2021年初日の出/初日の入りマップ(世界版)2020/12/31

2021年初日の出マップ
近年は様々な情報ソースから初日の出時刻が得られるようになりました。当ブログでも毎年「初日の出マップ」を公開しており、少しずつ改良しながら「他では見ることのないようなもの」を目指しています。2020年は「初日の入りマップ」を加えました。あまり意識して見ることのない初日の入りにも注目してほしかったからです。

2021年はどうしようか悩み、世界地図にしてみようと思い立ちました。冒頭図が「2021年・初日の出マップ世界版」、記事末右下図が「同・初日の入りマップ世界版」です。2021年元日がどのように明けてゆくか(暮れてゆくか)、ひと目で分かりますね。日時表記は世界時ですからお間違えなきように。日本時間にするには+9時間足してください。例えば日本付近の初日の出は(12月)31日22:00のラインが横切っていますね。31日22:00UT=1日7:00JSTです。

気象衛星からの春夏秋冬
気象衛星ひまわり全球画像(右画像/画像元:NICTサイエンスクラウド)を見ると太陽の光が当たっているところと当たってないところの境界が見えます。要はこの「明暗境界」が日出/日没同時曲線なわけで、このラインを地図化すれば良いのです。同じような曲線のコピペに見えますが、東から西へ移るとともに太陽位置は変化しますから同じになりません。(※尤も、この縮尺では違いが分かりませんけど…。)そして仮に幾何学的には単純だとしても、私達はどこかの国に属し、その国の採用する時間制度に則って日付を区切り、1月1日を決め、そのルールのもとで初めて「年間最初の日の出」が決まるわけ。つまり「世界の至るところで1月1日0:00(ローカルタイム)が違う」…これが話をややこしくします。

世界各地の時差(タイムゾーン)は世界時に対してプラスマイナス12時間の幅があり、所によっては更に補正されます。このため世界の初日の出を考えるには、日本周辺だけに比べ桁違いに難しくなります。また極夜(一日中日が昇らない)・白夜(一日中日が沈まない)地域だってあるでしょう。世界全体の日出没計算量も半端じゃありません。今回は日付変更線(経度180°近辺)をまたぐラインの時間幅を大きくして対処しました。極夜や白夜に近いところは計算時間の節約で端点処理を切り捨てているところもあるので不揃いです。ご容赦ください。

2021年初日の入マップ

  • 各地図の同時曲線は自作プログラムによる計算です。
  • 大気補正は考慮していません。
  • 同時曲線は年により若干の差があります。
南太平洋の島国では、距離が近いのに日付変更線で区切られてしまうところがあり、同じ日の出なのに初日の出と前年大晦日の日の出に分かれてしまう地域も!…また南半球でサマータイムを導入している場合、夏である元日はタイムゾーンが1時間ずれる場合もって厄介。世界時表記だと一貫性があり分かりやすいですが、現地時間表記だとどこもかしこも1月1日朝/夕の時刻になってしまうでしょう。経度方向に広いのにタイムソーンがひとつの国もあれば、分けている国もありますから、人それぞれ、国それぞれなんですね。

幾つかの国にスポットを当てて、この国の場合はどうなんだろう?隣国との違いはあるんだろうか?この国とあっちの国の日の出が同じなんて意外…などと想像を膨らませ、日の出入りマップを味わって頂ければ幸いです。

参考:
日出没・暦関連の記事(ブログ内)

宵空で木星と土星が超接近しました2020/12/22

20201221木星と土星の接近
昨夕ついに木星と土星が超接近しました。最接近時刻は22日3:22JST頃で日本から見えませんが、21日宵と比べても木星視直径程度近くなるだけですから十分ですね。みなさんはご覧になれましたか?

最小離角が0.1°(=6′)程度以下となった惑星同士の接近会合としては、今年1月28日の金星と海王星の接近(4.07′角)以来です。明るい可視惑星(水星・金星・火星・木星・土星)限定では2017年9月17日の水星と火星の接近(3.31′角)以来、そして木星と土星のペアとしては1623年7月17日(5.17′角)以来となります。(※離角はいずれも地心での計算値。)

左は17:30頃の撮影。できるだけ大きく両惑星と主要な衛星が写るギリギリの機材組み合わせで望みました。ただ一番左端のカリストがはみ出てしまうため、左1/4ほどモザイク合成しています。低空での現象のため大気のプリズム効果で色分解が激しく、うまく整えるのに大変な労力でした。ガリレオ衛星は4つ全部見えたけれど、大赤斑は今回もそっぽを向いていました。18時過ぎに見え始まったようです。

