絢爛豪華な明け方の星々2020/08/25

20200825明け方の星々
昨夜は夜半まで晴れていたので、ちょうど本日25日に迎える「伝統的七夕」に先立って夏の大三角を目で楽しみました。恒星は4等がギリギリだったのですが、はくちょう座付近の天の川がごくうっすらと見えています。夜半すぎからは空一面が雲に覆われたり、また晴れたりという繰り返しで朝を迎えました。いくつか観察テーマもあったのですが、お預けです。

明け方の薄明開始頃に少しだけ晴れ間があったため、あわてて簡単機材を抱え、徒歩で近くのグラウンド公園へ。移動中に西から大量の雲がやってきたため、現地に着くなり大慌てで組み上げ、構図決めもそこそこに何枚か撮影。それでも雲の多い写真になってしまいました(左画像)。

8月下旬ですから、夜明けの空にはもう冬のダイヤモンド(グレートG)が出揃っています。加えて上空の火星と中空の金星もギラギラ輝いているので絢爛豪華。街中でもため息が出るような光景。

ベテルギウスの減光
オリオン座のベテルギウスが通常の周期よりかなり早めの再減光をしてる、というニュースを聞いたのはネオワイズフィーバー真っ盛りだった7月下旬と記憶してます。以降、明け方の晴れ間に気にして眺めていました。8月頭頃はまだ低く、低空による減光と実際の減光との違いを見分けられませんでしたが、最近は暗いうちにずいぶん高くなるので、ようやく暗さが実感できるようになってます。

左上画像は赤感度の強い天体改造カメラで撮ったため、アルデバランよりもベテルギウスのほうが明るく写ってますが、肉眼では同等か、若干暗く感じました。客観的に測光する方法を模索中です。右図はAAVSOによるベテルギウス光度グラフ(今朝までの500日間/眼視光度およびV光度)。すでに昨年暮れに話題となり始めた頃のレベルまで落ち込んでいるようですね。今回はどこまで暗くなるでしょうか?要注目ですよ!

わずかな晴れ間に輝く惑星たち2020/07/24

20200724火星と秋の四辺形
昨夜は時折小雨が舞う天気でしたが、日付が今日になって薄明が始まる頃には雲がやや引いていました。屋外へ出ると雲のまにまに星が見え隠れしています。頭上に怪しく光る火星と秋の四辺形が確認できました。

なんとか撮影できないだろうかと簡易機材を持ち出し待っていると、随分雲が薄くなってくれました。四辺形と一緒の火星をパチリ(左画像)。確か春先には木星や火星と並んで南天に低く、我家の庭から見えない星の筆頭株だったはずなのに、いつのまに四辺形に並ぶくらい高く…。もう天の赤道より北に位置しています。拡大したら良像が期待できるというもんでしょう。(→参考記事

20200724金星とヒアデス&プレアデス
四辺形のうち火星に最も近いアルゲニブ(γPeg)から約4°西側には小惑星リュウグウがいます。今は20等と手が出せませんが、9月以降はアマチュアの望遠鏡でも射程内でしょう。いまから楽しみ。

すっかり白んできた東に目を向けると、雲がにじむほどギラギラ光る金星。実は玄関を開けて最初に見えたのがこの眩しい輝きでした。ちょうどヒアデス星団やプレアデス星団と縦並びになっていたので、こちらもカメラに収めておきました(右画像)。

このあとすぐ曇ってしまいましたが、毎日が灰色続きの空模様のなかで、こうしてひと時でも星空を堪能できるとは思っても見ませんでした。空に感謝。

雨の七夕2020/07/07

天の川と七夕の星々
本日は新暦の七夕。残念ながら全国的にお天気が悪く、特に九州付近では長期に渡る大雨で災害が多数発生しています。せめて被害が最小限であってほしいと星に願わずにはいられません。

左は半月ほど前の晴れた夜に撮影した天の川と七夕の星々。梅雨時でも、街中でも、よく晴れてくれさえすればこうして銀河に群がる星々を目の当たりにできます。異常な気候が常態化しつつありますが、わたしたち自身はもちろん、後世のこどもたちが星々の美しさを忘れない程度には快星の確率を維持できる環境を守りたいですね。

今年の「伝統的七夕」は8月25日とのこと。今日から一ヶ月半ほど先の話になります。ずいぶん遅いなあとも思いますが、三年前の2017年は8月28日でしたから、もっと遅い日もあるわけです。もともと秋の季語でもある旧暦七夕が現代暦の8月下旬に執り行われるのは至極当然。イベント消化に明け暮れる今のわたしたちがせっかちなのでしょう。

国立天文台では伝統的七夕の日を次のように定めています。

二十四節気の処暑(しょしょ=太陽黄経が150°になる瞬間)を含む日かそれよりも前で、処暑に最も近い朔(さく=新月)の瞬間を含む日から数えて7日目。(暦Wikiから引用

このルールを過去や未来に適用して計算した場合、どのように日付が変化するかグラフにしたのが下A図です。お月さまのサイクルが絡むため2020年3月20日記事の春分変化グラフほど規則的ではありませんが、処暑の変化が伝統的七夕の日付に少なからず影響を与えていることが見て取れます。また1900-2100年の間にどれくらいの期間で何回起きるか計算したのが下B図。それなりに頻度がばらつきますね。最早で7月31日(1968年・2006年・2044年)、最遅だと8月30日(1911年・1930年・1987年)になりました。8月末の七夕というのもなかなか楽しそう。今度こそ晴れますように。

  • 伝統的七夕の日付変化

    A.伝統的七夕の日付変化
  • 伝統的七夕の日付分布

    B.伝統的七夕の日付分布


唐突な梅雨時の天の川2020/06/17

20200617夜明け前の星空
昨夕からも曇り時々雷雨というお天気でしたが、一昨日ほどではありませんでした。夜半前からはほとんど雲のない快星夜。あまりに突然だったのでびっくりです。昼間の蒸し暑さから一変し、やや涼しくなりました。

温度差のせいか星々が冬のように瞬いていたため、拡大撮影などはやめて空全体を撮っておくことにしました。見晴らし良いところまでカメラを運び、小型赤道儀でお気軽撮影。まだ月は地面から顔を出した直後の時間帯で、影響はありません。光害がひどい場所だから絵面も明るいけれど、写真だけでなく肉眼でもうっすら天の川が見え、もうすぐ七夕であることを思い出しました。木星と土星が仲良く並び、東へ大きく離れた火星は土星よりずっと明るくなりました。

こんな梅雨の中休みは誰か熱心な捜索者が発見してるかな、と思ったら、やはりお二人の日本の方がそれぞれ別の天体を独立発見していました。左上画像では写野右欄外と、左欄外の位置です。梅雨時でなかなかチャンスがありませんが、万が一確認撮影できたらご紹介したいと思います。