光害地での天体撮影(透明度の悪い空で限界を知る)2018/10/10

  • 20181010_NGC246

    A.NGC246(C56)
  • 20181010_M77&NGC1055

    B.M77とNGC1055
  • 20181010_NGC1333

    C.NGC1333


昨夜から今朝は雲もほとんど無く天気は快星だったのですが、一昨夜に比べて透明度ががた落ちでした。雲がないのに1等星すら暗く感じます。夜半前には既に地上の結露が激しかったので、大気の水蒸気量が多かったのでしょう。

こんなときまともな天体観測はできませんが、逆にチャンスでもあります。多くの天文ファンなら良い空を求めて山奧などに移動可能でしょうが、私は身体障害の都合で自宅観測しか選択肢がありません。視界が悪く明るい街中で何がどこまで観察できるのか、望遠鏡とカメラと事後画像処理でどう工夫したらどこまで撮影できるか、普段から深く追求しておく必要があります。

そんなわけで、透明度2/5程度の昨夜は他の観測を止めて、夜半過ぎから明け方まで三種のNGC天体を順に写すことにしました。ターゲットは西から東、南から北、明るさも光害地で無理そうな対象ばかり。結果が上の三画像です。いずれも光害カットフィルター1枚だけで、各60分程度のザックリした撮影ですが、全体の処理を何度も見直し工夫すれば写せることが分かりました。とりわけNGC246「どくろ星雲」やM77外周の淡い楕円状の広がりが確認できたのには驚きです。透明度の良い日にフィルターワーク+数時間露出を組み合わせれば画質も向上できるでしょう。(※今回は諸事情により右方向を北にして撮影しました。熱ノイズがひどかったので強めの画像処理で画質が荒れています。)

敢えて悪い空を選んで無理に撮影する人はいらっしゃらないと思います。ですが、空の良い日や季節が選べる星雲星団と、日時限定の天文現象や待ってくれない移動天体とでは状況が全く違います。透明度最悪でも撮影しなくてはならないケースは少なくありません。普段の空き時間にこうした挑戦をして自分の限界を知ったり、限界突破能力を身に付けることはとても重要ですね。

参考:
光害地での天体撮影(しし座の三連銀河)(2017/03/01)
光害地での天体撮影(かみのけ座のNGC4565)(2017/03/02)
光害地での天体撮影(冬の南天に広がる星雲)(2017/11/22)


コメント

トラックバック