クリアな夜明けの月と木星、気象衛星も2016/11/25

20161125月と木星の接近
11月としては記録的な寒さで、積雪もあった昨日。茨城県南の我が家周囲も日中の気温が2度を越えることはありませんでした。今日明け方は氷点下となり、積もった雪や濡れたアスファルトは完全に凍り付きました。交通コンディションは昨日よりずっと悪いのではないでしょうか。

天気は昨夕から徐々に回復し、夜半過ぎからは素晴らしい星空。明け方に月と木星が3°まで接近し、東の空を美しく彩りました。右画像は5時前の撮影で、天文薄明が始まるころですからまだ背景は暗く、細かい星まで良く写りました。この位相にしてはかなり高く登っていたので、低空にあった雲や光害も邪魔になりませんでした。月と木星はこの後さらに接近し、昼過ぎには離角が約1°まで近づきます。

早いもので、周囲にはもうおとめ座のスピカやうしかい座のアルクトゥルスが昇り、春の星座が揃い始めていました。低空のからす座もたどれます。明け方にさそり座が見え始まる頃にはお正月がやってきます。1年があっと言う間ですね。

20161125静止衛星
この月の撮影まで少し時間があったので、11月18日に行った気象衛星ひまわりの撮影を再度行ってみました。月光の影響が少ないため、コントラスト良く撮れるはずです。18日同様にM天体のひとつ「散開星団M48」を使い、静止衛星を導入しました。

今回も6cmの望遠鏡と一眼レフで直焦点撮影。3:28:00から30秒間隔で8枚(4分間)撮影、コンポジットしました。

20161125静止衛星
前回よりはるかにクリアな像となっています。丁寧に画角設定したので、前回は枠外になってしまった他の衛星もまとめて写ってくれました。どこに何が写っているかは右のマーカーつき画像をご覧ください。18日撮影画像と比較すると、二基のひまわりが互いの位置関係(特に赤緯方向)を変えているのも分かります。静止衛星、実は静止していません。いやぁそれにしても寒かった。今朝は11月の寒さどころではありませんね。組み立てた機材は30分でガッツリと霜に覆われてしまいましたとさ…。

参考:
アーカイブ:天体の接近現象一覧(ブログ内)

コメント

トラックバック