超新星SN2021Jは減光に転じてるようです2021/02/03

20210203_SN2021J
一晩晴れが続く予報だったのに昨夕から雲に覆われ、日付が今日3日に変わる頃までずっと曇り空でした。極めてローカルな雲だったのでしょうか。その後は美しい星月夜に転じました。観察したいものは色々あるけれど、1月31日の撮影でトラブルでよく撮れなかった超新星SN2021Jを狙ってみました。

下弦前でしたが前回より月明かりは暗くなっていますし、距離も若干遠く、影響は少なくて済みました。一回撮ってますから状況は分かってます。超新星が銀河核に埋もれないギリギリまで露出を伸ばし、結果的に超新星も銀河の腕も良く写ってくれました(左画像)。

写り具合を見た限りでは三日前より暗く感じました。実際、29日時点でピーク時より0.7等ほど暗い観測データも目にしました。どんどん暗くなりつつあるのでしょう。何コマかに一枚程度シーイングの影響で超新星が薄れている像もありました。それでも13等台というのは超新星としてかなり明るいほうですが、観察したい方はお早めにどうぞ。それにしてもこの領域、結構な数の銀河が写り込んでますね。

NGC4414_HST
【追記】
ハッブル宇宙望遠鏡が撮影したNGC4414があったので、おおよその超新星出現位置をマークしてみました(右画像・赤い+印の中心)。青矢印の恒星は超新星のすぐ南南西にある恒星です。(画像はWikipedia「渦巻銀河」パブリックドメイン経由で引用/マーカー記入は筆者/この画像は時計回りに約85°回すと上方向が天の北になり、私の撮影画像と向きが一致します。)

今日の太陽2021/02/03

20210203太陽
二十四節気の立春を迎えました。地球が残り45°を回り終えると原点の春分となります。今日は朝からよく晴れて、遠くに見える真っ白な富士山が美しい。明け方の気温はさほど下がりませんでしたが、昼の気温もさほど上がっていません。まさに冬と春とがせめぎ合う感じ。風は強く、昼前から5m/s超えです。

20210203太陽リム
左は10:30過ぎの太陽。右上リム近くに活動領域12800のプラージュがまだ確認できます。その左やや上の小さな黒点もまだ消えてないようです。(夜追記:この黒点周囲のエリアは12801と採番されました。)右上リムからとんでもない長さのプロミネンスが伸びていることに気が付きました(右画像のインサート参照)。

20210203-002150UT_Bh
淡いプロミネンスやフレアの経過確認でいつも利用しているNSO/GONGのHα履歴にも前述の長いプロミネンスが確認できました。いやいや、それよりもビックリしたのは、飛行機が写り込んでいたこと(右画像)。なんだか親しみを感じました。これを見る限り、GONGの画像は短時間で複数枚撮影したものを加算平均してるようですね。