カレンダーの祝日、間違ってませんか?2021/03/20

20210320桜
春分の日を迎えました。混まないだろうと朝一番にスーパーへ行ったところ、道路も店内もかなり混雑。お彼岸なのでお墓参りに向かう家族やら、連休でどこかへ向かうような家族やら…コロナ禍もなんのそのですかねぇ…。

出掛けに近所の公園に寄ったところ、桜が一分咲きになってるじゃありませんか。一週前は一輪も咲いてないことを確認しているので、週半ばに最高気温が20度前後になったタイミングで咲きだしたのでしょう。右下図に昨日まで一週間分の近隣アメダスポイント気温グラフを示します。開花は間違いなく去年より3、4日早いですね(→去年記事)。写真を取りに来ていた近所のおじさんとともに、しばし和みました。

帰りがけには空から聞き慣れたツバメの声。すぐ上空で一羽のみ旋回していました。昨宵以降は雲が多くなって、気温も平坦。朝のうち少し青空が多くなったものの、すぐ雲に覆われました。せっかく地球が軌道のスタートラインに立ったけれど、太陽観察は諦めです。

20210312-19アメダス気温(つくば/龍ヶ崎)
ところで、春分の日・祝日と聞いて気になることが。多くの職場などでは数ヶ月先行して行事や勤務の調整を行うと思いますが、そろそろ夏の予定が気になるところ。ここで「カレンダーの祝日間違い」に気がつくかも知れません。今年初めころ関連ニュースを時々目にしましたが、それ以降さっぱり聞かなくなったのはなぜでしょう?ご存じの方は問題ありませんが、知らない方もまだ多いようなので、間違いを一件でも減らすべく当記事に記しておきます。

ご存知のように国民の祝日は国が定めるもので、このうち日付決定のルールが明示されていない春分の日と秋分の日は国立天文台の観測から天文学的に決められるわけです。そしてそれらをまとめて前年2月の官報に「暦要項」を発表する形で私たちが知ることとなりました。これはカレンダーやダイヤリー型手帳などを作る業者さんも一緒です。

つまり、今年の祝日は2020年2月に第一報が報じられました。これに従い、現在みなさんが使っている2021年のカレンダーが作られたわけです。

ところが、コロナ禍とオリンピック延期とが重なり、翌2021年の祝日見直しが迫られました。5月末国会提出→通常国会でスルー→10月臨時国会で審議→11月改正特例法成立→12月4日に公布と進みました。結果、2021年の暦要項のうち夏から秋の祝日は土壇場の12月に変わってしまったのです(→内閣からのお知らせ→国立天文台・令和3年暦要項・令和2年12月4日改訂版)。

多くのカレンダーや手帳は晩秋までにほぼ発行・発売されてしまいますから、修正は間に合いません。よって大量の「間違い印刷物」が出回ることになりました。お手元にカレンダーや手帳、年表などがあれば以下の日を確認し、間違っていればすぐ直してください。ちなみに私が使っている権威ある天文年鑑も間違っていました。単品購入した暦や書籍で正誤表が後から送られることはまずありませんから、各自で修正が必要です。外部同期が取れてないPC・スマホ内カレンダーも同様ですよ。

  • 海の日… 誤:7月19日(月)→ 正:7月22日(木)
  • 山の日… 誤:8月11日(水)→ 正:8月8日(日)
  • スポーツの日… 誤:10月11日(月)→ 正:7月23日(金)
  • 追加:山の日移動に伴い、8月9日(月)は振替休日になります

  • ※間違いのほうの日付は平日に戻ります。つまり7月22日からは(24日土曜が休めるなら)4連休になる代わりに、10月は祝日無しとなります。

これは今年のオリンピックが行われるかどうかに関係なく施行されます。よほどの事態が起こって暦の再々検討があれば別ですが、まぁ今無ければもうこのまま行くでしょうね。家族や知人、会社の同僚などにもしっかりお知らせください。「後で直しておく」じゃなく、今すぐ直すようにしましょう。客の出足に左右される商売や相手と取引がある業種、学校や保育関連のようにスケジュールぎちぎちの現場など、自分だけで完結しないお仕事…つまり大部分の方々にとって、暦が同期してないと大変な事態になってしまいますから。

中川昇さんの月面セミナー・メモ2021/02/28

20210227_18347月
昨夜は満月。正確には2月27日17:17に満月瞬時を迎えました。当地は快晴だったけれど、満月瞬時はまだ月の出前の時間だったため姿が見えず、ようやく拝めたのは19時半頃でした。

