強風の明け方を駆け抜ける天宮2号2018/10/07

20181007天宮2号
台風の影響で昨夕から流れの速い雲が湧きましたが、夜半を過ぎてから明け方にかけては秋から冬の天の川が見えるほど良い星空となりました。でも7m/s前後の風がひっきりなし。これでは転倒の危険があって機材は出せませんし、出したところで撮影もできません。

せっかくの空なのでもったいない、広角カメラで固定撮影くらいなら大丈夫だろうと対象を探したところ、中国の宇宙ステーション「天宮2号」が天頂近くを通ることを思い出しました。さっそく準備し、撮影したのが左画像です。自分が風上に立って風よけしながらのキツい撮影でした。9秒露出+1秒間欠の繰り返しで撮影したので点線状の軌跡になっています。おおよそ1等台に輝き、自分が見た中ではトップクラスの明るさでした。

今年2018年4月2日に「天宮1号」が制御不能のまま日本上空通過直後に太平洋へ落下したことをお忘れの方は多いと思いますが、実は天宮2号も来年2019年7月に落下予定です。ただし今度は計画的落下(と中国は発表してる)とのことで、これが正しい情報だとすればこの明るい人工衛星を観察できるのは残り9ヶ月。好条件で見えるのは月に1、2度程度なので、ぜひ今のうちに見ておいてくださいね。

20181007月
天宮2号撮影時はもう薄明が始まっていましたが、ふと気付けばすっかり細くなった月が隣家の屋根から登っていました。尖ったゴンドラ舟のように水平に浮かぶ姿は実に幻想的で、風さえなければ、あぁ、風さえなければ(笑)。右は望遠レンズのみでお隣さんの生け垣の間から撮影したもの。背景の微光星はしし座の後ろ足付近です。秋の明け方に見える極細月はこのように水平に、また春は立った状態で登ってきます。

既にオリオン座は南中し、しし座や北斗七星もすっかり姿を見せました。2週間ほどでオリオン座流星群を迎えますが、次の満月期が始まってますので流れ星は少ないと思われます。今年の十三夜(後の月・豆名月)は10月21日。それを過ぎると北国から雪の便りも多くなるでしょう。

補給船こうのとりの打ち上げ2018/09/23

20180923-H2Bロケット打ち上げ
今朝方にH-2Bロケット・7号機の打ち上げが行われ、国際宇宙ステーション(ISS)の補給物資を積めたコンテナ衛星「こうのとり7号」の切り離しまで順調に進みました。JAXA発表の正式な打ち上げ時刻は9月23日2:52:27JSTとのことです。

左は中継ライブのキャプチャ。リアルタイムで視聴していましたが、夜の闇にスポットライトを浴びてたたずむロケットが実に幻想的でゾクゾクしました。

ただ、見ている側は良いとしても、現場で働いている人を考えるとなかなか気の毒です。四度の延期に加えて夜中過ぎの打ち上げは人の労働環境としてどうなのかなぁと感じました。色々タイミングがシビアなことは百も承知ですが、働き方改善が叫ばれてる昨今ですからねぇ…。以前若い頃にソフトウェア技術員として一度だけ夜(夕方)の打ち上げスタッフに加わったことがありましたが、夜勤だからと言って昼間ゆっくり寝ていることもできず、かなり胃が痛い思いでした…。もちろんリフトオフ後も数日は家に帰れません。

20180923-国際宇宙ステーション
半日以上経った今夕には、さっそくISSが良い条件で上空を通過する幸運に恵まれました。でも夕方まで晴れていたのに、日没後みるみると雲が増してゆき、やがて惑星すら見えなくなりました。

飛行方向である北東の空のわずかな雲間に望みをかけていたところ、チラチラと輝くISSを確認することができました(右画像の明るい線がISS/5秒露出+1秒休みを3コマのみ合成)。背景はうしかい座(略称:Boo)です。補給船こうのとりと並んで飛んでるところを見たかったけれど、さすがに見えず…。(そもそもドッキングがいつなのか知りませんが…。)ISSは明日も通過(なんと、当地では天頂通過!)、明後日も低空ながら見えそうなので、晴れたら目を向けてみましょう。

