火星とM22が大接近2018/04/02

20170402火星とM22の接近
昨夜から今朝にかけては天宮1号騒動などで慌ただしかったけれど、どうしても見たいものがありました。前々から記事で紹介してきた「火星と球状星団M22の大接近」です。離角はなんと22′あまり。月直径よりも近いのです。

ところが宵のうちから薄雲が出て、夜半過ぎまでおぼろ月夜でした。月暈(右下画像)も見えましたが、一向に晴れてくれませんでした。諦めきれずに30分おきに天気を確認していたところ、2時頃から薄雲が引き始めました。水蒸気が多い空なので空全体はぼうっと明るかったですが、雲があるのとないのとでは段違い。急いで望遠鏡を用意しました。

明け方の気温10度。機材を10分も外に置くと、もうしっとりするほど湿気があります。肉眼では火星や土星も暗く感じましたが、さすがに望遠鏡を通せば星団まで見えました。うーん、何とも美しい…。見え味の悪い空であること、満月期であること、輝度差があってゴーストも出やすい光学系…不平を挙げればきりがないですが、こうして見事なタイミングに居合わせられる幸せが何倍も勝ります。

20180402月暈
ザッと計算したところ、両天体が同レベルまで接近したのは2010年12月以来でした。また次回接近するのは2020年2月29日明け方(約20′)や、2022年2月5日などがあります。頻繁と言うほどではありませんが、M22は黄道に極めて近いので時期が合えば惑星が接近しやすいのですね。兎にも角にも隙間時間(?)をうまく使って見事な会合を観察できました。明日明け方は火星と土星の最接近日。果たして晴れますでしょうか?

参考:
2018年火星の地球接近に関する記事(ブログ内)

コメント

トラックバック