カクカクしているM61の腕2021/02/16

20210216_M61
昨夕から天気が回復したものの、宵のうちは浮浪雲が度々飛来、また4m/s程度の風が吹きっぱなしで為す術もありませんでした。夜半を過ぎる頃やや静かになったので外へ出てみると、少し雲があったものの何か1天体くらい撮れそうです。そこらじゅう雨に濡れていましたが、思い切って機材を組み上げました。

2月11日にエッジオン銀河をまとめて撮影したので、今度はフェイスオン銀河を…と考えていました。でも流石に2時スタートではたくさん撮影できませんので、準備が終わった時点で南中を迎えたM61だけに絞りました(左画像)。結局明け方に向かって風が再び強まり、星像は散々でした。

M天体ですから有名どころなのですが、普段から多くの銀河を観察したり、メシエマラソンの練習をしてる…といった方でない限り、しし座・かみのけ座・おとめ座に集合するM天体の位置や形状を『何も見ないで』思い出せる、導入できる方は少ないでしょう。M60番台から90番台あたりは心もとないですよね。

眼視だとなかなか腕の形状まで見えませんが、M61を写真に取ると「腕がカクカクしてる」印象を持ちます。もっと言うと、「最外縁は丸いのに、内側に向かう部分は角がある」、つまり中心に向かって一様に綺麗な螺旋になってないのです。M101などもそうですね。2018年9月26日記事で「多角形の形状をした台風の目」を取り上げました。全く同じ理屈ではないにしろ、何らかの力学作用で曲線が直線状になったり、コブができたり…といった状況は共通するのでしょう。

順調に明るくなってる小惑星アポフィス2021/02/14

20210214小惑星アポフィス
昨夜から今朝は曇りがちな予報だったものの、星を見るのに支障ないレベルで晴れてくれました。春のような水蒸気で透明度はガタ落ちでしたが、前夜に薄雲で1等星しか見えなかったことに比べたら問題ないです。

しばらく小惑星アポフィスを撮ってなかったので、夜半すぎから撮影開始。夜半前に起きた大地震の余震が露出途中に何度かあったけれど、小さな揺れだったので影響ありませんでした。(平時の強風のほうがずっとヒドイ…。)アポフィスは2月5日の撮影から0.5等以上明るくなっており、見違えるような成長っぷり。近くなってるんだなぁって感じました。

20210214_NGC4651
明け方までにもう1天体くらい狙えそうだったので、アポフィス露光が終わった時点で南中を迎えていたNGC4651に望遠鏡を向けました。街中+春霞のためか、高度が高い割に光害によるカブリが大きくて驚きました。淡い天体への影響は深刻ですね。

この銀河は「アンブレラ銀河」などと呼ばれ、空の良いところで撮ると東方向に傘の柄が伸び、そこから傘を広げたようなコマ(ハロ?腕?)が写ります。極めて淡いため、街中ではフィルターワーク等を駆使しなくてはなりません。右画像は光害カット1枚のみなので傘部分は全く見えませんが、左に向かって柄が伸びているのは確認できます。

20210213月
【おまけ】

時間が前後しますが、左画像は昨夕(2月13日)の月です。高度が10°しか無くて障害物が多かったため、カメラのみで簡単撮影しました。撮影時の太陽黄経差は約18.76°、月齢は1.57。かなり細身で美しいですね。ごく薄っすらと地球照が見えています。

エッジオン銀河めぐり2021/02/11

  • 20210211_NGC3628

    A.NGC3628
  • 20210211_NGC4216

    B.NGC4216・NGC4222・NGC4206


  • 20210211_NGC5907

    C.NGC5907
  • 20190203_M104

    D.M104


  • 20170126_NGC4565

    E.NGC4565
  • 20181003_ngc891

    F.NGC891


昨夜から今朝にかけても天気が持ってくれたので、一晩前に続き銀河を幾つか撮影。今回は「メジャーになりきれないエッジオン銀河」に絞ってみました。(上D・E・Fとして、過去に撮影した「メジャーなエッジオン銀河」も掲載してあります。)

上A画像はしし座のトリプレットとしてまとめられがちなNGC3628。単独で撮影されることはほとんど無いんじゃないでしょうか?今回は敢えてM65・M66を外しました。三次元的な姿がにわかには想像できない複雑な構造してますね。上B画像は3つのエッジオン銀河がまとまっているNGC4216(中央)、NGC4222(左上)、NGC4206(右下)。なかなか贅沢な眺めです。カメラの収まりも良いので気に入っています。しし座のトリプレットから東に13°あまりしか離れていないんですよ。マルカリアンチェーンのすぐ西側です。

上C画像はNGC5907。りゅう座に位置する結構大きなエッジオン銀河です。中央明るいところになぜかNGC5906という別の番号が付いているため、NGC5907で検索しても出てこない場合があります。銀河のエッジに見える黒い暗黒帯が好きなのですが、暗黒帯を伴わない(見え難い)エッジオンもありますね。NGC891のような「完璧な真横」なら明るい銀河核の中央を暗黒帯が横切るけれど、このNGC5907のように少しだけ傾いていると暗黒帯が背景宇宙と接してしまい、遠目には明るい部分しか存在しないように見えます。「暗黒帯の無い、ひと回り細身の銀河」として感じてしまうのです。前出のNGC4222も同様かも知れませんね。

昨夜から今朝はシーイングがかなり悪くて、いくら丁寧にピントを合わせても星像がボケボケ。細部をうまく写せず、とても残念でした…。

ネオワイズ彗星がバラ星雲に接近2021/02/10

20210209ネオワイズ彗星(C/2021 A2)
昨夜はネオワイズ彗星(C/2021 A2)がバラ星雲に接近する日。ただ、ネオワイズ彗星が思っていたほど明るくないことや移動が速くて写しづらいこともあって躊躇しました。ですがせっかく晴れているので機材をセット。やらないで後悔よりやって後悔(?)したほうがいいと、気楽に撮影しました(左画像)。

やはり街中からでは彗星が淡すぎ、核がようやく分かる程度でしたが、兎にも角にもツーショットをカメラに収めることができました。宵の時間から急激に気温が低下、撮影した21時台にはもう氷点下でした。

この他、夜半から今日明け方にかけて幾つかの銀河を撮影。90分未満という短時間露出のため光のノリが悪く、ゴリゴリに強調すると荒れてしまいます。ですので、控えめの画像処理にしてあります。

下Aは星仲間の(の)さんから「超新星候補天体が発見されたらしいけど写らなかった」と教えてもらったNGC4041。報告位置に17.5等より明るい天体はありませんでした。下Bはセイファート銀河(活動銀河)のひとつであるNGC4151。中心に超大質量ブラックホールを有すると言われます。街中の簡易撮影ではこの程度ですが、暗い空でしっかり写すと倍以上の大きな腕が巻き付いていることが分かるでしょう。

下Cは「THE BOX」と愛称がついた4つの銀河、NGC4169・NGC4170・NGC4174・NGC4175です。ヒクソン・コンパクト・グループの番号は61(HCG61)。すぐ左側にはAbell1495という銀河密集域が見えます。下Dは相互作用銀河で知られるNGC5560・NGC5566。腕が不自然に引き伸ばされていますね。遠方の銀河は多様で、ほんとうに何回見ても面白い。

  • 20210209_NGC4041

    A.NGC4041
  • 20210210_NGC4151

    B.NGC4151


  • 20210209_THE BOX

    C.THE BOX
  • 20210210_NGC5566

    D.NGC5566