アステリズム探訪[3]:飛ぶ鷲2017/06/22

わし座の中に別の鷲がいる!?(下画像にマウスカーソルを乗せる前に探してみましょう。大きな画像は記事末をどうぞ。)


「飛ぶ鷲」の場所
「わし座」はAD100年台にまとめられたプトレマイオス48星座のひとつ。夏の大三角の一端をになう星座だけれど、わし座そのものを結ぶのは意外に難しい。同じ鳥類のはくちょう座に比べ特徴が薄く、どこが頭でどこが翼かも全く分かりません。そんな中で一応目立ってくれるのは1等星アルタイル(α星)を中心としたβ星、γ星の三つ星。明るいアルタイルのおかげで、光害がある街中でも三つ星を双眼鏡で探し出せるのです。

アルタイルは「飛ぶ鷲」という意味を持つアラビア語。わし座の首から背中を構成するβ・α・γの三つ星だけを取り出し、「翼を広げて飛ぶ鷲」をイメージする見立てもあるようです(左上のステラナビゲーター星図参照)。現在のわし座の形状は正確な星図がまとめられ始めた16世紀以降の体系を色濃く反映していますが、2000年も前のプトレマイオスはもっと小さな星座を描いていたのかも知れませんね。わし座全体も、アルタイル単独も、β・α・γの三つ星も、すべて「鷲」。どれだけ鷲が好きなんでしょ?

フラムスチード・や座周辺
左図はアステリズム探訪[2]でも引用したフラムスチード星図のや座付近(オーストラリア国立図書館より引用)。「飛ぶ鷲」とや座は正確に南北関係にあります。矢の長さ(αSgeからγSgeまで)と三つ星の長さはほぼ同じですから、一緒に探して確認してみましょう。

わし座の学名はAquila、略号はAql。α星(アルタイル)は0.75等で、別名はご存じ「彦星」。β星は3.7等、γ星は2.7等。画像を見ると分かりますがγ星はかなり赤寄りの色(スペクトルはK3型)で、双眼鏡でも感じ取れるでしょう。対してβ星は太陽に近い色合い(同、G8型)、またアルタイルは若干青みがかった色(同、A7型)。信号機のようですが、並びが日本の道路で見られるものと違ってて惜しい。

彦星をはさむβとγは七夕伝説の中で織姫との間にできた二人のこどもとされます。周囲は天の川に包まれており、背景が細かな星で埋め尽くされている“砂浜”のようなところ。鷲だけでなく、川辺に戯れる牽牛父子の姿も想像してみてくださいね。

  • 昇る鷲m1

    (A)
  • 昇る鷲m2

    (B)
  • 昇る鷲m3

    (C)

アステリズム探訪[2]:キューピッドの矢(や座)2017/06/11

天の川の真ん中に、キューピッドの放った矢が漂っています。見つけたら幸せになれるかな?(下画像にマウスカーソルを乗せる前に探してみましょう。大きな画像は記事末をどうぞ。)


や座の場所
この星の並びは「や座」(Sagitta/略号Sge)というひとつの星座。東西に細長い領域を持ち、88個ある現在の星座で三番目に小さく可愛らしい。でもプトレマイオス48星座に数えられた由緒正しき歴史があります。夏の大三角の「とんがり帽子」が見つかれば探すのは簡単。暗闇に十分慣らした目で帽子の尖ってる頂角の内側を見てください(右のステラナビゲーター星図参照)。この帽子は観察日時や頭の向きで随分回転して見えるため、「尖ったほうに近い」ことを覚えてくださいね。右図では上方向が北極星の方向です。

「場所は多分合ってるのに見えないよ」という方もいらっしゃるでしょう。無理もありません。矢を形どる星は一番明るくても3.7等星。だから3等星までしか確認できない光害地や月の明るい夜だと肉眼では無理。天体向けの小型双眼鏡を使えば星座全体が視野にすっぽり収まります。反対に山奥などの星があふれる場所では、“星が多すぎて”なかなか見つからないことも。冒頭に書いたとおり、ここは天の川のど真ん中だからです。

フラムスチード・や座周辺
初めて見つけた方は、星の配列が本当に矢のようで驚かれるでしょう。下のC図でγ星−δ星からα星とβ星に分かれるところなんて矢羽根のフォルムそっくり。でも古い星図ではγ星(またはη星)を矢尻、ε星を矢羽根にあてがうのが一般的でした。なぜそうしたか皆目分かりませんが、星座の結び方は国際的に決まってるわけでなく、「うちが元祖」とか「本家はこっち」とかありません。自由に想像しましょう。

