天宮1号がそろそろ落ちます2017/11/15

天宮1号
昨日なにげにNewsweek記事を読むまですっかり忘れていました。中国初の宇宙ステーション(宇宙実験室)とも言われる「天宮1号/TIANGONG-1」が間もなく落下するということを。

直近のメディアでは1ヶ月くらい前から報道があったようですが、制御不能になって落下すること自体は1年以上前から告知されていました。当初は2017年中に落下との予想だったはずで、記事を書こうと思っていながら忘れていた自分が恥ずかしい…(最新の欧州宇宙機関の発表はこちら。

左画像は天宮1号(引用元:China Ntional Space Administrations)。本体直径3.35m、長さ10.4mの円筒形で、重量8.5トン。近年警戒されている数メートルレベルの地球接近小惑星と比較して、決してバカにならない大きさです。

20171115天宮1号高度
右図は本日11月15日時点でHeavens Aboveが公開している天宮1号の高度推移。少しずつ下がっているのが分かりますね。2017年8月後半からは落下が早まっているようです。この傾斜を単純に延長するだけなら高度ゼロになるのは2年後くらいですが、地表に近いほど濃い大気があるので、そう単純ではありません。

もうひとつ右図で読み間違えてはいけないのは、図が「平均高度」である点。天宮1号は楕円軌道。ほぼ円に近いとは言え、地球に近い時と遠い時とで20km以上の高度差があります。図の目盛ふたつ分は大きいですよ。必ずしも高い位置や計算平均の高度で落下する訳ではありませんのでお間違えなく。最新の予測では2018年1月から3月ごろに落下とのこと。今度こそ本当にもうすぐです。

国際宇宙ステーションを含めどんな周回衛星も高度変化がありますから、運用期間中は何度も微少な制御をくり返して一定範囲に留める工夫をします。でも既に制御機能を失った天宮1号はそれができません。次第に大気が濃くなる高度へ触れ始め、大きくなる空気抵抗に負けて急速に落ち始めるでしょう。この際に細かな部品はバラバラになり大気中で燃え尽きてしまいますが、大きくて高密度のパーツ…今回の場合はロケットエンジンが該当…などは地上に落下する可能性があります。問題なのは「いつ、どこに落ちるか数時間前まで特定できない」こと。大問題じゃないですか…。

20171115天宮1号位置
あらためて、今日15日24時間分の天宮1号飛行位置を計算してみました(左図/自作プログラムによる位置推算)。軌道要素は最新のものを使っています。1日におよそ16周地球を回っており、軌道傾斜角(軌道面と赤道面とのなす角)は約42.8°。これは北緯42.8°から南緯42.8°の間を編み目状に巡っていることを意味します。この図はたった1日分なので、何ヶ月分も計算したら編み目どころではなく、ギュッと織った布のようになります。落下するとしたらこの『布』の範囲内。もちろん日本の大部分も覆われてますね。どこに落ちるか分かりません。

世界中にある宇宙関連機関がこの落下を監視するとのことですが、防衛してくれるわけじゃないので、こまめにニュースをチェックして頭上に注意してくださいね。それにしても可能性がゼロではない以上、「ここを見れば状況が全て分かる」といった十分な公的情報が欲しいと思うんですけれど…。

参考:
明け方の月と天宮2号の軌跡(2016/10/24)

みちびき4号の検出成功2017/10/27

20171027準天頂衛星みちびき4号
前夜に続き、昨夜から今朝も晴れてくれました。でも霞んでいて透明度がかなり落ち込み、また明け方は雲が出ました。真夜中に起きて何を観察するかしばし悩んだあげく、10月10日に打ち上げられた準天頂衛星「みちびき4号/QZS-4」を撮影することにしました。

調べてみると(予感がしていましたが)、ちょうど夜半過ぎに天頂に差しかかるプレアデス星団(M45/すばる)の近くを横切ることが分かりました。これはおいしいチャンス。空の霞みに反して、俄然やる気が出てきました。

同一視野に収めるべく機材を選定し、いくつかの方法で試し撮りをして、いざ本番。みちびき2号検出のときと違う方法ですが、あっさり写りました(左上画像)。20秒露出+10秒休みをくり返してコンポジットしましたので、みちびき4号の軌跡は点線状になっています。すばると一緒だと見栄えがいいですね。霞のせいか、輝星が少しにじんでしまいました。

