アーカイブ:1.5等星以上の掩蔽(目次)1970/05/03


月によって明るい恒星や惑星が隠される「掩蔽」は大変美しく、肉眼や小型双眼鏡で観察できます。ここでは1980年から2030年に起こる1.5等星以上の恒星と惑星の掩蔽についてリスト化しました。全てについて網羅できてないかも知れませんが、どうぞお役立てください。

ここでは計算基点を茨城県つくば市としています。対象が月のため地球に近く、観察場所が変わると時刻や高度がかなり違います。シミュレーションソフトなどを使い、リストの日時を参考に必ずご自身の観察地条件で補正してください。



《アーカイブ「1.5等星以上の掩蔽」の概要》

月は大きさを持って見える近い天体ですから、その向こうに見える遠方の星を隠すことがあります。これを掩蔽(えんぺい:occultation)と言います。「金星食」「土星食」「恒星食」など慣例的に食(しょく:eclipse)という言葉で表現されることもありますが、この用法は間違いです。(食とはある天体の影に別の天体が隠されることで、天体そのものに隠される掩蔽とは違う現象です。)このアーカイブでは厳密に掩蔽という言葉を使います。

月はじっとしているわけではなく1ヶ月ほどかけて空を一周しますから、掩蔽は毎月起こっている様に思えてきます。事実、暗い星まで含めると毎日たくさん起こります。でも肉眼で観察できるほどの明るい星を隠すチャンスは多くありません。月が移動できるのは一定の範囲に留まっており、その範囲内の明るい星は極めて少ないのです。しかも軌道が緩やかに変化するので「毎月隠す」といったことは起こりません。また対象が惑星の場合はどんどん移動するため、よほどタイミングが良くないと掩蔽が起こらないのです。貴重な「明るい星の掩蔽」を見逃さないためにも、先々のチャンスを心に留めておくことは大切ですね。掩蔽が起きる可能性のある明るい星は次の通りです。

天体名称説明
水星・金星・火星・木星・土星 お馴染みの太陽系惑星です。恒星と違い、明るさが少し変化します。水星と金星は内惑星なので、太陽から遠くない位置でしか掩蔽が起こりません。
アルデバランおうし座の輝星で0.9等星です。
スピカおとめ座の輝星で1.0等星です。
アンタレスさそり座の輝星で1.1等星です。
レグルスしし座の輝星で1.4等星です。


天の北を上向きに考えるとき、月は概ね西(右)から東(左)へ動きます。だから星は必ず月の左側に隠され、右側から出てくることになります。上弦か下弦かで、明るいほうに隠されるか暗いほうなのか等、様々な状況があります。アーカイブのリスト中では現象を次の様に表記しています。なお実際の空では月が東の空に見えるか西の空かで明暗のサイドが変化しますから注意が必要です。

現象表記説明
明入月の明るいほうに星が隠されていきます。満月または下弦の場合に起こります。
暗入月の暗いほうに星が隠されていきます。上弦の場合に起こります。
明出月の明るいほうから星が現れます。満月または上弦の場合に起こります。
暗出月の暗いほうから星が現れます。下弦の場合に起こります。


掩蔽の可視マップ例
データの内いくつかについては「どこで見えるか」を計算した可視マップを作成してあります。必ずしも日本全国で見えるものではないため、「遠出してでも見たいけどどこまで行けば良いか分からない」といったときに可視エリアを示す地図が必要です。地図は右サンプルのような範囲を示す曲線が描かれていますが、その見方は以下のようになります。
表記説明
北限界線(北限)
ACを結ぶ青線
観察天体が隠れる範囲の北限です。ここより北では掩蔽が起こりません。線上で観察すると観察天体が月の北の縁をかすめるグレージング(接食)が見えます。
南限界線(南限)
BDを結ぶ赤線
観察天体が隠れる範囲の南限です。ここより南では掩蔽が起こりません。線上で観察すると観察天体が月の南の縁をかすめるグレージング(接食)が見えます。
ABを結ぶ
東側のオレンジ線
月没の瞬間に観察天体が隠されます。ここより東では掩蔽が起こりません。
ABを結ぶ
西側のオレンジ線
月没の瞬間に観察天体が現れます。ABを含むオレンジ線内では観察天体が隠れたまま月没を迎えるため、出現は見えませんが潜入は見えます。
CDを結ぶ
東側のオレンジ線
月出の瞬間に観察天体が隠されます。CDを含むオレンジ線内では観察天体が隠れたまま月出を迎えるため、潜入は見えませんが出現は見えます。
CDを結ぶ
西側のオレンジ線
月出の瞬間に観察天体が現れます。ここより西では掩蔽が起こりません。

青線・赤線・オレンジ線に囲まれた範囲のどこにいるかで見え方が変わります。もちろん観測地の見晴らしや標高、大気差による浮き上がり、雲や霞みの出やすさなども関係するので、本格的に観察するなら事前の下調べも欠かせませんね。なお、可視マップは概略で描いているため精測観測には向きません。趣味の範囲でご利用ください。

データの計算はCalSKYサイトを利用し、自分なりの変換・補正しています。また可視マップ計算はOccultを使用し、ブログ用のGoogleMapに変換しています。全ての現象をピックアップできてるかの検証はしてません。時刻は天文年鑑その他の公的発表値と比べ数分程度のずれがあるかも知れません。(※秒以下は切り捨てて計算しています。)いちいちチェックもしていませんから表記ミスもあると思います。これを理解の上お使いください。精密観測には向きませんので、趣味の資料に留めてください。

コメント

トラックバック