板垣さんがM31に新星候補発見2019/08/05

20190805_PNV J00423828+4113423
昨夜8月4日23時前ごろ(JST)、山形県の板垣公一さんがM31・アンドロメダ銀河に16.4等の新星らしき天体を発見したとのこと。たまたま明け方の彗星を撮影しようと準備していたところだったので、急きょ予定を変更して、この新星候補を撮影することにしました。 昨晩から今朝は出梅以降でいちばん透明度が高かったのです。天の川は見えなかったものの、街中から微光星がたどれる夜空は本当に久しぶり。

ただ、ちょっと気温が低めだったこともあり湿度は100%。この状態は冷却光学系に良くないコンディションです。結露防止ヒーターを付けてもちょっと冷やしただけですぐ曇ってしまうので、ギリギリの温度を探りながらの撮影となりました。また架台(or地面?)の状態も悪くて、どんなに極軸やオートガイドアラインメントを調整しても赤緯が流れてしまう有様です。これにはさすがに参りました。どうも暖かいアスファルトやその下が怪しい…。

20190805_PNV J00423828+4113423
途中で雲による妨害も度々あったため、3時間ほど悪戦苦闘しながら60分露出相当(不連続)のコマを何とか撮影。時間が余ったら彗星も…との甘い考えは海のモズク…もとい藻屑と消えました。使えそうな取得画像をコンポジットしたのが左上画像。新星候補は銀河中心に極めて近かったのですが、レベルを控えめに仕上げることで銀河光に埋もれず検出できました。

撮影範囲は右画像の黄線矩形部分。もしアンドロメダ銀河を撮影することがあったら探してみてください。

なお、板垣さんは7月3日未明にもM31に新星候補(PNV J00432865+4106040)を発見しています。

今日の太陽2019/08/05

20190805太陽
朝から晴れて、ぐんぐん気温が上がりました。昨日よりハイペースです。未明に時々雲が湧きましたが、夜が明けてからも時々雲が通過してゆきます。

20190805太陽リム
左は13:20過ぎの太陽。活動領域はないようですが、右下に小さな「点」が見えます。可視光画像では何もありません。ゴミではなさそうですが…何かな?北半球左右に見えているプロミネンスはサイズが小さくなりましたが結構明るいですね。左下にも見えていますよ。

15時現在の真夏日地点数は755、猛暑日地点数は182。昨日の記録を13時時点で上回っています。

勢力を強めるダブル台風、新たな熱帯低気圧も発生2019/08/05


20190805-1500ダブル台風
台風8号は勢力を「強い」レベルまで拡大し、九州へ接近しています。お近くの方、備えは万全でしょうか?

左は本日15時の衛星画像(画像元:NICT・RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。赤点線円は各台風中心の直径1000km円を表しています。すでに外周の雲が四国や九州に触れ始めており、中心は明日朝に九州へ上陸する見込みとのこと。上陸時までは「強い台風」を維持する予報です。

いっぽう9号も徐々に勢力を拡大中。7日までには「強い台風」、8日頃には「非常に強い台風」となる予報が出ています。動きはとてもゆっくりですから、影響のある地域では強い風雨が長引くと思われます。どうかお気を付けて。

20190805-1500衛星画像
【18:00追記】
気象庁によると本日15時に「台風になるかも知れない熱帯低気圧が発生した」とのことです。現在活動中の台風8号・9号に加え、新たな脅威となりそうです。

右は発生時15:00の気象衛星画像(画像元:RAMMB/画像処理・地図等は筆者)。ナチュラルカラー処理のため、水色の雲は活発に上昇した氷粒状態、白やグレイの雲は低層の水粒状態を表します。オレンジ点線円は熱帯低気圧中心、赤点線円は各台風中心の、それぞれ直径1000km円を表しています。

熱帯低気圧は8号と9号の間を狙うようなコースを取りつつ、日本へやって来そうな動きをしています。もうこのエリアはいっぱいいっぱい。互いの進路を牽制し合って、どうなるのか分かりません。どこからこんなに熱エネルギーが…??

クッキリした反薄明光線が空にかかりました2019/08/05

20190805反薄明光線
8月に入った頃からほぼ毎夕見えている薄明光線+反薄明光線。今夕は一段とクッキリ見えました。日の入りから10分ないし20分後くらいが一番鮮明に見え、その後は薄暮と共にゆっくり薄れてゆきます。

西に単独峰や入道雲など背が高く縁がはっきりした“物体”があるといっそう明暗が分離するでしょう(→参考例:2015年7月21日の反薄明光線)。条件さえ整えば数百km西にある雲の反薄明光線が鮮明に届くこともあります。原理的には明け方でも見えるはずですが、光や影を映しだす大気中の水蒸気など微粒子が落ち着いてしまうせいか、夕方のように多く出現してないと体感的に思います。

薄明光線/反薄明光線は水蒸気などが濃くないと見えないため、はっきり見える日の透明度は落ちていると考えられます。実際、このところ星空がはっきり見えませんでした。今夕は月齢4の月が西空を飾っています。南には早くから木星が輝き、反薄明光線の暗さの中で目立っていました。夏の風物詩ですね。薄明光線/反薄明光線の観察・解説などは2015年7月21日7月24日8月5日8月6日2016年7月29日8月31日など随所にあります。併せてご覧ください。

20121206富士山の影
【追記】
当地・茨城県南部から富士山までは130kmから150km程度の距離ですが、日没後に小さく見える富士山から影が伸び、東の空まで届いていることがあります。これも反薄明光線の一例です。右は少し古い画像ですが、2012年12月に見えた日没後の富士山。影が分かるよう画像処理しています。目立つ雲などがない夕暮れでしたが、東まで伸びる影が肉眼で確認できました。

この様に大気中の粒子さえある程度存在すれば薄明光線/反薄明光線は一年通してちゃんと見えます。敢えて言うと、反薄明光線が夏の風物詩になってしまう…夏以外に見かけることが少ないのは、入道雲などが出来にくいから明瞭な反薄明光線が出現するチャンスが少ない(明暗がはっきりしなければ一様な薄明薄暮として見えてしまう)という理由のような気がします。前述の「明け方は夕方ほど見えない」のも同様の理由と思われます。(私の地域は太平洋側であり、明け方の時間帯は東側に積乱雲が発生していることが極めて少ない。)