ところで話は戻りますが、実はロケット打ち上げも見えないかと夜中に目を凝らしていました。今回のように種子島から南東へ向かう打ち上げの場合は西日本の太平洋側はもちろん、関東圏でも低空に姿を見つけられる可能性があるのです。

H2B飛行ルートシミュレート
左は今回のフライト計画から主なイベントの座標と高度を読み取り、カシミールというソフトで景観表示させたもの。画像右辺に高度、上辺に方位角(南=180°、南西=225°、西=270°)が描いてあります。

発射から第2エンジン燃焼終了まで4点しか設定してないためカクカクのルートですが、実際は滑らかに遷移します。マークしてある要所は必ず通るため「地平線下に沈んでいて全く見えない」ということはないわけです。忙しくて種子島に行けなくても、本州の南側にお住まいなら辛うじて見物できるのです。ご存じでしたか?

このシミュレーションは茨城県水戸市・県庁地面という設定ですが、低空のコンディションさえ良ければビルの屋上などから見通せますね。あとは、ロケット側の目印…たとえば噴射の炎や噴煙だとか、太陽反射だとか、はっきり目にとまる事象が起こってくれれば視認できる可能性がアップするでしょう。時々上空の噴煙がたなびき、不思議な印象の「ロケット雲」が目撃されています。今朝は雲が多くて全く見えませんでしたが、次のチャンスにはみなさんも狙ってみてください。(※H-2A・37号機のように西へ飛ばすタイプの打ち上げは見えませんのでご注意。)



降下したはやぶさ2がとらえた衝効果2018/09/21

201809210409UT_はやぶさ2の衝効果
本日21日午後、小惑星探査機「はやぶさ2」が、小型探査ロボット「ミネルバ」を分離・降下させることに成功したようです。ロボットたちの状態や今後の探査データはこれからですが、初代はやぶさでの失敗経験を糧に、うまく進めて欲しいですね。

探査ロボを降下させる際にはやぶさ2自身もギリギリまで小惑星リュウグウまで降下しました。最接近高度は55m(13:06/探査機時刻)とのこと。太陽電池パネルを広げると差し渡し6mにもなる探査機が、地球の20階建てビルくらいまで降りている姿を想像するだけで愉快になります。

さて、この降下前後に撮影されたリュウグウ表面にはやぶさ2本体の影が写っていました(左画像/JAXAサイトから引用)。これを見て主役たる探査機の影には目もくれず、「衝効果だ!」とすぐ分かっちゃった方はかなり重症(褒め言葉)です。(…ちなみに私も…。)影の周囲がスボットライトを浴びたかのように明るくなる衝効果(Opposition Effect)。単純な反射を考えただけでは説明が付かないこの現象は気象光学などの分野でお馴染みですが、宇宙空間でも確認できます。以前、2015年5月19日の記事では土星の衝効果や関連話を掲載しました。

初代はやぶさの衝効果
初代はやぶさの見た小惑星イトカワ表面の衝効果画像も残っています(右画像/JAXA資料から引用)。影の形がそっくりなのが印象的ですね。この他、宇宙で撮影された衝効果は幾つもありますが、NASAのライブラリから何枚か引用して下に掲載しました。

光源(太陽)−被写体−撮影カメラが作る角度(位相角)が限りなくゼロに近くなると、衝効果が強く現れます。いずれの画像も撮影したカメラの真後ろに太陽があるのです。衝効果の真ん中に必ずカメラの影があるはずですが、対象が遠い場合は影が小さすぎて見えません。地上の風景でも見ることができる場合があるので、ぜひ探してみてください。

  • 19681224アポロ8号の捉えた衝効果

    A.アポロ8号ミッションでの衝効果
    (中央左下がやや明るい)
  • 19721210アポロ17号衝効果

    B.アポロ17号ミッションでの衝効果
    (撮影者の頭周囲=カメラ位置周囲が明るい)


