夕空の惑星たち、そしてSOHO彗星を探す…2015/03/02

20150302金星と火星
夕方、日没前の太陽を見ると猛烈な花粉光環が見えました。本当に今日は濃い花粉の一日だったのですね。さてそれはともかく、日没1時間ほど経ったところで金星を眺めました。火星はかなり遠ざかってしまいましたね。

左画像で、金星と同じ高さで目を右へ移すと、画像右辺との中間あたりにひとつ星が見えます。2等星のアルゲニブと言い、秋の四辺形(ペガスス座)のひとつです。二つ下の画像でまたお話しに出てきますから覚えておいてください。

20150302金星、火星、天王星
天王星も入れて撮った写真が右です。2月28日にもお話ししましたが、今日の金星は火星より天王星に近くなっていました。4日後の最接近に向けて着々と近づいています。

ところで話はがらっと変わりますが、太陽観測衛星SOHOが発見した「SOHO彗星(C/2015D1)」が2月下旬に太陽に大接近しました。ニュースは読んだのですが、その後すっかり忘れていました。太陽をかすめる彗星は大抵蒸発してしまいますが、この彗星は予想に反して生き残ったのだそうです。しかもその後に夕空に姿を現していたという情報を、今日になって星仲間から聞きました。世界の何人もの観測家が夕空で亡霊のような彗星の姿を写真に収めていました。

20150302SOHO彗星?
そこで、今日は金星の撮影に続いてSOHO彗星にカメラを向けました。折しも彗星は最初の写真に登場したアルゲニブのすぐ近くです。軽望遠(180mm+APS-C)で撮った画像が左です。画像の左下、最も明るいのがアルゲニブ。彗星は写野のど真ん中にいるはずでしたが……

どう見てもいないようですね。画像には少なくとも10等台の恒星は写っていますから、彗星状天体も9等以上くらいなら写るでしょう。すっかり暗くなってしまった?それとも街中だから写らなかった?いずれにしても、もう数日早い時期に狙っていたら…と悔やまれます。あ、天気悪かったですね(笑)

参考:
2015年2月の金星と火星の接近に関係する記事(ブログ内)

コメント

トラックバック