北極星とラブジョイ彗星2015/06/01

20150601ラブジョイ彗星(C/2014Q2)
雲が多い夜でしたが、日付が6月1日をまわると天頂から北側の星空がわずかに晴れる時間がありました。、午前2時少し前ごろうまくタイミングを合わせ、北極星の近くにあるラブジョイ彗星(C/2014Q2)を捉えることができました。

左画像は500mm+APS-Cのほぼノートリミング画角で、少し雲が横切っています。右下の明るい星が北極星、左上の緑色の淡い光芒がラブジョイ彗星。彗星は最盛期と比べるととても暗くなりましたね。

20150601ラブジョイ彗星
元画像が不鮮明なのですが、あえて白黒反転させて強調処理すると、下やや左(7時の方向)に向かって尾が伸びているのが分かります(右画像)。観測家諸氏によると反時計回りに150度くらいの扇状の尾が広がっているようですが、この画像では分かりません。5月29日頃の北極星との最接近は天気が悪くて全くダメでしたが、とりあえず北極星から離れる前に写せて良かった…。明日以降はこの画角には収まらなくなります。

そういえば2年前の2013年、やはり扇状の長い尾を見せながら北極星に近づいていたパンスターズ彗星(C/2011L4)の姿を思い出しました。2013年を賑わせたふたつの肉眼彗星のうちの片方ですから、覚えている方も多いでしょう。2013年の3月中旬夕方に肉眼彗星→3月末明け方に移り4月上旬アンドロメダ銀河接近、4月下旬には周極星となって5月下旬に北極星の近くにやってきました

20130601パンスターズ彗星(C/2011L4)
偶然にも今日と同じ日付、2013年6月1日に撮った画像が左です。光度こそ違うものの、偶然にしては出来過ぎていて笑っちゃうくらいのシンクロ率ですね。天の北極に近いと尾が扇状に見えるなんていう法則性は無いと思いますが……たぶん。

20130518パンスターズ彗星(C/2011L4)
右は2013年5月18日、ほぼ180度の扇状に広がる尾が立派なパンスターズ彗星です。いやぁ、懐かしいなぁ。

参考:
ラブジョイ彗星(C/2014Q2)に関係する記事(ブログ内)

コメント

トラックバック