今日の太陽と春の嵐2018/03/01

20180301太陽
朝のうちは嵐のようでしたが、9時台から少しずつ青空が広がり、昼にはすっかり晴れました。上空の気流はかなり乱れています。

20180301太陽リム
左は11:10過ぎの太陽。右に寄りつつある活動領域12700と、中央左上のダークフィラメントはまだ見えています。加えて、左リムに林の木々のようなプロミネンスがそそり立っていました。たった一日でずらっと勢ぞろいするのが面白いですね。木々の根元には何かあるのでしょうか?二、三日経ったら見えるかな?

20180301-0710降水ナウキャスト
時間は遡りますが、3月はとんでもなく激しい嵐からスタートしました。日付が変わる頃降り出した雨は明け方に強くなり、朝は雷を伴う豪雨。7:23には当地・茨城県に竜巻注意情報が発表されました。ちょうど通勤通学の時間帯でしたから大変だったことでしょう。

右は気象庁サイトからの引用で、本日7:10の降水ナウキャスト。茨城県南部が強い雨に襲われているのが分かります。昨日から日本を横切り始めた台風並みの低気圧は、沖縄から北海道に至るまで風雨をもたらしたようです。

20180301-2100日最大瞬間風速
(追記)
7:40ごろ茨城県行方市で突風が発生、車両の横転やトタン屋根が飛ぶ被害がありました。日本版改良藤田スケールでJEF1相当(風速39~52m/s)とのこと。全国的に日最大風速が15m/s以上、日最大瞬間風速なら25m/s以上の地域が終日たくさんありました。左は気象庁サイトからの引用で、21:00現在の日最大瞬間風速マップ。

夕空でビーナスとキューピッドが接近中2018/03/01

20180301金星と水星
朝の嵐が嘘のように晴れ渡った午後。ときおり5m/sから7m/sの風が吹き荒れ、外出するのもなかなか大変でした。でも南西の風だったので気温は19度近くまで上がり、肌に突き刺すような風にならなかったことが幸いです。

夕方になって雲もすっかりなくなったので、帰宅した足でそのまま機材を抱え、近くの見晴らし良い場所へ。ぼちぼち夕空で金星と水星が接近してるはずだからです。最接近は3月4日ですが、今週末から来週にかけて天気の上下が激しく、いつ見ることができるか分かりません。「晴れたら必ず見る」という勢いが大事なのです。

雲は無かったものの、透明度は高くありませんでした。日没後10分も経つと金星が見えましたが、水星は双眼鏡でも見つかりません。カメラの画角を頼りに少しずつ配置を変えながら撮影をつつけました。

そうこうするうち少しずつ暗くなり、気付くと背後に満月が煌々と光っています。水星もやっと見え始めましたが、低空のため減光していました。60枚ほど撮って終了です。2月17日に撮影したときより金星は高く、帰り道もずっと見えていました。高いと言っても5°位なんですけどね。4日の最接近時は今日の半分くらいまで近づくでしょう。そのあとは水星のほうがどんどん高くなり、16日に東方最大離角を迎えます。再び極細の月が並ぶ19日夕方には、月・金星・水星の三天体会合です。今日よりずっと高さがあるので、晴れたらお見逃しなく。

ぼんやり満月とはっきり光環2018/03/02

20180302満月
昨夜から今朝はよく晴れましたが、風速5m/s以上の風がひっきりなし。夜中過ぎには止むだろうと思っていたのに、夜中過ぎに7m/sに達しました…。

まぁ、まもなく満月となる月がキレイだったので、そんな状況でも望遠鏡を出して撮影してみたわけです。でも望遠鏡越しの月は波ガラス越しのようで、細部が全く分からないほど。高度が高いのにこんなグチャグチャな満月見たことありません。何枚か合成してみましたが(左画像)、ぼんやりするばかりなのでこれ以上の加工は諦めました。

ですが、いいこと(?)もありました。ちょうど月が屋根の上だったので、試しに月本体を屋根に隠してみたら…見える、見える、花粉光環です!昼間の太陽では全く見えず、実際鼻もムズムズしなかったのですが、夜になってからどうもむずかゆい…。もしや、と思ったわけです。右下画像は満月本体を屋根で隠し、周囲を撮影した画像。たいへん淡いので色彩強調しています。三重目の赤リングまで確認できます。月はちょうどしし座のお腹付近にあり、画像の範囲にはM95やM96などがあるエリア。月や恒星の位置を頼りに花粉光環の直径を詳しく分析できますね。

花粉光環は強い光源があれば見えますので、満月でも1、2秒あれば写ります。今回たまたま昼間見えず夜見えたのは、花粉の活動時間が変わったのではなく、風向きが変わったせいだと考えています。花粉は空気中に均一に広がってるわけではないでしょう。一応大きさと重さを伴う粒子ですから、煙突の煙のように「流れる筋道」があると思われます。

20180302満月の花粉光環
発生源の杉林はあちこちにありますが、それでも満遍なくあるわけではありません。花粉が多く流れているホットスポットがあって、時々刻々変化していると考えるのが良さそうです。

もし広範囲に花粉があるなら、低空ほど多くの花粉層を通ってくるので、高高度よりもハッキリした光環が見えるでしょう。光環の定量的な測定方法があれば幾つもの観察ポイントを設けて観察することで(CTスキャンのように?)花粉層の断面図が作れるかも。どなたかやってみませんか?

今日の太陽と花粉光環2018/03/02

20180302太陽
朝からよく晴れていますが、昨日に続いて強風です。近くのアメダスポイントによると風速10m/sを越える時間も合った様子。気象庁から「昨日関東地方に吹いた強風が春一番だった」と1日遡った発表がありました。去年は2月17日だったので随分遅かったですね。

20180302太陽リム
左は10:20前の太陽。活動領域12700が明るく見えます。この撮影の20分ほど前にB7クラス前後のフレアピークがありました。中央上にはまだダークフィラメントが見えています。昨日左リムに見えていた木々のようなプロミネンスが一部光球内に入ってきました。左下にも高いプロミネンスが見え、なかなかに活発な太陽面ですね。

20180302太陽の花粉光環
9時間ほど前、満月周囲に花粉光環が見えていたので、太陽でも見えるかなと撮影してみました(右画像)。うっすらと確認できますね。肉眼でも分かりました。昨日は全く見えなかったので、今日はかなりスギ花粉が多そうです。