループして南下したために復活したのでは?」と考えられる台風が3件見つかりました。

ひとつは冒頭地図に示した1991年の台風20号。赤線が台風状態、オレンジ点線は熱帯低気圧状態。フィリピンの北海域で台風になった後、とても複雑なコースをたどりつつ台湾と同緯度まで北上、そのあと急に南下してますね。この途上でいったん勢力を落としましたが、再び台風になりました。 1980年代にも下図の2件があり、いずれも複雑なコースです。なお1984年25号の開始位置は11月8日、1986年14号は8月16日、1991年20号は9月14日。時期はコースと海水温の双方に影響を与えるため、秋寄りが多くなる理屈があるのかも知れませんね。

台風の盛衰を決める主要因と進行方向を決める主要因が異なるため、「暖かい海に連れ戻されて再発達」ということがあり得るようですね。今回はループしたものに限定しましたが、ループしないけれど「進路が南下した結果として勢力が強まった」ケースもあるかも知れません。熱帯低気圧と台風という二分割でしか集計しませんでしたが、台風勢力の中でも上下しますから、もっと詳細な分析が必要でしょう。それから、進路ループのほとんどが台風回転と同じ反時計回りでした。今年の14号のような時計回りコースは少ないようです。特に大回りしたものについては2003年台風18号くらいしか見つかりませんでした。したがって、回転の向きが勢力に影響するかどうかは件数不足で分かりません。

  • 1984年・台風25号

    1984年・台風25号
  • 1986年・台風14号

    1986年・台風14号


2020年の台風16号が発生2020/10/12


20201012-1500JST台風16号
気象庁によると、昨日11日15時から「台風になるかも知れない」と発表されていた熱帯低気圧が、本日12日15時、台風16号「ナンカー/NANGKA」になったとのこと。直前の台風15号発生からわずか1日と12時間後の発生、15号より後に消滅した14号の消滅から6時間後の発生となりました。密度の高い発生ですね。

左は16号発生時の気象衛星ひまわり画像(画像元:NICT/画像処理・地図等は筆者)。赤点線円は台風中心の直径1000km円を表しています。16号は西進しており、日本に影響はない模様。いっぽう15号の渦は関東南の海上にまだはっきり見えています。また14号の雲の塊も16号の西側にまとまっていますね。だいぶ冷えてきたと言いながらも立て続けの台風発生で気が休まりせん。いつになればおさまってくるのでしょうか?

当地・茨城南部は台風の影響が少なかったものの、その後も晴れる兆しは全くありません。どうしちゃったのでしょうか…。毎日毎日灰色の空ばかり見ていると、気分が滅入ってしまいます。