微増光中の新天体たちを観察2021/02/07

20210207_AT2021biy in NGC4631
NGC4631(Whale Galaxy)に出現した謎の天体AT2021biyを2月4日に撮影しましたが、若干明るくなっている様なので再度撮影してみました。

ブログ用に縮めてしまうとさほど違いが出ませんが、少し明るい印象を受けます。ただ、シーイングのせいかも知れないし、4日の撮影はさんざん雲の邪魔が入ってるため厳密な比較はできません。あくまでも“印象”です。少なくとも「撮影できないほど暗くなっていない」ことは間違いありません。モニター画面でも存在が分かりました。

20210207_SN2021biz in NGC4227
もうひとつ、NGC4631の近くにあるNGC4227にもType-Iaの超新星SN2021bizが発見されていましたので、撮影してみました(右画像)。これもここ数日増光しているようで、思っていたより明るくシャープな星像です。周囲の星との比較から、16.0等より明るくなってるのでは、と見積もりました。

昨夕から今朝にかけては透明度がかなり落ちていました。明け方でも氷点下になることはなく、湿度が高い状態。まさに春の夜空でした。

今日の太陽と野焼き2021/02/07

20210207太陽
朝からよく晴れています。今日も気温は高めで、昼過ぎに15度超え、近くのアメダスポイントでは最高気温16度を超えました。

20210207太陽リム
左は10時頃の太陽。活動領域はありませんが、左下リム近くから活発な領域が出現しつつあります。それに伴うプロミネンスが見えますね。数日前はさほど目立たなかったので、徐々に発達した領域ですね。小さいから黒点は期待できないかも知れません。そのほか、右端にも細長く伸びるプロミネンスが見えました。

午後は徐々に雲が増え、夕方には青空が見えなくなりました。

下A画像は太陽観察中に始まった近所の河川敷で行われた野焼きの煙。風向きが私の街の方へ向いていたため、急いで観察を終えなくてはなりませんでした。

下B画像はこの写真を撮影したほぼ同時刻の気象衛星ひまわり画像(バンド7=赤外域/画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。茨城県付近に「威嚇してるザリガニ」のような霞ヶ浦のシルエットが見え、その西南西に明るい光が見えていますね。これが野焼きの赤外線です。さほど大規模ではありませんが、宇宙から見える程度のものだったと分かります。ここ以外にも栃木県あたりに光が見えます。やはり野焼きでしょうか?

  • 20210207野焼き

    A.野焼きの煙
  • 20210207野焼き・衛星画像

    B.気象衛星ひまわり画像(B7)