『その後の月面X&LOVE』を見たことありますか?2021/02/22

20210221_10850月
昨夜から今朝も前夜同様霞んだ空でした。ただ、宵から夜半過ぎまでは少しだけ透明度が良かったので月面および小惑星アポフィスの撮影をしてみました。

左の月面は21日20:20頃の撮影で、太陽黄経差は約108.50°、撮影高度は約68.1°、月齢は9.68です。シーイングがぼろぼろで、クレーターが波打っていました。なにしろシリウスが瞬いていましたから無理もありません。

ところで、月面XやLOVEなどの文字地形を観察最適日にご覧になる方は多いでしょうが、その後の経過まで観察した方は少ないと思われます。昨夜の月で5つの文字地形位置を切り出したものを下A画像として載せておきます。これを見た上で、あらためて左画像から探し出してみてください。(すべての画像は月の北を上方向に揃えてあります。E地形だけは逆に見ないと読めませんからご注意!)

ちなみに下B画像は観察最適日当日の同じ位置の切り出し画像。太陽方向がちょっと異なるだけでこんなに見かけの印象が違うんですね。宇宙飛行士になって実際にX地形基準位置(標高2252m)から太陽を見たときの高度は、19日画像撮影時がマイナス0.97°、つまり地平線ちょっと下を見下ろすくらいでした。対して左上画像の撮影時は21.79°。今頃の関東で例えるなら、日の出から概ね2時間後の太陽高度に近いでしょう。『何日後まで文字地形を追えるか?』に挑戦するのも一興ですよ。

  • 20210221_月面文字地形

    A.2021年2月21日・月面文字地形
  • 20210219_月面文字地形

    B.2021年2月19日・月面文字地形


20210222小惑星アポフィス
日付が今日になったころから小惑星アポフィスを撮影。月が夜半すぎまで残る時期となり、またこの頃には空の霞がキツくなってきたけれど、前夜も観察できなかったためダメ元で決行しました。これ以上日が経つと満月期になり、しばらくお預けになってしまいますからね。

星像ぼやぼや、背景カブリまくりだったけれど、何とか写りました(左画像)。計算上は16.3等と明るくなり、ひどい空環境なのに写真写りは良くなりました。撮影を終える頃は霧が出てきてしまいました。ぎりぎりセーフ…?

今月末頃ごろが光度ピーク、そして以前も書きましたが、地球最接近は3月6日10:15JST、推定される接近距離は0.11265AU(CNEOSによる)。次の下弦を過ぎて月明かりの影響がなくなる頃が見頃でしょう。

今日の太陽と花粉光環2021/02/22

20210222太陽
朝から晴れています。前日同様気温が高く、昼過ぎに20度に達しました。

20210222太陽リム
左は10:10頃の太陽。右下のプロミネンスに「キターーーー!!」と叫んでしまう前に目についたのが、中央上寄りに見える小さなプラージュ。昨日採番された活動領域12803の位置ではないと直感し、調べたところ、やはり東寄りに発生した新たな領域でした。ここにも微小黒点群が出ており、今後も消えなければ活動領域に認定されるものと思われます。北半球がにわかに活気づいてきましたね。

右下にあったダークフィラメントがついに光球外へ出ました。立体的に見えていい感じです。

昼過ぎからは風が強まり、とうとう今年初のスギ花粉光環が肉眼で確認できました(もちろん減光/遮光対策をしています)。下A画像はかなり彩度を上げてありますが、実際はかなり弱い発色でした。霞が悪影響を及ぼしていると思われます。

それから太陽観測衛星SOHOのLASCO-C3カメラ写野内に明け方の低空を飾っていた金星が入ってきました。下B画像、右端の強烈な輝きがそうです。実は本体が映り込む二日ほど前から、ブルーミングと言いますかスミアと言いますか、強烈な光の一部がこぼれて写っていました。金星はほんとうに明るいですねぇ。

  • 20210222花粉光環

    A.スギ花粉光環
  • 20210222-0554UT-SOHO-LASCO-C3

    B.LASCO-C3画像(22日5:54UT)