左は日付が変わる少し前、23:30頃の撮影で、太陽黄経差は約183.47°、撮影高度は約63.8°、月齢15.81です。気温は氷点下でしたが大気が安定しており、シャキッとした姿を楽しむことができました。このほか今朝にかけて重星観察もしましたが、画像処理が追いつかないため明日以降の記事に掲載します。

ところで、昨夕は古くからの知人で中川光学研究室でおなじみ、中川昇さんがCP+2021 ONLINEセミナーに登場し、短い時間ながら月の魅力を語ってくれました。現象予報などで協力している当サイトもご紹介いただき感謝感謝です。近年は「観測・観望対象としての月」を熱く語れる方も減ってきたと感じますので、中川さんのお話しはとても貴重な演目に思いました。

惜しむらくは(オンライン発信「あるある」ですが)音がこもって聞き取れなかったり映像が見づらかったところがあったこと。そこで、興味を惹かれたところや自分が関わったところのみ、要点と注釈をこの記事にメモしておきます。


★月面七福神巡り(月面セブン)
中川さんセレクトの、月面の見どころ七ヶ所です。もちろん挙げていけば切りが無いでしょうが、「敢えて7つに絞るとしたら」ということですね。7位から1位に向かって書いてあります。括弧内は中川さんによる注釈。

20210227満月
  • アルプス谷(谷の中に谷)
  • コペルニクス(月の帝王)
  • 虹の入り江(月面最美の地形)
  • 静かの海(アポロ11号着陸地・ラモントの皺)
  • アリアディウス谷(分解能テスト)
  • 直線の壁
  • アルタイ断崖

初めて月をご覧になる方は、これらの地形がどこにあるか分からないでしょう。地形位置は何度も繰り返し観察して覚えるより他はありません。昨夜の満月に位置を描いてみたのが右上画像です(※注:上方向が月の北極側です/セミナーの画像と180°違いますからご注意!!)。ついでに中川さんによるセレクト番外編の三ヶ所(黄色字)、および月面文字地形(水色字)も描いてあります。満月なので陰影がなく、文字地形や崖、谷など全く分からないでしょう。でも、丸い月で大雑把な配置を覚えるということが重要です。

「地形がよく見える」というのは、該当地形が欠け際に近く陰影がはっきりする月齢のときです。上弦でも下弦でも構いませんから、月齢いくつの時どの地形を見るのが良いか調べつつ、楽しみながらたどってみましょう。焦ることはありません。何度でも気軽にトライしましょう。


★2021年に起こる月のイベント
  • 月面X(→右メニューの「月面の観察」に解説や予報があります。)
  • 月面A(→右メニューの「月面の観察」に解説や予報があります。)
  • 月食(一般天文雑誌や天文観測者向けの年報などをご覧ください。)
  • センタームーン(今年中春ごろ当ブログで解説予定です。天文リフレクションズさんの過去記事はここ。
  • 月の弦が水平・逆転(今年夏ごろ当ブログで解説予定です。)
  • パール富士(現在当ブログではダイヤ富士のみ予報していますが、いつかパール富士予報や、富士山以外の山などの予報も組み込みたいと思っています。)

月に限りませんが、天文現象というのは「一瞬で終わるもの」「数十分から数時間継続するもの」「数ヶ月から数年続くもの」「数年、数十年に一度しか起きないもの」という具合にバリエーション豊富です。また、観察場所によって現象時刻が変わったり、高度や方位が変わることもしばしばあり、初心者泣かせの一面があるのです。誰かが「今日の20時に国際宇宙ステーションが東に輝く月の前を通るよ」とツイートしても、全国でそのように見るわけじゃないし、「今日は曇ってるからまた明日見ようね」となるわけでもありません。

お月さまは「極めて近い天体」ですから、見る人の位置の影響がとても大きい。従って、予報を出す方も受け取る方も、十分チェックしてください。ここが「ただ眺めるだけ」から「積極的な観察」へ動き出す大きな一歩となるでしょう。中川さんがおっしゃっていた「秤動を味方につける」といった境地に達することができなくても月の観察は可能ですが、「いちばん面白いところを見す見す逃している」もったいなさがあるのです。