20201221夕空の木星と土星
日没後の明るい空でも見てみました。肉眼で最初に見えたのは日没20分後あたりからですが、このときは木星しか分かりません。右は17時撮影で、カメラには土星もきちんと写っています。ある程度暗くなったら肉眼でも両惑星がよく見えました。

視力検査が行われていたようですが、これはカメラの解像力チェックになるなぁと思いました。両惑星は言うほどシビアな離角ではありませんが、たとえばズームせず広角で写したら分解しないかも知れません。あるいは絞らず開放だったら木星の光芒に土星が埋もれてしまうかも知れません。高感度過ぎても土星がノイズに埋もれるし、カメラ付き携帯電話の小さなレンズでも写るかどうか興味があります。どういった条件なら星が綺麗に分離してくれるのか、という体験になるでしょう。

20201221木星と土星の接近
2020年12月9日記事で取り上げた肉眼二重星「やぎ座α星」とも一緒に撮影してみました(左画像)。21日宵の木星・土星離角は約6.71′角ですから、やぎ座α1・α2間6.35′角とほぼ一緒。背景が薄明で明るかったためα星のほうはとても見づらかったけれど、小型双眼鏡では双方の間隔の違いは全く分かりませんでした。2020年12月17日に月と並んだときもα星と一緒に撮ってます。離角だけでなく恒星に対する位置関係も変わってますから、ぜひ比べてみてください。

夕方に湧く雲や強い季節風が心配されましたが、蓋を開けてみればここ数日で一番良い条件の観察となりました。贅沢かもしれませんが、今夕や明日23日までは晴れてほしいですね。そのあとはホワイトクリスマスでもいいや(笑)。

澄んだ宵空で三天体の競演2020/12/18

20201217月・木星・土星の接近
当地・茨城県南部は昨夕とても良い天気に恵まれ、「月・木星・土星の接近」を楽しむことができました。めったに起きない貴重なチャンスに晴れてくれるのは本当に嬉しいですね。

日中は6m/sから7m/sの風が吹き荒れ、晴れても厳しい状況でした。幸い夕方近くなると3m/s程度まで収まってくれました。右下画像は日没約30分後の西空。月齢2.7の月は早くから見つかり、日没後は木星や土星、ベガやアルタイルなど次々に見えだしました。ここから天体たちが電線にかかるまでの30分間が勝負です。

20201217月・木星・土星の接近
手持ちの機材が少ないため、二階ベランダに設置した架台で全景を撮った後、カメラを持って一階屋外へ移動し、軽望遠鏡でクローズアップを狙いました(左上画像)。濃密な30分間ですので、長焦点クローズアップはお休み。なお本記事の星野はすべて画像上方向が天頂方向です。

20081201・月・金星・木星
あまり拡大しなくてもガリレオ衛星や土星のタイタンはよく写ります。地球照もよく輝いていました。影になっている側にも模様が見えてしまうんだから面白い。ちょっと長すぎる面立ちですが、2008年12月1日の「月・金星・木星によるスマイルマーク」(左画像)に似てますね。(→参考:2019年11月30日記事。)

20201217月・木星・土星の接近
あらためて接近の様子を見てみましょう。昨日の記事に書いた通り、17日宵から離角が30分角を割り込むようになりました。視直径31.8分角の月が近くにあるから比べやすいですね。

月面と視野範囲
左は昨夕やや広めに撮影したもので、やぎ座頭部も一緒に入れてあります。2020年12月9日の記事に書きましたが、やぎ座α星は代表的な肉眼二重星。木星と土星は最接近時にα1・α2の離角より近くなるのです。次に見るときは比べてみてください。

月面模様も離角(角距離)や視野・写野を大雑把に見積もりたいときに使えます。おおむね右のようになりますから、観察前にお月さまをチラ見して測っておきましょう。

惑星同士の超接近ペース
それにしても本当に長く楽しめる現象ですね。一般に接近会合は数日もすれば離れてしまうものです。今回は外惑星同士であることと、両天体が同じ方向に動いている(どちらも順行)ことが好条件を生んでいます。

