久しぶりにハウメアとマケマケにご対面2021/02/09

  • 20210209準惑星ハウメア

    A.ハウメア
  • 20210209準惑星マケマケ

    B.マケマケ

上は今日未明に撮影した準惑星ハウメアとマケマケ。どこにあるか分かりますか?ノーヒントじゃ、全く分かりませんよね。

毎年のように望遠鏡を向けていたハウメアとマケマケでしたが、「そう言えば去年は撮影してなかったかなぁ」と思い返しました。コロナ禍などもあって気忙しく、幾つも掲げていたテーマもすっかり逃してましたね。…ということで、8日と9日の二日かけて準惑星たちを撮影したのでした。

どちらも17等台と暗いためたっぷり露出が必要なのは仕方ないとして、確認に二日必要なのは「一回の撮影では移動が分からない」という理由があるからです。1、2時間露出したところで、焦点距離が高々2000mmも無い私の機材では原画上で数ピクセルしか動きません。冬のシーイングじゃ揺らぎの誤差に埋もれてしまいます。背景の微光星と区別が付きませんからね。

さて、どこにあるかは下のパラパラ画像で探してみてください。下部プルダウンメニューで二日間の画像を入れ替えられます。(前出画像の中央付近を若干トリミングしてあります。)ヘタった液晶モニター等では見えないかも知れません。画面を明るめにしてくださいね。







20210209コープランドの七つ子
【おまけ】

日付が変わる頃に撮影した「コープランドの七つ子」。しし座にある銀河の集まりです。ヒクソン・コンパクト・グループの番号は57(HCG57)。透明度は良かったもののシーイングが悪く、おまけに5m/s前後の強風が吹いていたため星像が肥大しています。

今日の太陽2021/02/09

20210209太陽
昨夜は前夜ほどではないものの、夜半まで雲の通過が目立ちました。夜半前には久々に氷点下となり、そこから夜明けまで徐々に気温が上昇するという不思議な空模様。また風が強く、明け方は6m/s前後の風に晒されながら天体撮影するというとんでもない状況でした。朝からもよく晴れていますが風は残り、昼過ぎには8m/sを超えています。

20210209太陽リム
左は10:40頃の太陽。活動領域はありません。この画像では見えませんが、昨日左下に見えたプラージュ付近に小さな黒点ができたようです。左下リムからとても高いプロミネンスがまっすぐ立ち上っていました。また右やや上リムにも活発な吹き出しがあるようです。