観察好期を迎えた火星2018/07/09

20180709火星
昨夜から今朝にかけ、夜半前は雲多めでしたが夜半を過ぎる頃には七夕の星々がたどれるほど回復、明け方まで断片的ながら比較的落ち着いた星空の時間が訪れました。ただ、明け方に雨の予報も出ていたため、慌ただしく望遠鏡を組み立てました。

火星と彗星観察を予定しましたが、前触れ無く横切る雲が多く、難儀しました。結局彗星は諦め、撮影できたのは火星のみ。それも、雲にせき立てられるような撮影でピントや方向角を精度良く合わせる時間がなく、少し狂っているかも知れません。南半球に模様らしきものが見えるのですがはっきりしませんね。砂嵐はまだ続いているのでしょうか?右下はGuideによる撮影時の火星図です。

20180709火星図
火星が大接近するのは7月31日ですが、その日に晴れるとは限りませんし、そこまでの二十日間あまりに穏やかな晴れが来る確率もそう高くはないでしょう。数回見ることができればラッキーてなもんです。視直径は22″を越えましたので、最大時とたったの2″しか違いません。もう十分に観察絶好期。ぜひチャンスを逃さずご覧くださいね。

(その後天気が急変、朝から午前中は時々雷雨となりました。)

参考:
2018年火星の地球接近に関する記事(ブログ内)

コメント

トラックバック