6つの太陽系天体が勢揃い2021/02/13

20210210-2231JST太陽系天体会合
昨日12日に新月を迎えましたが、当地・茨城はその前日辺りから天気が冴えません。夜も短くなり始めたし、貴重な天体観察時間を有効に使いたいものですが…天気ばかりは逆らえませんね。

ところで、ご存知のように新月とは太陽方向に月が重なること。今月の様子を星座アプリなどで表示すると分かりますが、太陽方向に近いのは月だけじゃありません。宵空高く踏ん張ってる火星を除き、他の可視惑星(水星・金星・木星・土星)がすべて太陽の側です(左画像参照/Stellariumによる2021年2月10日22:31JSTのシミュレート/日時は後述の表参照)。太陽を含めると6天体も大集合!これって珍しいことなのでは!?

早速自作プログラムを組んで1950年から2050年まで計算してみました。条件は「太陽・月・可視惑星5個のうち6天体以上が最大離角20°以内に集まるチャンス」です。結果を下表に掲載しました。複数日にまたがることが多いので、連続する期間の中から最大離角が最小になる日時のみを示しました。

100年間で6回…。微妙な少なさ(?)ですね。周期性もありませんし…。でも貴重であることは確かです。水星は太陽から余り離れないため、水星を計算条件に含めた時点で太陽近くであることが確定してしまいます。ナイスタイミングなことに、めったに出会わない木星と土星が昨年末に宵空(=太陽に近い)で超接近してますから、この影響が大きいでしょう。フルサイズ一眼なら120mmレンズの対角が約20°。実際は太陽があるため写せませんが、軽望遠で収まる範囲に6天体も集まってることは純粋に驚きですね。

20400908-1820JST(赤道直下)
ちなみに下表2000年5月4日の会合は、1980年代後半から増え始めた近代型大型プラネタリウム(当時私も勤務してました)の初期設定・動作確認でよく使われました。投影機を2000年5月5日正午に設定すると、太陽・月を含む全惑星が南天正面に集合します(※表の5月4日には火星が入ってませんが、下段の5月17日には入っていることから分かるように、かなり近くにいます)。太陽系天体は恒星球本体から独立した個々の投影系統を持つため、個別チェックが面倒。そこでこの設定にするとランプ切れや誤動作がドーム正面でいっぺんに確認でき、重宝されたのです。なにより、覚えやすい日付なのがイイ!

また2040年9月8日の会合はメンバーに太陽が入ってません。したがって日没後に6天体をまとめて撮影できる超貴重なチャンスです。日本では高度が低くて困難かも知れないけれど、赤道あたりまで南下するとかなり高い位置で観察・撮影できるでしょう。右上画像は茨城県つくば市の経度のまま赤道直下まで移動した場所における、日没約50分後のシミュレート。すごい光景ですね。画像左側にからす座が写ってますから、いかに狭い範囲に集まってるか分かるのではないでしょうか。

【6天体以上が20°以内に会合する最接近日時・1950-2050年調べ】
日時(JST)会合天体最大離角最大離角天体
1962年2月5日 13:50太陽・水星・金星・月・火星・木星・土星16.1555°月火星離角
2000年5月4日 23:11太陽・水星・金星・月・木星・土星16.1492°太陽火星離角
2000年5月17日 19:29太陽・水星・金星・火星・木星・土星19.4733°金星火星離角
2021年2月10日 22:31太陽・水星・金星・月・木星・土星15.6382°太陽月離角
2032年6月8日 11:59太陽・水星・金星・月・火星・土星17.5858°水星月離角
2040年9月8日 19:35水星・金星・月・火星・木星・土星9.4785°火星木星離角

  • 自作プログラムによる地心視位置での計算です。
  • 最大離角天体および最大離角とは、該当日時における天体配置の中で、一番離れている天体とその角距離のことです。
  • 最大離角20°以内の会合は複数日にまたがります。上表ではその中でもっとも接近する日時のみを示しました。ただし期間内で天体数が変化する場合は、離角の小ささよりも天体数を優先しています。
  • 現象サーチの時間分解能は1分のため、これより細かい(一瞬だけ20°ギリギリをかすめるような)接近会合を見落としている可能性があります。
  • 各天体の移動速度は異なるため、最大離角が連続して変化することは珍しく、大抵は天体の順が入れ替わる瞬間に離角が不連続に変化します。


「124年ぶり」の2月2日節分にはもっと上があるよ2021/01/24

立春の日付変化
暦の上ではあと10日ほどで春がやってきます。そう、二十四節気の「立春」です。ご存知のように立春の前の日が「節分」。今年の立春は2月3日ですから、節分は2月2日になります。