左図はフラムスチード星図のや座付近(オーストラリア国立図書館より引用)。原図はもっと繊細なのでぜひご覧ください。どうしたことか北側の「こぎつね座」に踏みつけられて、なんともかわいそう…。

20170430_M27
M天体として有名な亜鈴状星雲(M27/右画像)や球状星団M71など周囲には見所たくさん。天体望遠鏡が使える方は探してみましょう。アステリズム探訪[1]で紹介した「コートハンガー」もすぐ近く。コートハンガーをダイレクトに見つけるのは難しいですが、や座を使えばバッチリ。このエリアは「肉眼」「双眼鏡」「望遠鏡」の視野範囲を使い分けるトレーニングに持って来いです。

  • や座m1

    (A)
  • や座m2

    (B)
  • や座m3

    (C)

アステリズム探訪[1]:コートハンガー2017/05/21

夏なのに「コート掛け」の星列があるよ。でもひっくり返ってる!?(下画像にマウスカーソルを乗せる前に探してみましょう。大きな画像は記事末をどうぞ。)


天体ファンの間で「コートハンガー」と呼ばれる星列は正式名称「散開星団Cr399」。はくちょう座の南側、こぎつね座とや座の境界付近(領域としてはこぎつね座)にあって、小型双眼鏡で見つけることができます。そのものずばり「コート掛け」、つまりハンガーの形に星が並んでいますね。ただし上方向を北極星方向に合わせるとハンガーが逆さになってしまい、鴨居フックみたい。

それにしても、型崩れしそうな直線ハンガーですね。横幅は約1.5°もあり、もしこれに掛けるコートがあったら、着る人の顔が月の大きさほどになるでしょうか?肉眼で直に観察するには小さくて暗過ぎ、望遠鏡では拡大し過ぎ。口径3cmから5cm、倍率7倍程度の小型双眼鏡がちょうど良いですね。

この付近は南天に向かって天の川が濃くなる星野なので、背景が微光星でいっぱい。天の川も一様ではなく斑になって見えることが分かるでしょう。直接探すことができるまでにはかなりの熟練が必要ですが、次のアステリズム探訪[2]で紹介する「や座」を先に見つければ、コートハンガーは難なく探し出せるでしょう。夏の星空散策の折は寄り道してくださいね。

  • コートハンガーm1

    (A)
  • コートハンガーm2

    (B)
  • コートハンガーm3

    (C)Vul…こぎつね座、Sge…や座の略称

久しぶりの穏やかな晴れ間を味わいました2017/05/19

170519南天の星々
昨日は午前中に突然雷雨となってビックリ。当地だけでなく関東のあちこちが局所的な雷雨に見舞われたようです。午後は徐々に回復、日没からは久しぶりにほぼ雲無しの空が広がりました。心身が疲れていたので早めに休み、あらためて夜半過ぎに起きました。透明度は悪いものの晴れが続いており、目を慣らせば淡い天の川も見えました。

重機材を出す余裕が無かったので、小さなカメラを三脚に載せて近くの広場へ。南中を迎えた土星を中心に、右側のさそり座と左側のいて座、淡い天の川などをスナップ撮影しました(左画像)。ややピンぼけですが、このほうが星の色が分かりますね。左上の輝星は彦星。土星が夜半ちょうどに南中する「衝」を迎えるのは6月中旬です。

170519明け方の金星
すでに下弦近くの月が登り、鈍いオレンジに光っていました。低空の透明度は極端に悪かったようです。西方最大離角を迎えた水星が2時間ほど後に昇ってくるので、いったん帰宅してまた広場へ。金星と水星をペアで捉えようとカメラをセットしたところ、低空のモヤがひどくなっているのに気付きました。

これ、実は濃霧でした。広場は高台にあるのですが、すぐ側まで濃い霧が迫ってくるのが見えました。低空の水星は当然見えず、右画像のような間抜けな写真になってしまいました。このあと一時は金星も霞むほどの霧に覆われました。

170519明け方の月
ふと南東の月を見てビックリ。周囲に明るい光環ができています。短焦点レンズ一本しか携帯してなかったので像が小さいですが、左画像のようにしっかり写りました。薄明中で背景が明るいですから、光環はもっと明るかったのですね。撮影時は一重しか見えませんでしたが、画像を見ると二重目まで確認できます。

ホトトギスの声が冴え渡る、とても素敵な夜明けでした。この週末は概ね晴天が持ちそうです。