2019年の真夏日と熱中症(7月末までの途中経過)2019/08/01

2019年・真夏日と熱中症(途中経過)
7月末までの真夏日地点数が発表になったので、ここまでの「真夏日と熱中症グラフ」の途中経過を描いてみました(左図)。元データは気象庁消防庁が公開しているものを利用しています。

今日8月1日は今年いちばんの気温上昇で、12時時点の真夏日地点数は760、猛暑日地点は66もありました。午後の3、4時間も増え続けるのでこのグラフの最大値となるでしょう。毎日この調子ですから、毎日のように「今年一番の…」というニュースばかり飛び交いますね。人間は急な変化に弱い(十分な「暑熱馴化」がなされていない)ので、最高気温そのものだけでなく、日中の気温上昇率みたいな数値も危険係数化して発表したら良いのにといつも思います。

【真夏日/猛暑日地点数の最高値】
日付真夏日
地点数
日付猛暑日
地点数
2011年8月10日7388月10日151
2012年7月28日7847月31日170
2013年8月16日7528月11日296
2014年7月26日6987月26日231
2015年8月5日8228月1日223
2016年8月7日7578月9日198
2017年7月21日7758月24日152
2018年8月1日7568月5日256
梅雨時期が長かったのでグラフが大きく凹みましたが、7月下旬からはいつもの様な傾向です。確かに暑いことは暑いですが、今年だけ特別という訳でもありません。

右には2011年以降去年までのデータを集計した真夏日/猛暑日地点数の最高値とその日付を掲載しました。この時期は毎年暑いと分かるでしょう。来年の今頃はオリンピックの折り返しを迎えていますね…。まぁ、とにかく熱中症にはご注意くださいね。

参考:
アーカイブ:真夏日と熱中症

コメント

トラックバック