昨年暮れ頃から度々「124年ぶりに2月2日が節分」というニュースを目にしました。確かに珍しいことではありますが、当ブログの2020年3月20日記事に「124年間で最も早い春分」を取り上げた頃は、世間の話題になったという記憶が全くありません。原理的には同じことで、春分は祝日になるほど重要なのに、この差は一体…。やはり豆まきをしたり恵方巻きを頂くようなイベント事が絡まないと話題性に乏しいんですかねぇ…。悲しい。

ともあれ、昨年の春分記事で描いたような日付変化グラフを「立春」に置き換えて描いてみました(左上図)。当記事に掲載した図表は自作プログラムによる計算値であり実際の測定値ではないこと、国立天文台などが公式発表する日時と若干異なる可能性があることを予めお断りしておきます。

これらのグラフは「毎年の該当節気瞬時の日時(JST)がどう変化するか」を表したもの。縦軸が年と月を取り去った「日時」のみを表し、このうち時刻は小数換算しています。例えば1日12:00:00なら1.5、23日19:48:00なら23.825といった具合。毎年瞬時のグラフですから線で結ぶ必要はないのですが、結んだほうが時系列を追いやすいため描きました。

春分記事と同じことを再度書きますが、4年ごとにギザギザと上下しているのは閏日による変化。もし閏補正をしなければ、全ての二十四節気は毎年遅れ続けてゆきます(このグラフでは上にシフトします)。閏年の翌年の立春は「前年に挿入された閏日」によってほぼ4年前まで早まり(グラフが下にずれ)、大きなずれが生じないようになっています。

小暑の日付変化
でも4年前ピッタリには戻らず、ほんの少し早くなってますね。この「補正しすぎ」のため、ギザギザ全体は右下がりになってしまいます。そこで、次の様なややこしい閏年ルールが定めてあるのです。

  • 西暦年が4で割り切れる年は閏年。
  • ただし西暦年が100で割り切れる年は平年。
  • ただし西暦年が400で割り切れる年は閏年。

つまり、西暦1700年、1800年、1900年、2100年は4で割り切れても閏年にならず、西暦2000年は100で割り切れても閏年です。このルールのおかげで今のところ補正の過不足が最小限に抑えられています。グラフに沿って見てゆくと、確かに1897年2月3日のあと、今年まで「2月3日立春」は起きていませんね。

立夏の日付変化
ところでグラフを見ると、もっと長いスパンで「同一日にならない」ケースが生じる気がしました。そこで他の節気も含め、100年以上同一日にならないケースを算出。当記事下の一覧表にまとめましたので参考にしてください。例えば3年後、2024年の小暑は7月6日で、これは228年ぶり(右上図)。2056年の夏至は6月20日で360年ぶり。2072年5月4日の立夏は、なんと1000年以上遡っても同一日は現れませんでした(左図)。上には上があるもんですねぇ。もちろん昔の暦の仕組みは今と違いますから、これはあくまで「現代暦」を過去や未来まで延長した数字あそびに過ぎません。誤解のないようにお願いします。

グラフをじっくり見ると「何年ぶり」ということ以外にも様々なことに気がつくでしょう。いくつか立夏のグラフに紫字で書きましたが、例えば一年ごとの点の間隔が一定ではありません。4年おきの点々は一定の斜線を描きますが、正確な直線にならず小さな凸凹があります。この斜線も、実は節気ごとに傾きが異なっています。

この原因は「節気の間隔が不安定」であることに起因します。例えば2020年立春から2021年立春までの間隔は365.246849日、2021年立春から2022年立春までの間隔は365.244443日と、3.46分も異なります。(※もちろん他の節気でも同様。)また、両間隔とも1年(1太陽年=2021年立春時点で365.242188日)ぴったりにはなりません。この揺らぎまで説明してあるニュースサイトはひとつもありませんでしたが、国立天文台の暦計算室「暦Wiki」内にドンピシャの解説ページがありました。流石です。(ここ数年の暦Wikiの充実っぷりは目を見張るものがあり嬉しい!)

