今年の台風は異例尽くめ2016/08/22


2016年トリプル台風間距離
日本に被害をもたらしているトリプル台風のうち台風11号は、21日23:00ごろ北海道の釧路付近に上陸したようです。その後北海道を通過し終えたところで、本日22日3:00に温帯低気圧に変わりトリプル台風からダブル台風へ状況が移りました。

8月18日の記事に書いたとおり、気象庁が観測した1951年以降の全台風で、北海道に直接上陸したのは先週の台風7号が5回目、今回の11号が6回目となります。同じ年に立て続けというのは前例がありません。また、これで安心というわけではなく、本日関東付近を通過予定の台風9号が、そのまま北海道まで到達する恐れがあります。

トリプル台風になっていた期間は1日18時間でした。この間、台風同士の距離は複雑に変化しています。中心間の距離(地面に沿って測った測地距離)を計算してグラフを描いてみました(左上図)。台風の距離が近いと相互の移動などが影響し合う「藤原効果(藤原エフェクト)」(気象庁サイト・用語のページ中ほど参照)が知られ、進路予測が困難になると言われます。

北上している台風9号は本日22日0:00から暴風域を伴っており、昼から夜にかけて関東に上陸通過する見込みとのこと。当地・茨城も昨夜から断片的に強い雨が降り出しています。その影で不可解な動きをしているのが台風10号です。一般的なお天気の知識しかない私のような大多数の市民は、「台風は低緯度で西北西向き、だんだん緯度が上がると北東向きに移動」ということしか頭にありません。事実多くの台風がその様になります。でも今年の10号は「関東近海から沖縄に向かう」奇妙な動きを見せています。

  • 1964年台風14号の経路
  • 1968年台風7号の経路
(※以下、23日に自作プログラムを吟味し直して再掲載)
過去にこんな動きの台風があったかどうか、あらためて1951年から2015年まで全台風(1700個)の移動を調べてみました。北緯30度以北・東経140度以東の位置から僅かでも西へ進んだ台風は70個。また北緯30度以北から僅かでも南西に進んだ台風は24個。そのほとんどは日本から東に離れているか、短時間(24時間未満)でごく僅かに南西へ動いただけのものでした。

その中で今回に近い状況と思われるのは右の1964年台風14号と、1968年台風7号のふたつです(※図は気象庁サイトから引用、書き込み)。いずれも一度北緯30度以北まで到達した後に何日もかけて南西へ進んでいました。気圧配置まで照らし合わせると奇妙な移動の理由が分かるでしょうね。いずれにしても1700個の中でたったふたつですから、極めて珍しい現象であるのは違いありません。

台風1号の史上二番目に遅い発生以降、今年の台風は異例尽くめです。

コメント

トラックバック