今日の太陽と国際宇宙ステーション太陽面通過2021/04/01

20210401_国際宇宙ステーションの太陽面通過
4月初日は“太陽漬けの一日”になりました。

まず、本日昼過ぎに近所で「国際宇宙ステーションの太陽面通過」があることをphoto.nomataさんのブログ経由で5日ほど前に知り、これは久々に見たいと思ったのが始まりです。身体障害のため自力移動は困難なので、星仲間のdocanさんに声をかけて総勢ふたりの観測隊を結成、通過予定の場所まで連れて行ってもらいました。

午前中の曇り空はどこへやら、昼からはカンカン照りの空。汗ばむくらいの陽気です。霞ヶ浦湖畔の予報中心線至近にちょうどよい空き地を見つけ、機材を構えました。ふたりとも軽量赤道儀に高倍率ズームという、「一見して天体観測に見えない」「鳥でも撮ってるんじゃない?」というデジスコ未満のスタイル。これでも太陽フルディスクがセンサーいっぱいに写るのですから、時代の進歩は容赦ないですね。

20210401国際宇宙ステーションのシルエット
今回は個人的に初めて4K動画で記録しました。画像上方向が概ね天の北方向です。霞ヶ浦を渡る東風が機材を揺らしたものの、なんとか傘を使ってブレを最小限に抑えました。結果は良好で、左上画像のように通過するISSを鮮明に捉えました。ただ、直前の予報を確認の上で中心線位置に陣取ったのに、結果として数百メートル北側で撮ったかのように、ISSが南にずれたのが不可解です。(予報はISS TRANSIT FINDERサイトによる。)

数日間は軌道変化をトレースしてたので南下しているのは分かっていましたが、直前予報に対してここまでズレてしまったのは初めて経験しました。高度調整やドッキング時期などの際は大幅に高度が変わるので、何かがバッドタイミングだったのかも知れません。(※ISSは常に大気抵抗にさらされているため、時々高度を持ち上げてやらないと落下してしまいます。この「持ち上げる」ときに軌道が少し変化します。)

20210401太陽
帰宅後のころ雲が増えてきましたが、雲間を縫っていつもの太陽観測を行いました。左は15:10頃の撮影。活動領域12811・12812は健在ですが、12811はほぼリムに到達し、12812も数日内に裏へ回るでしょう。ところどころに小さなプロミネンスも見えました。

20210401太陽リム
上のISS通過画像でも無黒点なのが分かりますが、12811・12812の白斑は薄く見えています。ご注意いただきたいのは、「太陽自転軸の見かけの方向は天の南北に対して揺れ動いてる」という事実(下A図参照)。

この太陽Hα画像が太陽北極を画像上にしているのに対し、ISS通過画像は天の北が上なので、26°あまりISS画像を反時計回りしないと双方の向きが一致しません。今は天の北と太陽自転軸の方向角ズレが一番大きい時期なのです。一見して“のっぺらぼう”が故に向きが分からないという悩み。正確な対比の際に注意しなくてはいけません。

夕方には淡く広がった巻雲が幻日を映し出しました。左右とも見えていましたが(下B画像)、右画のほうがはっきりしていました(下C画像)。まさに何人もの仲間に支えられて太陽づくしの一日を楽しむことができました。これでビタミンDも万全かな!?…ともあれ、ご協力いただいた全ての方に深く感謝いたします。

  • 2021年・日面方向角の変化

    A.2021年・日面方向角の変化
  • 20210401_夕空の幻日

    B.夕日と幻日
  • 20210401_幻日(太陽右側)

    C.右の幻日


参考:
アーカイブ:ISSの天体面通過

今日の太陽2021/03/31

20210331太陽
昨夜から今朝はずっと曇り空。3月最後の朝からは晴れ間が広がりましたが、透明度が著しく悪いです。昨日に引き続き全国的に黄砂が観測されています。

20210331太陽リム
左は10:30前の太陽。活動領域12811・12812は健在ですが、黒点は消滅しました。右下にたいへん明るいプロミネンスが見えます。また右上リムにも昨日の巨大プロミネンスの名残と思われる高高度のものがありました。左端からも長いプロミネンスが出てますね。

今日の太陽2021/03/30

20210330太陽
昨夜一時的な晴れ間があったものの、度々雲に覆われました。今日もぱっとしない空が続いています。午後になって少し日がさしたので、なんとか太陽観察。

20210330太陽リム
左は14:40ごろの撮影。雲とモヤ(黄砂?)のため光がとても弱く、通常の1/4程度しかコマ数を稼げませんでした。活動領域12811と12812が残っています。12812は小さな黒点があるようですが分かりません。右上リムから凄まじく巨大なプロミネンスが立ち上っていました。その他あちこちに小さなプロミネンスが見えますね。

20210330午後の西空
15時前後の空は右画像のようでした。昨日より透明度が落ち、太陽周囲のボヤッとした広がりも大きくなりました。今日は東京でも黄砂が観測されたとのことなので、間違いなく当地・茨城にも来ていることでしょう。(※気象庁の黄砂観測はあくまで水平視程での判断ですから、地上付近に落ちること無く上空を漂う黄砂までは捉えてないと思われます。)

今日の太陽とハロ現象2021/03/27

20210327太陽
昼前まではあまり雲も湧かずよく晴れていましたが、午後は巻雲が広がり始めました。明日から明後日は雨が降るようです。近隣の桜は五分咲きを越えました。

20210327太陽リム
左は9:15頃の太陽。大気の揺らぎが大きく、像が乱れています。活動領域12810、12811、12812は健在。12811は中央子午線を越えました。12812の黒点はHαでも見えます。南半球左側にも大きな白斑域がありますね。プロミネンスも点在してます。

20210327内暈
午後の雲が内暈を映し出していました(右画像)。見た目は「暖かそうな空」なのですが、氷粒があるみたいです。