20171027バラ星雲
ひと晩に1号から4号まで全部撮ることはできるのだろうか?…などと興味が湧いてきましたが、まぁそのうちやってみましょう。

明け方までの残った時間で、機材を変えずにバラ星雲をリファレンス撮影しました(右画像/撮影方法はみちびきから変えてます)。こちらは80分露出(2分×40コマ)したところで雲がかかり始め、レンズも曇ってきたため終了となりました。明け方の雲量は5割ほど。前夜より結露は少なくて助かりました。既に朝のオリオンが西に傾き始める時期を迎えています。


参考:
みちびき3号の検出成功(2017/09/27)
みちびき3号打ち上げ成功(2017/08/19)
準天頂衛星システムと「みちびき」シリーズの軌道(2017/08/13)
やっと捉えたみちびき2号、明け方には月と金星も(2017/07/21)

OSIRIS-RExが見た地球2017/09/27

201709222-OSIRIS-REx-MapCam
4日余り前の23日、アメリカの小惑星探査機「オサイリス・レックス/OSIRIS-REx」が地球引力を利用したスイングバイ(フライバイ)を行いました。同様の探査機「はやぶさ2」を運用している日本と共に観測キャンペーンが行われましたが(→9月10日記事参照)、当日夜の日本は全国的な悪天…。数日前から観測をしていた天文台の大望遠鏡による画像を含め、国内での観測例は少なかったようですね。

いくつかの観測成果は日本公開天文台協会の特設ページや、日本惑星協会の特設ページで見ることができます。また海外の例はSpaceWeatherの投稿画像ギャラリーに何枚かありました。

さて、左上画像はスイングバイ中のOSIRIS-RExが撮影した地球だそうです(引用元の本家サイト記事はこちら)。ものすごいスピードで通過中ですから、超短時間露光の撮影ですね。

201709222-OSIRIS-REx-MapCam
どの辺りを撮ったのか気になりましたので、写っている地形を頼りに地図を大まかにフィッティングしてみました(右下画像)。おぉ、日本が写っている!でも雲が多すぎる…。

OSIRIS-RExの小惑星到着は2018年10月の予定。数ヶ月先行してはやぶさ2も目的地に到着します。来年の今ごろは小惑星探査のニュースが飛び交っているのでしょうか。そして、OSIRIS-RExも、はやぶさ2も、再びこの地球の姿を見ることができるでしょうか。とても楽しみです。

みちびき3号の検出成功2017/09/27

20170927_QZS-3「みちびき3号」
昨夜から今朝にかけて、一応雲も少なく晴れてはいたのですが、低空の1等星が3等星に感じるほど透明度が落ちていました。目に見えないような薄雲が出ていたと思われます。こんな夜は淡い天体の撮影などができません。少し悩んだあげく、準天頂衛星システム「みちびき3号」(QZS-3)の検出を試みることにしました。8月に打ち上げが成功したみちびき3号ですが、天候不順が続き、今まで試していなかったのです。今回も撮影中から濃い雲が覆い始めていました。ギリギリセーフ…。

QZS-3は静止衛星となったため、位置さえ特定できれば星の動きをガイドしないで固定撮影ができます。透明度が悪いものの何とか望遠鏡を向けられましたので、左画像のようにうまく検出できました。3:23頃から10分間の露出(30秒×20コマのコンポジット)で、恒星は全て線状に移動しています。気象衛星ひまわりよりも少し西寄りで、CalSkyによる予報と寸分違わぬ位置でした。光度はおよそ12等中盤でしょうか。

秋分に近いこの時期、時間によっては衛星と太陽との間に地球が入り込んで衛星が光らなくなります。それを避けさえすれば、おおよそいつでも小規模機材で撮影可能です。(今回は6cm屈折+APS-C一眼レフを使いました。)移動してしまうQZS-2のように検出が難しいこともありません。ちなみにガイド撮影してしまうと衛星は全く写りませんでした。ぜひお試しください。

間もなく10月10日にはみちびき4号の打ち上げが予定されています。QZS-4はQZS-2と同じく準天頂軌道とのこと。うまく軌道に乗れば4機体制が完成します。

参考:
みちびき3号打ち上げ成功(2017/08/19)
準天頂衛星システムと「みちびき」シリーズの軌道(2017/08/13)
やっと捉えたみちびき2号、明け方には月と金星も(2017/07/21)