夕空を彩る幾つもの光たち2018/07/15

20180715夕日と反薄明光線
午後から晴れ渡った空は、夕方まで雲があまり湧きませんでした。日没の頃ベランダに出ると、遠くに見える雲を真っ赤に染めた夕日から薄明光線が何本も伸びています。

雲の影が強調され、反薄明光線として東の空まで届いていました。暑苦しい空気とセミの声も一緒になって、久しぶりに見る夏らしい光景です。

20180715月と金星
日が沈む前から金星と二日月が見えていましたが、日没後30分も経つとはっきりして、とても美しい光景でした。

今夕の金星と月は10°ほどの離角がありましたが、明日の夕方は3°弱まで大接近します。晴れたら多くの人の心をわしづかみにすることでしょう。

20180715月と金星
西空には金星と月だけでなく、三日前に東方最大離角を迎えた水星と、しし座の1等星レグルスも輝いていました。水星はだいぶ低かったので、どうしても近所の電線が構図に入ってしまいます。どこに何があるかは右のマーカー付き画像をご覧ください。明日の夕方も楽しみですね。

夜明けに月・すばる・ヒアデスが接近2018/07/10

20180710月とすばる・ヒアデス
昨夜から今朝も曇ったり晴れたりの不安定なお天気でした。望遠鏡による観察は諦め、明け方に見えるはずの月とすばるの接近を楽しみに待ちました。

薄明が近づいたころに天気を確認すると、まずまずの星空。低空にはもう薄雲に包まれた細い月が登っていました。月の下にはヒアデス星団も見えるはずですが、我が家からは近隣の建物で全く見えません。そこで、カメラを担いで近くの広場へ向かいました。

ところが15分も歩くうちに空を雲が覆い始めたのです。現地到着後急いで組み立て、何枚か撮ったところで完全に曇り空となってしまいました。辛うじて写っている画像も8割が雲に覆われていましたが、画像処理を駆使して何とか仕上げてみました(左画像)。左上にすばる、下辺左寄りの明るい星がアルデバラン。その周囲に広がる星々がヒアデス星団です。

適切なレンズを持ってないため窮屈な構図ですが、ひとまず美しい光景を記録することができました。4月下旬頃に夕空で月・すばる・ヒアデス・金星が接近していたことをつい最近のように思い出しましたが、もう3ヶ月も経ったのかぁ…。そりゃあ明け方にすばるが見える訳ですねぇ。時の流れは実に早いです。最近の夜明けにはもうペガススが頭上に差しかかっていますよ。

日本時間で今日夕方頃に地球のどこかで月がアルデバランを隠しているでしょう。明日明け方にはヒアデスよりずっと左下に極細の月が見えるはずです。この月は間もなく13日に日食を起こします。日本からは見えませんが、オーストラリアの一部で部分日食となるそうです。(→「アーカイブ:静止気象衛星による日食月影の可視範囲」参照。)

束の間の晴れ間に金星とプレセペ星団の接近2018/06/19

20180619金星とM44
日没頃まで4、5時間、爽やかな青空に恵まれましたが、日が暮れる頃から怪しい雲がせり出しました。少し暗くなった19時半ころに「間に合うかな?」と金星を目で追いつつ、機材をセット。そう、ここ数日は金星とプレセペ星団(M44)が大接近しているのです。

ピントを合わせてから構図を決める間もなくすぐ撮影。5秒×10カットほど撮影したところで写野は雲に覆われてしまいました。「もう少し暗くなってから…」と思っていたけれど、天気の変化にはあらがえません。それでも何とか左のように撮影できたのは奇跡です。実際の画像はもっと明るくて青空のようですが、画像処理で暗めに抑えてあります。

明るい金星の左にパラパラと暗い星が集まっているところがプレセペ星団。最接近は明日ですが、明日は確実に雨と思われるので、今夕撮影できて本当に良かった…。金星が縦に伸びているのは、薄雲がかかって「金星柱」とでも言うべき光柱現象が現れていたためと推測します。(※この画像は上が天頂方向です。)次に金星とM44が接近するのは来年8月3日ですが、太陽至近で起こるため見えません。その次は2020年9月13日明け方で、これは良く見えるでしょう。またメジャーなM天体との接近では、2019年2月頭明け方のM8周辺や、2020年4月3日夕方のプレアデス星団との超接近などもあります。

参考:
金星と接近する天体たち(2018/05/20)
明け方の空で金星とプレセペが接近(2017/09/04)
プレセペ星団に近づく金星(2015/06/10)


夕空に金星・ヒアデス・プレアデスが並ぶ2018/04/28

20180428金星とおうし座の星団たち
夕方暗くなる時間もだいぶ遅くなりました。春分から1ヶ月以上過ぎたので当然ですね。薄暮を飾る金星もずいぶん北寄りに沈むようになっています。

その金星ですが、今夕はちょうどおうし座のヒアデス星団とプレアデス星団に挟まれていました。なかなかの絶景なんですが、かなり低空のため霞んでしまうのが惜しい…。折しもロシア森林火災による影響が全国に出ており、昨日から明日頃まで空の霞が増しているようです。

左上画像は19:30頃の撮影。また薄暮が収まっておらず、画面下に電線が写り込んでしまうほど低空です。霞んでいる空で微光星までうまく表現するのは困難の極みでした。左上のオレンジ色の輝星はアルデバラン。これから沈もうとするヒアデス星団はV字の向きになっています。右下にはプレアデス星団(すばる)の細かい星々が見えています。肉眼ではギリギリでした。