今回より近かった2016年1月の「金星と土星の接近」と比べてみましょう(→接近時の記事はここここ)。右図は各接近の最接近時刻を基準に、-240h(10日前)から+240h(10日後)の角距離(離角)をグラフ化したもの。接近や離脱のペースがこんなにも違うんです。今回は離角1度内が19日間も持続していますが、金星・土星のときは2日も持ちませんでした。内惑星や月を含む接近では話題になる前に終わってしまうのですね。

次に月・木星・土星が相互に5°角以内となるのは2080年9月24日夜、8°角まで緩めても2059年9月26日未明まで起こりません。多くの方々には縁遠い未来でしょう。生活時間内に木星・土星会合をじっくり観察できる今回は、惑星と恒星の違いを実体験できる最高のチャンス。コロナ対策・防寒対策をしっかりなさって、ご近所さん誘ってご覧ください。機材がなくても十分楽しいですよ。

星で視力検査2020/12/09

20201221視力検査
今月の木星と土星の超接近を観察しながら、星空で視力検査みたいな体験をしよう、というおもしろ企画があります(→「惑星で星空視力大実験!!!〜木星・土星"超"大接近観測プロジェクト〜」)。まずは星空に興味を持ってもらうことを第一にしているイベントのようですが、少しだけ踏み込んで「星空の下では人の視力はどのくらい変化(低下)するのか」ということを探る機会でもあるようです。

目の検査などでよく使われるランドルト環検査で、Cの字のような隙間の方向がどちらか判別できる能力は明所視環境下の視力です。これに対して、薄暗い環境(薄明視)や星空観察のような暗がりの環境(暗所視)では視力が変わると言われます。ランドルト環による明所視視力の数値は、隙間の離角を「分角」で表したときの逆数。つまり1分角の隙間が見分けられれば視力1.0になり、2分角なら視力0.5(=1/2)です。

"超"大接近観測プロジェクトサイトのなかに説明されてますが、ここでは「星空視力」を定め、基準視力(明所視視力)から3倍低下したと仮定した数値が書いてあります。実際そうなのかは分かりませんし、対象が惑星のような明るいものと肉眼ぎりぎりの5等台とではまた違うでしょう。個人的には「極端な等級差がある場合、視力低下に影響があるか」に興味があります。

【肉眼二重星/抜粋】
肉眼二重星名称離角(分角)星空視力基準視力
やぎ座
α1・α2
6.350.0520.157
さそり座
ω1・ω2
14.620.0230.068
さそり座
μ1 ・μ2
5.780.0580.173
おうし座
θ1・θ1
5.620.0590.178
おおぐま座
ミザール・アルコル
11.800.0280.085

  • プロジェクトに倣い、星空視力=基準視力÷3としてあります。

それで、言いたいことなんですが…せっかく木星と土星の超接近を観察するなら、すぐ側にある「やぎ座α星」も見てください!!…お気づきの方はいらっしゃると思いますが、明記してある記事や広報を見たことがないから、あえて書いておきます。

やぎ座α星は言わずと知れた数少ない肉眼二重星です。右表に掲載した通り、離角も今回の木星と土星の最接近時とほぼ同じ。等級はα1が4.4等、α2が3.6等。似たような離角に対し、方や1等より明るく、方や3等以下という二種類を比べるのに絶好の機会ではありませんか。なぜここをもっとアピールしないのでしょう?もったいない…。

実は昨日の記事画像にもしっかり写っていますよ。快晴なら、21日当日には当記事冒頭図(Stellariumによるシミュレート)のような位置関係で見えます。翌日もほぼ同じ。やぎ座α星は木星&土星から8°ほどしか離れていません。肉眼で無理だったら双眼鏡で探してみましょう。やぎ座β星も約3′角離れた二重星ですが、片方が6等以下のため望遠鏡が必要です。(β星が肉眼で分離したら相当すごい!)なお昨日記事のデータをもとに調べると、木星土星がやぎ座で会合するケースは緩やかな周期性があり、2080年3月と2934年3月は今回同様α星に近くなります。つまり次に二種類の等級における星空視力比較が可能なのは60年後ということですね。

車の運転免許を取得する視力条件は片目それぞれ0.3以上、両目0.7以上。免許を持っている方は星空視力に換算しても今回の木星土星、やぎ座α星は難なくクリアでしょう。免許で視野角150度以上という項もありますが、夕空に集結している外惑星(西から順に木星、土星、海王星、火星、天王星)は100°角内に収まっていますから、全部いっぺんに見えて当然!?!?