4月の終わりに寒い日々2016/04/30

20160430-1200低気圧
当地・茨城県南では昨日から今日にかけ、強い北西の風が吹きました。方位に「北」が入る風はほとんど冷たいです。今朝方最も低くなったときの気温は7度前後。県南全域で一桁台、茨城県北では1.7度(常陸大宮市)というところもありました。

この強風をもたらしたのが、左の気象衛星画像に写っている北海道東側の巨大な低気圧です。(画像は30日12時現在、画像元:NICTサイエンスクラウド。)右下には同時刻における気象庁発表の実況天気図も掲載しました。日本および低気圧の位置(1000hPa以下の範囲)を着色しました。中心付近は964hPaだったんですね。強力な台風並みです。

強い風や低温は東日本や北日本全域で見られ、昨日から今日にかけて北海道では雪が積もったそうです。もうすぐ5月なのに。本日17時現在の24時間降雪量が15cmから30cm近くあるところも。道内では昨日の最高気温が2度に達しないところが多く見られました。4月末の最高気温が2度!?私は堪えられませんね…。

20160430-1200天気図
四季折々あるのは悪いことではないし、巨大面積国ほどでないにしろ日本も北から南まで意外に広いので、各種気候が取りそろっているのは当たり前。でも「住みにくい」と感じる方は当然いらっしゃるでしょう。「北海道は真夏以外寒いよ」とは良く聞きますが、だから今日のようなお天気に道民全員が慣れっこだとは言えません。近代都市が造られ、新幹線が走っても、気候的な住みやすさと住みにくさは表裏一体です。

20160430夕空
さて今夕の茨城は昨日の同時刻より5度ほど気温が高めに推移しているようです。夕日を見ると昨日より夕焼け色が濃く、少しくすんでいました(左画像)。でも空に伸びる飛行機雲はエンジンから出て10秒も持たずに消えているので、上空の水蒸気は少なそうです。良い星月夜に出会えるでしょうか。

コメント

トラックバック