暦Wiki該当ページの最初に「各節気間隔と1太陽年との差」のグラフが載っています。2000年からの20年間でプラスマイナス15分もぶれるのですね。もう少し長期ではどうなるか知りたくなって、下A図(100年間)を描いてみました。この図には各年の春分と秋分も重ねてプロットしてあります。これを見る限り、ひとつの節気について注目しても、直ちに分かるような周期性は見えない、ということ。しかしながら、この一見ランダムな数値は一定範囲に収まっており、前出の斜線の微妙な凸凹を作りつつも大きく乱れることはないのでした。

更に計算を延長し、1900年から2199年までの全節気について1太陽年とのずれを算出し、平均したのが下B図です。ここまで進めると斜線の傾きが節気によって変化する仕組みまで見えてきますね。ばらつきのあるずれを平均で考えるなら「1月初旬の地球近日点通過ごろが最大、遠日点通過の7月初旬ごろ最小」になっているようです。直接関係するか分かりませんが、各節気から1日後に視黄経が何°動いたのかB図緑線として重ねました。これはいわばケプラーの第二法則、節気ごとに角速度が異なることを示しています。

この記事をお読みのどなたも生きていない時代になってしまうけれど、何万年も経って地球近日点位置などの移動が顕著化すると、節気ごとのずれ時間は変わるし、それに伴って日付変化の傾向もかなり異なってくるでしょう。そもそも今の暦作りが通用するか分かりません。今年の「2月2日が節分だなんて珍しいね」というお話しの奥には、広大な太陽系の運動や自然由来の揺らぎが存在しているよ、というお話しでした。

  • 二十四節気間隔のずれ変化

    A.二十四節気間隔のずれ変化
  • 二十四節気間隔のずれ変化平均

    B.グラフAの節気ごとの平均


【日付が一致するのに100年以上かかる節気】
節気名起点日時(JST)前回の同一日日時(JST)何年ぶり?
啓蟄 1903年3月7日 2:58:111519年3月7日 0:20:57384
春分 1903年3月22日 4:14:051531年3月22日 0:33:15372
立夏 1903年5月7日 2:24:411543年5月7日 0:32:08360
夏至 1903年6月23日 0:04:141543年6月23日 0:27:01360
立秋 1903年8月9日 3:15:081555年8月9日 0:40:10348
小寒 1904年1月7日 2:36:22--1000 <
秋分 2012年9月22日 23:48:581896年9月22日 22:02:46116
小満 2016年5月20日 23:36:291896年5月20日 23:03:51120
穀雨 2020年4月19日 23:45:281896年4月19日 23:12:16124
立春 2021年2月3日 23:58:471897年2月3日 21:28:21124
小暑 2024年7月6日 23:20:031796年7月6日 21:18:32228
処暑 2024年8月22日 23:55:021796年8月22日 21:01:25228
大雪 2028年12月6日 23:24:391896年12月6日 22:38:56132
寒露 2048年10月7日 23:26:511796年10月7日 22:49:26252
小雪 2052年11月21日 23:46:141796年11月21日 21:33:40256
大寒 2053年1月19日 23:59:281797年1月19日 20:45:08256
夏至 2056年6月20日 23:28:351696年6月20日 23:37:33360
霜降 2064年10月22日 23:42:521696年10月22日 19:14:24368
立冬 2068年11月6日 23:14:081696年11月6日 18:15:36372
立夏 2072年5月4日 23:54:33--1000 <
立秋 2072年8月6日 23:40:11--1000 <
啓蟄 2088年3月4日 23:38:311696年3月4日 22:08:37392
白露 2088年9月6日 23:45:27--1000 <
春分 2092年3月19日 23:35:17--1000 <
芒種 2092年6月4日 23:39:22--1000 <
小寒 2093年1月4日 23:48:421697年1月4日 20:14:38396

  • 自作プログラムによる概算です。国立天文台などの公式発表値と比べて差が出ることがあるかも知れません。
  • 過去から未来に渡り、現在と同じ暦方式が使われているものと仮定しています。
  • 1900年から2100年までの計算結果の中から、日付が一致するのに100年以上かかったもののみを挙げています。
  • 日付の一致に過去1000年以上遡る場合は計算をストップしていますので「1000<」として表記しました。
  • 現在から離れる日時については不確定要素があるため、誤差が大きくなることが考えられます。
  • 二十四節気は太陽視黄経15°等分割の定気法によります。
  • この表は日本の中央標準時(JST)における日付区切りに準じるため、タイムゾーンが異なる国では成り立ちません。


参考:
124年間で最も早い春分(2020/03/20)
日出没・暦関連の記事(ブログ内)