  • 20160626探査機カッシーニによる衝効果

    C.探査機カッシーニによる衝効果
    (画像中央・土星の環の一部が明るい)
  • 20060821探査機カッシーニによる衝効果

    D.探査機カッシーニによる衝効果
    (画像中央・土星の環の一部が明るい)


貴重な晴れ間に流星群・彗星・超新星を観察2018/08/14

20180814流星観察
昼も夜も曇りがちの天気が続いていました。昨夕は日本各地を襲った雷雨が当地・茨城にもやって来ましたので夜も全く期待してなかったのですが、なんと夜半前からそれなりに良い天気となりました。かなり貴重な晴れ間なので、明け方までビッシリ天体観察しました。

まずいつ崩れても良いように、手っ取り早くカメラを組んで固定撮影でペルセウス座流星群を連写。といっても春先から入居が始まった目の前の新築アパートが一晩中明るいので(左画像右下)、露出を切り詰めなくてはいけません。元々街中ですから暗い流星は望めないのですが、ペルセ群は明るいものも多く、また月明かりもないため観察条件はそれなりに良いのです。

高感度&絞り開放で撮らなくてはいけない流星なので、数十秒も露出すると真っ白になります。10秒から15秒なら左上画像程度。夜空なのに黒文字で星座案内ができるほど明るいですね。でもまぁこの状態で1000枚ほどほったらかし撮影をしたら、群流星6個と散在流星1個(下B画像)、それにイリジウムフレア(下F画像/2コマ合成)が写ってくれました。眼視でも明るい群流星をふたつ捉えました。なお下画像は光害を抑えるため、全画像の比較暗画像を作り、元画像から減算しています。薄雲が絶えず流れている状況なので荒れた写真ですが、これが街中の現状ということでご了承ください。

  • 20180814ペルセ群流星

  • 20180814散在流星

  • 20180814ペルセ群流星

  • 20180814ペルセ群流星



  • 20180814ペルセ群流星

  • 20180814イリジウム衛星

  • 20180814ペルセ群流星

  • 20180814ペルセ群流星



20180814火星
流星を流し撮りしている間に、まず火星を観察しました。大接近後は8月2日と5日に見たっきりご無沙汰です。久しぶりに肉眼で見た火星は少し暗く感じました。雲のせいかも知れません。日付が14日に変わる前後に撮影できましたが、大気の揺らぎがかなり激しかったので細部は分かりませんでした。

20180814火星図
右図は撮影時刻のGuideによる火星図。ちょうど中央上に「蚊に刺された跡」のようなオリンポス火山が見えていますね。右下に太陽湖があるはずですが、まだ縁寄りのためかよく分かりません。南極冠ははっきり見えました。北極側も青白かったのですが、火星自身の影が左やや上寄りにかかっていますので、この画像では暗く潰れてしまってます。

火星は9月初旬まで視直径が20″以上あり、観察好期です。接近が終わったらイベント終了…ということではありませんので、目を向けてみてください。

さらに明け方までの2時間、彗星と超新星を撮影しました(下画像/全て天体用白黒カメラです)。このうち、ジョンソン周期彗星(48P)は初撮りでした。火星とあまり変わらない低空のため、写りがとても悪いです。12等台とのことですが、右やや下向きに淡い尾が認められます。いっぽうジャコビニ・ツィナー周期彗星(21P)は想像以上に尾が伸びており、画面からはみ出てしまいました。向こう1、2ヶ月が見頃です。晴れたらぜひどうぞ。

  • 20180814ジョンソン周期彗星(48P)

    ジョンソン周期彗星(48P)
  • 20180814ジャコビニ・ツィナー周期彗星(21P)

    ジャコビニ・ツィナー周期彗星(21P)
  • 20180814超新星

    ふたつの超新星


参考:
2018年火星の地球接近に関する記事(ブログ内)