土星に大接近した国際宇宙ステーション2021/04/23

20210423土星と国際宇宙ステーションの接近
なんだ、この真っ黒な画像は!…と訝しがらないでほしい。これは今朝薄明中に見ることができた土星と国際宇宙ステーションのツーショットなのです。

予報では23日4:14:53ごろ土星の下方、40′角弱ほど離れた位置を通過するということでしたが、自作プログラムの最小位置計算では、通常TLEで4:14:53.6に37.186′角、CelesTrakのSupplemental-TLEだと4:14:53.9に39.419′角と出ました。先日のISS太陽面通過検証から経験的にCelesTrakのほうが実際に合っていると分かったので、「通常予報より幾分遠い」ことを意識して撮影に臨みました。

とは言え、ISSをピタッと止めるにはかなり高速シャッターを切る必要があり、いっぽうの土星は可視惑星の中ではかなり暗いので、露出を伸ばす必要があり…相容れません。シーイングもかなり悪く、心配になりました。ともかくシャッター速度は決め打ちにして、感度とF値をあれこれ試写してるうちに通過時間到来。カメラ単体でのワンショット撮影ですが、両方とも無事写ってよかった…。なお画像上が天頂方向です。

ISSのほうはソーラーパネルが見えず、なんだか不格好ですね。南東の空だから、裏側(影側)になってしまったのかな?辺りはもうかなり明るく、空の星々も消えかかっています。ISSと木星だけがギラギラしていました。本来なら星出彰彦宇宙飛行士がISS船長としてもう宇宙に向かっていたはずでしたが、天候の影響で打ち上げが本日夕方(日本時間)に延期されています。向こう一週間は日本各地で夜明けの空を飛行するISSが楽しめるでしょう。

コメント

トラックバック