月面X&LOVEびよりでした2021/04/20

20210419-月面X&LOVE比較
昨宵は月面Xと月面LOVEがよく見える予報でした。昼間にごうごう音を立てていた風も夕刻には止み、静かな薄暮の中で上弦前の月が輝いています。いつになく気持ちが高ぶってしまいました。

久々に条件が良かったため、地形を拡大撮影して刻々と変化する様子を10分おきくらいに追いかけようかとも考えましたが、忙しない観察では楽しむ気持ちも半減してしまうでしょう。今回はふたつの時刻のみで、全体撮影をして比較することにしました。

20210419シリウス
星が見え始めてくる時間帯には気流が随分落ち着いていることに気づきました。ピント合わせや追尾チェックのため1等星をいくつか導入、最後にシリウスで確認すると、伴星がよく分離してるではありませんか!(右画像)まだ航海薄暮が終わって間もない頃ながら、シリウスは既に高度23.8°まで下がっています。こんなに低いのに伴星が確認できるなんて…。最低高度記録かもしれません。

月面は19:39ごろと21:05ごろの二回、約1.5時間の間隔をおいて撮影しました。一番北の月面Vから一番南の月面Lまでを切り出して比較したのが左上画像、それぞれの全景が下A・B画像です。欠け際は短時間でもこんなに変わるんですね。山々のてっぺんが次第に照らされてゆく様子が分かるでしょう。それから、ごく僅かなのですが、見かけの大きさも変わっています。昨夜は月が次第に遠ざかっており、二枚の画像撮影間も950kmほど遠くなりました。二枚の月画像は同縮尺ですが、ノーヒントで大きさの差に気付けた方はすごい!

もうひとつ、それぞれの月画像は月の南北方向を画像上下方向に正しく合わせてあります。目立って分かるほどではありませんが、「太陽が月の右やや下側から照らしている」ことがお分かりになれますか?これは、今回の月面LOVE予報時刻で南部のEやLより北部のVが遅い原因にもなっています。

太陽から見た月面中点の月面緯度
同じ上弦の頃でも、例えば半年後の10月13日の上弦では「太陽が月の右やや上側から照らす」ことになるでしょう。月の南北に見える尖ったエッジ部分(ここをカスプと言います)は必ずしも北極や南極に届いているわけではなく、したがって半月の欠け際が「北極から南極に向かってスパッとナイフを入れた」様になることはほとんどありません。たいていは輪切りに失敗しちゃってるんです。撮影している方はぜひ撮り比べてみてくださいね。

ついでに、なぜそうなるのか考えてみましょう。参考までに太陽が月のどちら側から照らしているのか、2021年の一年分を計算してグラフ化してみました(右図)。オレンジ点で表した「上弦のタイミング」でどう変わってゆくのか、探ってみてください。

(追記)日付が20日になってからアトラス彗星(C/2020 R4)を撮影してみました(下C画像)。今週後半に地球へ最接近するため、とても速く移動しています。コマが大きく、尾も扇形に広がりを見せていました。もう少し焦点距離が控えめの明るい光学系にしないと追いつきませんね…。

  • 20210419-1939月

    A.19:39撮影
  • 20210419-2105月

    B.21:05撮影
  • 20210420_アトラス彗星(C/2020 R4)

    C.アトラス彗星(C/2020 R4)


コメント

トラックバック